2022.02.07

学部で就活が有利・不利になる?IT志望の就活生は学部を意識するべきか?

大学には“学部”がありますが、後の就職活動で自分の選択した学部が影響することはあるのでしょうか。学部には文系や理系などがありますが、『理系は就活で有利になる』というイメージを持っている就活生は多いかもしれません。また、多くの分野の中でIT企業に興味を持っている学生にとって、就活で学部が影響するかもしれないと考える就活生もいるでしょう。そこで今回は、就活で学部が有利・不利になるのか、IT企業を志望する就活生は学部を意識すべきなのか、学部を気にせず就活に臨む方法について触れていきます。

 

 

 

 

 

 

冒頭で触れたとおり、文系学部と理系学部では理系学部の方が就活で有利になるイメージを持っている就活生も多いかと思います。

 

まずは就活生の所属する学部で就活が有利・不利になるのか、という点を明確にしていきます。

 

『就活は学部によって有利・不利になるのか』という点ですが結論から言いますと、必ずしも不利になることはありません。

「人柄重視」や「未経験歓迎」など学部に関係なく求人募集をしている企業もあり、企業によって就活で重視する点が異なるため、学部によって就活が不利になるとは限りません。

 

専門職や技術職においては学部が有利になることもあります。

分野の中でも医療やデザイン・情報系・海外関連などの専門性の高い分野は、入社後に教える時間や手間を考えると分野に合った学部が有利に働く場合もあります。

人柄やコミュニケーション能力、入社意欲などを踏まえて見られますので、学部だけで判断されるわけではありません。

 

次は、IT企業を志望する就活生は学部を意識した方がいいのか?という疑問について触れていきます!

 

 

 

 

 

 

数ある企業の種類の中でもIT企業は専門性の高いイメージが強くありますが、IT企業を志望する新卒就活生は自身の学部を意識した方がいいのでしょうか。

IT企業を目指すとなると、学部の中でも特に情報学部は就職で有利になるのでは?と思う就活生もいるかもしれませんが、そうとも限りません。

 

なぜそう言えるのか、理由は次に挙げています。

 

 

経験不問や学部不問、ITに関する知識ゼロでもOKというIT企業の求人は増えています。

現在、多くのIT企業は人材不足が課題となっているため、実際に「文系でも大歓迎」としているIT企業もあります。

それでも、やはり理系学生の方が就職で有利になるのではないかと思われるかもしれませんが、学生が持っている知識だけでは入社後すぐに活躍できるわけではないため、入社後に学ぶ体制が整えられています。

 

 

経験・学部不問としているIT企業は、入社後に研修を設けているIT企業が多いです。

実際に入社して働くとなると学ぶべきことがたくさんあるため、理系も文系も関係ない部分が多くあるのです。

そのため、入社後にはIT関連の知識やビジネスマナーなどを学ぶための研修があります。

 

学部に関係なく人柄重視のIT企業やコミュニケーション能力を重視するIT企業が多く、求人内容やIT企業によって判断基準が異なるのです。

 

では次に、就活への影響が気になる時の対処法についてご紹介していきます!

 

 

=『IT企業』に関連する記事=

IT系企業に就職するために新卒就活生が知っておきたいこと

 

 

 

 

 

 

必ずしも学部によって就活の有利・不利に影響するとは言い切れませんが、学部が就活に与える影響を気にしている就活生にとっては悩みの種になってしまうでしょう。

最後に、学部を気にせずにIT企業へ自信をもって挑戦するための対処法をご紹介しますので、学部を気にしてしまう就活生は必見です!

 

 

IT関連や志望するIT企業が求める資格を取得することで学部に関係なく意欲を感じられ、活躍を期待できる人材となります。

企業選考で資格取得が間に合わなくとも、資格取得の勉強に励んでいることを伝えることで意欲と熱意が感じられます。

 

 

IT企業のインターンに参加することで、学部が大きく影響することはないと実感できるかもしれません。

IT企業のインターンシップへの参加は入社後の具体的なイメージが湧くだけでなく、インターンシップに参加した学生を優先的に次の選考へ進める場合もあります。

 

 

プログラミングスクールに通うことで、学部に関係なくプログラミングの勉学に励んだ(励んでいる)ことを企業から評価されます。

プログラミングスクールでは、プログラミング言語の学習における基礎や応用を身につけることができるほか、企業の紹介や選考の対策など就職支援サービスを行っているプログラミングスクールもあります。

 

 

 

 

今回は、就活で学部が有利・不利になるのか、IT企業を志望する就活生は学部を意識すべきなのか、学部を気にせずにIT企業へ自信をもって挑戦するための対処法をご紹介しました。

学部によって就活が不利になるとは限らないことがわかりましたね。

企業によって人柄やコミュニケーション能力など判断基準は異なりますが、学部を重視するのではなく経験やスキルを判断材料として評価するのです。

今回ご紹介した“就活への影響が気になる時の対処法”の中でも、プログラミングスクールを活用して就活を成功へと導きましょう!