2021.12.24

Pythonの資格|おすすめのPython資格と難易度をご紹介

エンジニアを目指す人の中には、目的に応じてプログラミング言語の資格取得を考えている人も居るでしょう。就活を有利にしたい、Webサービスの開発に興味があるからなど、プログラミングの資格取得の目的は人それぞれです。プログラミング言語の中でもPythonは、AI(人工知能)やWebサービス・アプリの開発に使われ、コードの記述がシンプルであるため初心者でも学習しやすい人気のプログラミング言語です。今回は、Pythonの資格取得におけるメリットや資格の種類・内容、PHP資格の難易度をご紹介していきます!

 

 

 

 

 

Pythonの資格に興味はあるけれど、まだ情報収集段階の人に向けてPythonの資格について解説していきます。

ここでは、Pythonの資格を取得することで得られるメリットを3つ挙げますので、PHPの資格取得の魅力を押さえておきましょう。

 

 

Pythonを採用している企業にとって、Pythonの資格保有者は欲しい人材です。そのため、Pythonの資格を取得することにより就活で有利に働く可能性が高いです。就活では未経験者よりも知識やスキルを身につけている人の方が企業にとって即戦力となるため、有利に働きやすいのです。

また、プログラミングの資格を取得しているもしくは資格取得に励んでいることで、企業への入社やエンジニアに対する意欲が感じられるためアピールにつながります。

 

 

Pythonは需要があるため、Python開発の案件も豊富です。

Pythonは、主にWebサイト・アプリケーション開発、機械学習などの分野で使われ、世界的に有名な「YouTube」や「Instagram」の開発にも使われています。近年ではAIの需要が高まっているため、Pythonの資格保有者の需要も高まっています。Pythonの資格保有者は、Pythonへの理解が備わっていることが見込めますので、Pythonの資格保有者の需要が高まっていると言えます。

 

 

PythonはAIや機械学習などの開発ができ、AIや機械学習は今後業務自動化などにおいて期待が高まっている将来性のある言語です。近年AIや機械学習の開発に力を入れているエンジニアが多く、Pythonの技術が進化し続けていることで、益々Pythonの将来性が高まっていると言えます。

Pythonの将来性が高まっていることで、Pythonを活用したサービスや人材の需要が高まります。

 

Python資格取得における学習では、シンプルなコードで学習しやすいことから、初心者でも学びやすいというメリットがあります。

 

では次に、おすすめのPython資格と試験内容について解説していきます。

 

=合わせて読みたい『Python』に関連する記事=

Pythonはどんなプログラミング言語?就活で有利になるって本当?

 

 

 

 

 

 

Pythonにはいくつか資格が挙げられますが、中でもおすすめの資格とその資格試験内容を解説しますので、ぜひお役立てください!

 

 

Python3エンジニア認定基礎試験は、Pythonの基本を理解しているかどうかを測る内容となっており、Pythonの基礎文法などについて出題されます。

オライリー・ジャパン出版「Pythonチュートリアル 第3版」の内容に沿った出題がされ、一部のサイトでは模擬問題を公開しています。

 

問題数:40問

出題形式:選択式

試験方法:CBT形式

試験時間:60分

合格基準:70%以上で合格

受講料:11,000円(学割5,500円)

 

 

 

Python3エンジニア認定データ分析試験は、データ分析の能力について証明できる資格であり、Pythonを使ったデータ分析について問われます。翔泳社出版「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」から出題され、模擬試験は無料で公開されています。

 

問題数:40問

出題形式:選択式

試験方法:CBT形式

試験時間:60分

合格基準:70%以上で合格

受講料:11,000円(学割5,500円)

 

 

Python Certificationsは、国際的なPythonの認定試験で、Pythonのスキルに合わせて4つのレベルの試験があります。Python Certificationsのそれぞれの試験は英語で実施されますので、Pythonのスキルの他にも、高い英語力が必要です。

 

問題数:40問

出題形式:選択式

試験方法:PC使用

試験時間:65分(NDA・チュートリアル10分)

合格基準:70%以上で合格

受講料:50USD~

 

3つのPython資格の種類を挙げましたが、他にもPython資格の種類がありますので、よく調べておきましょう。

 

では次に、Python資格の難易度について解説していきます。

 

=合わせて読みたい『IT資格』に関連する記事=

IT業界におすすめ資格|就職前に取得しておくと役立つ資格をご紹介

 

 

 

 

 

 

Python資格の種類におけるそれぞれの難易度はどれほどなのでしょうか。

難易度を把握しておくことで、現在の自分のレベルに合ったものやモチベーションにもつながりますので、必ず把握しておきましょう!

 

 

Python3 エンジニア認定基礎試験の合格率は約70%です。Python初心者でも比較的合格しやすく、易しい試験となっています。プログラミング初学者や、資格を取得して就活に取り組みたいという人など、まずはこちらの資格取得に励むことをおすすめします。

 

 

Python3 エンジニア認定データ分析試験の合格基準は70%以上となっています。2020年に開始した試験なので、合格率などのデータはまだ出ていません。

Python3 エンジニア認定基礎試験に比べるとランクが一段階上の試験であり応用力が必要な試験のため、ある程度プログラミングに慣れている人向けです。

 

 

Certified Associate in Python Programming(通称:PCAP) は、合格ラインが70%です。

Pythonエンジニアとして実務を遂行できるレベルに達しているかどうかを問う試験であり英語での受験となるため、英語力も必要になります。

基礎知識だけではなく、Pythonエンジニアとしての熟練度が試される試験です。

 

PCAPは、ポーランド拠点のNPO「OpenEDG Python Institute」が実施している「Python Certifications」というスキル認定試験の難易度の一つです。

Python Certificationsは海外で行われている資格であり、4つの難易度に分けられます。

・PCEP

・PCAP

・PCPP-32-1

・PCPP-32-2

このように、難易度で分けられるPython資格もありますので、よく調べておきましょう!

 

 

 

 

今回は、Pythonの資格取得におけるメリットや資格の種類・内容、PHP資格の難易度をご紹介しました。

Pythonの資格を取得するメリットには、就活が有利に働く可能性が高くなることや需要・将来性のあることがわかりましたね。Python資格取得における需要や将来性があることから、Pythonの資格を取得しておくと活躍できる人材として期待されるでしょう。

また、Pythonはプログラミング初心者でも学習しやすい言語のため人気が高まっているという魅力もあります。海外で行われるPython資格は、難易度や受験費用が比較的高めに設定されているため、英語力の他にも相当な対策と準備が必要です。