2022.01.31

在宅プログラマーになりたい!プログラミング習得で在宅ワークも実現

新型コロナウィルス感染症の影響で、在宅ワークという働き方が一層注目されるようになりました。情報通信技術を活用して業務にあたるテレワークの一つとして、以前からも知られている働き方ではありますが、理想とされる働き方として見られています。自宅で仕事ができることに憧れる人も多いのではないでしょうか? 憧れ、理想の働き方を叶えるために、プログラミングのスキルを習得して、在宅プログラマーになりたいと考える方も増えているようです。今回は、在宅プログラマーに焦点を当てて、メリットや学習方法などをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

在宅プログラマーになると、次のようなメリットがあります。

 

 

在宅ワークのメリットは、なんと言っても通勤がないことでしょう。満員電車に長時間揺られて、出勤するだけで疲れてしまうこともありません。

通勤に費やしていた時間と労力を、仕事や家事・育児、介護などにかけることができます。

 

 

職場において、集団で仕事をしていると、人間関係に煩わしさを感じる場合があります。毎日毎日、苦手な人と顔を突き合わせなければならないと思うと、それだけで気がめいってしまいます。在宅プログラマーであれば、業務上最低限のコミュニケーションは必要ですが、それ以上の人間関係に悩むことも少なくなります。

 

 

フリーランスの在宅プログラマーであれば、場所や時間にとらわれずに、自由度が高い働き方が可能です。自宅で家事や育児・介護の合間に業務を行うことができます。また、隙間時間を利用して、外出先でも仕事をすることができます。

 

 

プログラマーは、発展し続けているIT業界において現在も人手不足が続いており、需要が高い職種です。売り手市場と言われています。

プログラマーにもWebプログラマー、システムプログラマー、ゲームプログラマー、ネットワークプログラマーなどの種類がありますので、自分の得意分野や興味のある分野で活躍することができます。

 

このように、在宅でプログラマーとして仕事ができれば、家事や育児・介護などといった家庭での役割と仕事のバランスがとりやすくなり、いわゆるワークライフバランスの実現がしやすくなります。

 

 

=『プログラマー』に関連する記事=

エンジニアに就職したい!エンジニアになるために必要なスキルとは?

 

 

 

 

 

 

在宅プログラマーのメリットにあるように、在宅ワークは魅力的な働き方でありますが、仕事が無ければ収入を得ることはできません。プログラマーとして、在宅での案件を獲得するにはどうすればよいのでしょうか。

 

 

正社員として企業に雇用されながら、在宅プログラマーとして働く方法があります。求人サイトでは、出社不要でどの地域に住んでいても応募可能な企業の求人が出ています。企業に雇用されていれば、業務として案件を継続的に獲得することができます。なお、正社員のみならず、パートやアルバイトとして人材を募集する企業もあります。フリーランスの在宅プログラマーと比較すると安定して仕事ができ、プログラマーとしての経験を積むことができるでしょう。

 

 

フリーランスの在宅プログラマーとして働くとなると、自ら仕事を探さなければなりません。ですが、フリーランスエージェントに登録すれば、エージェントに案件を紹介してもらうことができます。エージェントがスキルや希望に合った案件を紹介してくれるのです。複数のエージェントに登録すれば、自分の探していた案件や高単価な案件を見つけることも可能です。

 

 

最近ではクラウドソーシングサイトなどで、個人でも仕事を受託しやすくなりました。エージェント登録と異なり、自分で営業活動を行いますが、自分で仕事を選択し、報酬の交渉をすることで高い収入を得ることもできます。

 

 

前職での人脈を活用して、案件を紹介してもらうこともあるでしょう。一度受けた案件の評判がよければ、委託先から新たに紹介を受けることもあり得ます。

 

 

 

 

 

以上のように、需要の高いプログラマーとして在宅で働くことは、なかなか魅力的だと思います。

 

求人サイトを見ると、プログラミング未経験でも応募可能な企業が多数あります。未経験の方が在宅プログラマーとして働くためには、まずはプログラミング学習をして、スキルを身に着けることが必要です。

 

プログラミング学習は、独学や通学でも始めることはできますが、在宅ワークを希望しているなら、自宅での環境を整えスムーズに在宅ワークを始めるためにも、オンラインによるプログラミングスクールでの学習をお勧めします。

 

 

先に述べたように、プログラマーにも種類があり、その種類によって使われるプログラミング言語が異なります。プログラミングスクールでは、あなたのやりたいことや目標に合わせて効率よく学習を進めるために、言語選択や学習計画について提案してくれます。

 

 

学習を始めると、聞きなれない用語や不慣れな操作に混乱し、学習を続けることに不安になることも少なくありません。疑問点が多くなればなるほど、くじけそうになりがちです。そんなときでも、プログラミングスクールでは、メンターに質問できる体制が整っているため、すぐに疑問点を解決することができます。

 

 

=『プログラマー』に関連する記事=

エンジニアとプログラマーの違いとは?仕事内容・スキルを比較しよう!

 

 

 

 

在宅プログラマーについて、そのメリットや案件獲得方法、学習方法などをご紹介しました。在宅ワークの中でも、在宅プログラマーは需要が高く、スキルをしっかりと身に着ければ、ライフスタイルが変わったとしても何らかの形で続けられそうです。プログラミング学習を始めて、在宅プログラマーを目指してみませんか?