2022.01.26

プログラミング初心者が知っておきたい今後のプログラミングの需要

プログラミングに興味はあるけれど、どれくらいの需要があるのかよくわからない人もいるかもしれません。また、今後の需要はどうなるのか、プログラミングを扱う業界の将来性について気になる人もいるでしょう。プログラミングの需要は拡大されているとよく聞きますが、果たして本当にそうなのか気になるところですよね。そこで今回は、プログラミングにおける現在と今後の需要について解説していきます!

 

 

 

 

 

 

現在、プログラミングへの需要はあるのでしょうか。

まずは現在のプログラミングに対する需要について解説しますので、プログラミング初心者は必ず把握しておきましょう!

 

結論から言いますと、現在のプログラミングは需要があります

なぜ、『現在プログラミングの需要がある』と言えるのか?

その理由は以下になります。

 

 

プログラミングの現在の需要がある大きな理由は、ITの急成長によりIT人材が不足しているためです。

経済産業省(https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/gaiyou.pdf)によると、2030年時点で45万人の予測がされています。

日本の人口減少や少子高齢化、新型コロナウイルスの影響によりIT人材の確保が難しくなっている中で、企業は多くのIT人材を求めています。

 

 

プログラミングはIT業界だけでなく様々な業界で活用されており、今後は益々多くの場面でプログラミングの活躍が期待されています。

特にAI(人工知能)や機械学習、ビッグデータなどは現在も大きな役割を担っていますが、サービス業や金融業などの幅広い業界にも浸透しているのです。

 

現在プログラミングの需要がある理由として、IT人材不足が大きな理由となっていることがわかりましたね。

 

では次に、プログラミングを扱う業界の将来性について解説していきます。

 

 

=『プログラミング』に関連する記事=

プログラミングの仕事がしたい!プログラミングでできる仕事をご紹介

 

 

 

 

 

 

現在は需要のあるプログラミングを扱う業界ですが、将来の需要はどうなっているのでしょうか。

ここでは、プログラミングを扱う業界の将来性について解説していきます。

 

結論から言えば、プログラミングを扱う業界の将来性として今後も需要があると言えます。

なぜそう言えるのか、理由は以下になります。

 

 

IT業界は、国内のみならず世界のトップを占めている産業です。

国内のIT業界の市場規模は99.8兆円と全体の10%を占めており、世界時価総額ランキング上位10社の内8社がIT業界となった時もあります。

株の金額が高いということは、現在の業績だけでなくこれからの発展にも期待されている証拠でもあります。

 

時価総額…会社の発行している株の合計金額のこと。

 

 

幅広い業界でプログラミングの活用がされているため、IT業界の需要は年々高まっています。

IT技術は日々進化し続けており、それに伴ってIT企業も新しい技術の取入れや方針の変更、企業全体への浸透が必要ですが、ITの活用により業務の効率化や企業課題の解決、業界全体の成長・発展につながっているのです。

そのため、今後はより一層多くの業界や分野でプログラミングの活用がされていくでしょう。

 

 

IT人材が不足していることはすでにお伝えしましたが、今後の見通しとしてIT人材はさらに不足されると予想されています。

経済産業省によると、IT人材の需要が2030年には164万人という予測がされており、IT業界は日々成長を遂げているため需要が高まり続ける業界だと言えます。また、IT業界と聞くと残業が多いなどのブラックなイメージを持たれがちであり、懸念されている部分があることから、IT企業はIT人材の不足を補うために、様々な働き方の改善、向上に取り組んでいます。残業時間少なめや手厚い福利厚生、年収アップ、資格取得支援、リモートワークという自由度の高い働き方を導入している企業も増えていることで、IT業界の需要度が高まっています。

 

現在と将来性の需要があるからこそ、プログラミングの知識やスキルは身につけておくべきです。

プログラミングの知識やスキルを身につけておくことで様々な場面で役に立ち、今後活躍できる場面が多くなるでしょう。

 

そこで次は、プログラミングで活躍するためにどのような知識やスキルが必要とされるのかご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

プログラミングで必要な知識やスキルを考えたとき、専門的な知識が必要とイメージされがちですが、実は意外なスキルもあります。

最後に、プログラミングで活躍するための知識やスキルとしてどのようなものがあるのかご紹介します。

 

 

プログラミング言語の知識やスキルは必要不可欠です。

企業によって取り扱う開発言語や求めるスキルレベルは異なり、未経験者OKとする企業もあります。

数年以上の開発経験などを求める企業の多くは、特定のフレームワークやデータベースなど様々なスキルを身につけた人材を求めています。

 

 

プログラミングに携わる業務には職種にもよりますが、クライアントやプロジェクトチーム、上司とのコミュニケーションが必要です。

例えば、クライアントの企業課題解決にあたるシステム開発のためのヒアリングや、プロジェクトを成功させるためにチームとのスムーズな連携などが挙げられます。

そのため、プログラミングで活躍するためにはコミュニケーション能力も必要不可欠なスキルの一つです。

 

 

プログラミングで活躍するためには、課題に対して筋道を立てて考える力のことを指す論理的思考力と、問題が起きた時に原因を考え解決する力のことを指す自己解決能力が必要です。

プログラミングではエラーや不具合が付きものですので、そのような事態が起きてもなぜエラーや不具合が起きたのか、どのような対処をすればいいのかを考えられる力など、プログラミングの知識やスキルを深めるほど、論理的思考力と自己解決能力は向上されます。

 

プログラミングの開発経験年数を積むことや資格の取得でさらにプログラミングで活躍できる可能性が高まりますので、いち早く身につけておきたいスキルですね。

 

 

=『プログラミング』に関連する記事=

プログラミングで就職有利!学生におすすめしたいプログラミング学習

 

 

 

 

今回は、プログラミングにおける現在と今後の需要、プログラミングで活躍するために必要な知識やスキルについて解説しました。

ITが成長し続けている中、日本の人口減少・少子高齢化・新型コロナウイルスの影響によりIT人材が不足していることで需要が高まっていると言えます。

また、多くの業界がITを求めていることや、世界的にもIT業界の市場規模が大きいことで、現在と今後の需要があることの理解ができたかと思います。

需要のあるプログラミングで活躍するために、プログラミングの学習を始めてみませんか?