2021.08.17

IT業界におすすめ資格|就職前に取得しておくと役立つ資格をご紹介

AIやIoT、VRなど、IT業界は日々進化を続けており、コロナ禍でも求人数が多い業界です。在宅勤務やオンラインでの業務が日常的に行われるようになり、システムエンジニア(SE)は引く手あまたとなっています。そんな注目のIT業界に注目しつつも、未経験だし資格もないと躊躇している就活生の方もいるかもしれません。そこで今回は、IT業界に就職を目指す就活生におすすめの資格をご紹介します。

 

 

 

 

 

そもそも、IT業界に就職するためには資格を取得しておかなければならないのでしょうか。

 

IT業界の職種は専門性の高い仕事のため、就職前に資格が必要だと思っている就活生の方もいるかと思います。しかし、実際は、“資格なしでも就職できる”企業はたくさんあります。

 

たとえば、通信インフラ大手のNEC通信システムでは、毎年SEとして採用する新入社員のう3~4割は未経験者だそうです。未経験の新入社員は社内研修を受け、プログラミングスキルを習得します。基礎的な知識を得てから、仕事に臨めるというわけです。

 

また、未経験で資格のない就活生でも参加可能なIT企業合同説明会なども開催されています。

 

以上のように未経験でもIT業界への入社が可能とはいえ、就活生の皆さんが資格を持っていて損することはありません。

IT業界は、資格やスキルが給与に反映されやすいため、就職前に資格取得を目指す就活生も増えています。

 

次は、IT業界に注目している就活生におすすめの資格をご紹介します。

 

=合わせて読みたい『資格』に関連する記事=

就活でPRできる資格とは?おすすめの資格3選をご紹介|新卒就活

 

 

 

 

 

IT業界への就職を目指す就活生に、おすすめのIT関連の資格を5つ紹介します。

 

 

ITパスポート(iパス)は、ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。学生から社会人まで広い年代層の方が受験しており、合格率はおよそ50%です。ITを正しく理解し、業務に効果的にITを利活用することのできるIT力が身につきます。

 

ITパスポートの公式サイト(https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/about/about.html)

 

 

基本情報技術者試験は、ITエンジニアとしてキャリアをスタートするのに、お勧めの試験です。例年春と秋の2回試験が実施されていますが、2019年度は2回とも延期されました。2020年はコロナ禍で受験が必要な方が受験したせいか、合格率は約48%と、20%も合格率が上がりました。しっかりとした基礎を身に付けることにより、その後の応用力の幅が格段に広がります。

 

基本情報技術者試験の公式サイト(https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html)

 

 

ITエンジニアとしてのレベルアップを図るためにお勧めなのが、応用情報技術者試験です。令和3年4月18日に行われた応用技術者試験の合格率は24%でした。技術から管理、経営まで、幅広い知識と応用力が身に付き、システム開発、IT基盤構築などの局面で、高いパフォーマンスを発揮することができます。

 

応用情報技術者試験の公式サイト(https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/ap.html)

 

 

情報システムの基盤の整備や、情報セキュリティ管理を支援する専門家としての国家資格です。情報システムや組織に対する脅威や脆弱性を評価し、技術面・管理面での有効な対策を遂行できるセキュリティエンジニアや情報システム管理者を目指す方に最適です。合格率は15%と決して簡単な資格ではありませんが、情報セキュリティの重要性は高まる一方なので、需要のある資格です。

 

情報セキュリティスペシャリストの公式サイト(https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sc_28.html

 

 

ネットワークに関連する固有の技術からサービスの動向まで、幅広く精通していること、また目的に合わせた大規模で堅牢なネットワークシステムを構築し運用できることといった、ネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアのための国家資格です。合格率は14%と難易度の高い資格です。この資格を持っていると、就職には非常に有利です。

 

ネットワークスペシャリストの公式サイト(https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/nw.html)

 

=合わせて読みたい『資格』に関連する記事=

文系なら取得したい就職で使える資格6選

 

 

 

 

 

IT業界への就職前に取得しておくと役立つ資格を紹介しましたが、IT業界は非常に職種が多く、それに伴ってどんな資格を取得すればいいのか迷ってしまう就活生の方も多いと思います。そこで、資格取得にも役立つプログラミングスキルの取得をご紹介します。プログラミングスキルを習得しておくことで、就職を有利に進められる可能性があります。

 

プログラミングスキルの習得には、書籍・学習サイトによる独学やスクールへの通学といった方法がありますが、一番おすすめしたいの、オンラインスクールでの学習です。就活中でも、効率よくプログラミング学習を進めることができます。

 

当サイトを運営するLESALTOのオンラインスクールでは、オンラインで完結するプログラミング学習サービスをご提供しています。初心者・未経験者でもゼロからプログラミンング学習のスタートが可能です。

LESALTOでは専属の講師が学習をサポートしていますので、初心者・未経験の方にとっても安心の教育体制が整っています。また、プログラミング学習後には受講者のみなさんが学習したプログラミングスキルを活かせるように、就業までのサポートも行っています。履歴書などの書類添削や面接対策もできますので、就活中の不安も解消できます。

 

=合わせて読みたい『資格』に関連する記事=

履歴書の資格欄|就活で資格をアピールするための正しい書き方とは

 

 

 

 

IT業界におすすめの資格、就職前に取得しておくと役立つ資格をご紹介してきました。ご紹介した資格は、IT業界に絶対必要なものではありませんが、就職に有利だったり、手当面で優遇されることがあります。社会人になってからでも資格取得は可能ですが、時間的に余裕のある就活中の方が、目的意識をしっかりと持ちながら効率よく資格を取得できるでしょう。