2021.12.07

未経験からITエンジニアになるために就活生がやるべきこととは?

IT系の中でも、自分の作ったものが動き出すことや最先端技術に触れられることなどの魅力から、ITエンジニアに興味を持っている就活生は少なくありません。しかし、ITエンジニアは専門的な分野のため、「未経験からITエンジニアになることは難しいのではないか」「未経験でもITエンジニアを目指すためには?」と悩む就活生もいるでしょう。そこで今回は、ITエンジニアを目指す就活生に向けて未経験からのITエンジニアについて解説していくので、ぜひお役立てください!

 

 

 

 

 

冒頭で触れたとおり、ITエンジニアは専門的な分野というイメージから、「未経験でいきなりITエンジニアになることは難しいのではないか」と考える就活生は多いでしょう。

 

では、未経験からITエンジニアになることは不可能なのでしょうか。

結論は、未経験からでもITエンジニアになれます

 

なぜ未経験からでもITエンジニアになれるのか、その理由は以下で解説します。

 

 

ITの急激な成長によりIT人材がそれに追いつかない現状のため、多くの企業で「未経験でもOK」「未経験歓迎」などを掲げ、求人の募集を実施しております。

そもそも日本は、少子高齢化が進んでいるため労働人口が減り続け、どの業界でも人材を求めている状況の中で、IT業界は特に急成長していることからIT人材が求められているのです。

 

 

今後は益々ITの発展が期待されているため、IT業界の将来性を見越してITエンジニア未経験からでも可能な企業の求人が掲げられています。

また、IT人材の確保と共に一人一人の育成にも力を入れ、未経験からでもITエンジニアに関する基礎的なことやビジネスマナーなどの教養から教えてくれる企業もあります。

 

ITの急成長によるIT人材不足や、今後さらにITが成長し続けることでより多くのIT人材確保と一人一人の育成が必要ということから、ITエンジニア未経験からでもITエンジニアを目指せることがわかりましたね。

では実際に、就活生がITエンジニアになるためにはどうすればよいのでしょうか。

 

=合わせて読みたい『ITエンジニア』に関連する記事=

プログラミング初心者の就活生でもITエンジニアを目指せるって本当?

 

 

 

 

 

 

ITエンジニアを目指す就活生にとって未経験でもITエンジニアになれることがわかりましたが、未経験からでもITエンジニアになるためにやるべきこととは一体どのようなことでしょうか。

ここでは、ITエンジニア未経験の新卒就活生がITエンジニアになるためにやるべきことをご紹介します。

 

 

ITエンジニアは多くの分野があることから、就活における業界・企業研究や自己分析として、企業の選定や就活の軸を定めるためにも情報収集は必要になります。気になる企業のホームページや関連サイト、SNS、参考資料や書籍などから調べて情報収集と研究にあたり、就活の方向性を定めましょう。

特に企業のホームページやSNSは最新の情報が更新されるため、セミナーや説明会などの情報をいち早く入手することができるので、逐一確認しましょう。

 

 

未経験からITエンジニアになるためには、志望する企業が求める条件にあるプログラミング言語や志望する分野のプログラミング言語を学習、もしくは資格取得に励みましょう。IT業界は実務未経験でも、ある程度のプログラミングスキルを身につけていると、ITエンジニア完全未経験者よりも有利に就活を進めることができます。

実際に入社後、少しでも学習しておくと企業の即戦力になり、完全未経験者ですとイチから教える手間と時間がかかってしまうのです。

 

 

プログラミングの学習と共に、実践としてアプリの作成をしてみましょう。アプリを作成した際は、企業の選考対策として自己PRなどにもつながりますし、ポートフォリオとして利用可能です。

ポートフォリオは、資格とは別で自身のスキルを伝えるものであり、企業にとって採用時の判断材料の一つになります。

 

新卒就活生で実践的なプログラミングを経験することは難しいので、少しでもITエンジニアに関する情報収集や学習、資格取得に励むなどをしておくと意欲や熱意が感じられるため、好印象につながります。

就活生がITエンジニアになるためにおすすめする方法として、実はまだご紹介していない方法があります。以下をご覧ください。

 

=合わせて読みたい『ITエンジニア』に関連する記事=

新卒でエンジニアを目指せる?新卒就活生がエンジニアになるための方法

 

 

 

 

 

 

就活生がITエンジニアになるためにやるべきことしてプログラミング言語の学習を挙げましたが、プログラミング言語の学習と言っても様々な学習方法があります。

その中でもプログラミング言語の学習サポートや就活支援サービスなどがある、プログラミングスクールの活用がおすすめです。

プログラミングスクールを活用することで、ITエンジニアとして携わる近道を進むことができるのです。

 

〈ITエンジニアになるためにプログラミングスクールをおすすめする理由〉

・プロの講師から専門的なことや実践的なことなど丁寧に教えてもらうことができる

・直接もしくはオンラインなど、自分に合った環境で学習できる

・自分のペースで自分の目指す分野を事前に組まれたカリキュラムで受講できる

・書類や面接などの対策をサポートしてくれる就職支援のサービスがある

 

プログラミングスクールによって内容は様々異なりますが、プログラミング言語を学習する場合に、独学ですとわからないことがあっても自分で解決しなければなりません。

しかし、プログラミングスクールであればすぐに講師から教えてもらうことができるため、その都度スムーズに解決できます。また、就職支援サポート付きのプログラミングスクールであれば、就活の対策も安心して取り組むことができます。

 

=合わせて読みたい『ITエンジニア』に関連する記事=

Javaでできること|エンジニアを目指したい学生向けに解説します!

 

 

 

今回は、ITエンジニアを目指す就活生に向けて未経験からのITエンジニアについて解説しました。

未経験からいきなりITエンジニアを目指すことは難しいイメージを持つ就活生も居ると思いますが、未経験からでも可能なことがわかりましたね。

IT業界がIT人材を求めている今、就活生にとってチャンスになり得るため、ITエンジニアを目指そうと思っている就活生は早めに動き出しましょう!