2021.04.20

就活でPRできる資格とは?おすすめの資格3選をご紹介|新卒就活

就活シーズン、自分を少しでも効果的にアピールするために、資格取得を目指す就活生は多いはずです。 しかし、就活生によって目指す業界も違えば、やりたい職業も違うため、アピールできる資格は変わるもの。 現段階でこれといって目指したい業界がないけど、アピール材料に不安要素があるという新卒就活生の皆さんの中には、資格取得を考えてはいるものの、何を取得すれば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな新卒就活生の悩みを解決する、就活でPRできるおすすめ資格3つをご紹介します。

 

 

 

 

資格取得をすることで履歴書の資格記入欄を埋められますし、面接では自身の能力のアピールを効果的に伝えることができます。

 

また、新卒の就活生は実務経験が少ないことから、即戦力よりも、社風への適応力や貢献したいという姿勢が重要視されます。そこで、資格取得に向けて取り組んだこと、そして実際に資格を取得できたことをアピールできれば、面接官からの評価も高くなることでしょう。資格取得に至る経緯も、志望動機と一緒に伝えることで、目標に向けて努力することができるなどのアピールできますので忘れずに!

 

しかし、どの業界でどの資格が必要か分からない場合、資格取得もなかなか踏み出せないことでしょう。今回は幅広い業界で役立つ、資格を3つご紹介します。

資格取得までの流れなども併せてご紹介しますので、是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

=合わせて読みたい『資格』に関連する記事=

履歴書の資格欄|就活で資格をアピールするための正しい書き方とは

 

 

 

 

1つ目におすすめしたいのは「秘書検定」です。

一見、名前だけ聞くと「秘書になるために必要な資格?」と思うかもしれませんが、社会生活で必要不可欠なコミュニケーションやビジネスマナーなど、あらゆる社会常識を集約したものが「秘書検定」です。3級・2級は筆記試験、準1級・1級は試験内容に面接も出てきます。

どの業界でもコミュニケーション、ビジネスマナーは必要とされますので、秘書検定を取得していることで好印象につながるでしょう。

 

また、新卒就活生は、ビジネスマナーや目上の相手に対する言葉遣いなど、慣れないことの方が多く、最初は戸惑ってしまうことも多いかもしれません。

そこで、予め資格取得を通してビジネスマナーに関する知識を身に着けておくことで、就活中のマナーはもちろん、入社後のビジネスシーンでも活かすことでできます。

 

勉強方法は、過去問題集などを解いていきながら独学で学ぶ人が多いようです。もちろん、通信教育などもあるため、自分のライフスタイルに合わせて勉強法を見つけてみると良いでしょう。

資格取得までの流れとしては、専用のページ(https://jitsumu-kentei.jp/howto_entry)から応募することができます。

 

 

=合わせて読みたい『資格』に関連する記事=

文系なら取得したい就職で使える資格6選

 

 

 

 

2つ目にご紹介したいのは「ITパスポート」通称"iパス"です。

 

最近よく耳にする「IT」というのは、情報技術のことで、通信技術やコンピュータが普及した現代において、IT力は誰もが身に着けるスキルとして注目されています。そこで、ITパスポートではIT関連の基礎知識を証明ができる国家資格のため、取得することでアピール材料だけでなく、どんな仕事においても活かせること間違いなしです。

 

理系向けの資格かと思われがちですが、文系・理系問わず取得できる資格ですし、情報技術の基礎知識であることから、取得難易度も高すぎないのもおすすめしたいポイントの一つです。

 

勉強方法は、過去問を徹底的に解きながら、参考書を一通り読み、問題を実際に解いてみるところから始めてみましょう。

取得までの流れは、専用ページ(https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/examination/apply.html)から申し込むことで試験を受けることができます。

 

=合わせて読みたい『資格』に関連する記事=

資格を持っていない就活生へ! 資格取得で重要な事とは?

 

 

 

 

最後にご紹介するのは「MOS」です。「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」の略称で、Excel、Wordといったマイクロソフト製品のスキルを身に着ける資格です。

 

今やExcelやWord、PowerPointなどのオフィスツールは、どの業界、職種において必要不可欠ですので、資格取得をすれば必ずアピールポイントになります。

 

取得方法は、教材がたくさん出回っているため、独自の勉強法でスキルを身に着けていく方も多いですが、パソコンスクールや、自宅のパソコンを実際に使ってツールソフトを使いながら勉強するのが最も効率的と言えます。

 

受検方法は毎月2回行われる「全国一斉試験」、特定の試験会場が設定した日程で行われる「随時試験」の2通りがあります。しかし、申込方法が違うだけで、試験内容や合格認定が異なることはないため、自分に合わせた申込方法を選択してみると良いでしょう。申込ページ(https://mos.odyssey-com.co.jp/exam/)から、詳細を確認できます。

 

=合わせて読みたい『資格』に関連する記事=

女性も働く時代!取得しておくと強みとなる資格

 

 

今回は、新卒の就活生におすすめしたい、誰もがアピール材料にできる資格を3つご紹介しました。

アピールに適しているとは言え、就職後もしっかりと活かせるような資格でなければ資格取得の意味がありません。

今回ご紹介したのはほんの一部ですが、自分の就きたい業界に合わせて必要な資格を調べて、取得してみるのも良いでしょう。当記事が参考になりましたら、是非、資格取得を目指して就活を有利に進めていきましょう。