2021.11.27

プログラミング初心者の就活生でもITエンジニアを目指せるって本当?

様々な職業がある中で、ITエンジニアに注目する就活生が増えています。世界の時価総額ランキング(企業の規模を示したもの)を見てみると、1位から順番にマイクロソフト、アップル、サウジアラビコ、アルファベット、アマゾン・ドット・コム(参照:180.co.jp https://www.180.co.jp/world_etf_adr/adr/ranking.htmより)と、上位4社がIT関係の企業です。IT業界は世界経済の中心的な存在といえます。そんなIT業界に注目し、ITエンジニアを目指す就活生の方が増えているのも納得できますね。しかし、就活生の中には「プログラミング初心者でもITエンジニアを目指せるの?」と思う方もいるかもしれません。今回は、プログラミング初心者の就活生の方がITエンジニアを目指せるのか、考えていきましょう。

 

 

 

 

 

昨今、各業界の発展には、IT活用は不可欠です。例えば、フリマアプリの「メルカリ」は、数十億規模の商品データとAIとを組み合わせ、利用者の利便性を向上させフリマを普及させたことから、経済産業省の「IT経営注目企業2019」に選定されています。経済産業省は、2015年から積極的なIT活用を進めている企業を「攻めのIT経営銘柄」に認定する制度を設けていましたが、2020年からはDXに焦点を当てて「DX銘柄」※に改めました。今後DXを実現していくためのITシステムに関する現状の課題やその対応策を実施し、DXの推進を図っています。

 

また、官民ともに注目度の高いIT業界においては、人材の確保は常に重要課題です。小学校でも、2020年よりプログラミング学習が必修化されました。コンピュータが私たちの生活を便利にして、そのプログラムは人が作っているのだということに、気づくこと、またこのような技術を活用してより良い社会づくりをしていこうという姿勢を育むことが期待されています。

 

このように、ITエンジニアは需要が高く、人材の確保が急がれている職業だといえます。

 

※「DX銘柄」とは、デジタルトランスフォーメーション銘柄のことです。DXとは、デジタルトランスフォーメーションの略で、デジタル技術を活用して、ビジネスモデルを変革し、新たな成長・競争力の強化につなげることを言います。DXに取り組む企業として、DX認定を受けた銘柄が「DX銘柄」です。

 

=合わせて読みたい『ITエンジニア』に関連する記事=

新卒でエンジニアを目指せる?新卒就活生がエンジニアになるための方法

 

 

LESALTOのサービスを覗いてみる


 

 

 

ITエンジニアになりたいと思う人は多くいますが、実際プログラミングなどに触れたことのないようなIT初心者の就活生にとっては、ITエンジニアになることに「難しい」という印象を持つ人が多いかもしれません。

 

たとえば、プログラミング未経験の就活生の方が、プログラミング学習を始めようと思ったときに、まず何から始めていいのかわからない、といった状況があります。

また、ドラマなどで、エンジニアがパソコンに向かって、日本語ではない何かをものすごいスピードで打ち込んでいる様子を見て、何やら複雑そうだなぁ…と感じる方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、やり方さえ間違えなければ、実際エンジニアを目指すことは難しいことではありません。実際、未経験からでもエンジニアになることはできます。

 

次は、その理由についてご紹介しましょう。

 

=合わせて読みたい『ITエンジニア』に関連する記事=

インフラエンジニアになりたい!新卒、転職別の志望動機の書き方

 

 

LESALTOのサービスを覗いてみる

 

 

 

 

 

プログラミング初心者からでもITエンジニアを目指せる理由はいくつかありますが、そのうち3点ご紹介します。

 

 

 

求人検索サイトで「IT新卒 未経験」の条件で検索すると、ざっと一万件以上の求人がヒットします。開発など高度で専門的なスキルを要する職種でもあっても、日々進化する端末やソフトウエアに対応したり、サービスの発展や保持のために、未経験でも応募できる求人がたくさんあります。ITエンジニアは、求人数が多い職種です。

 

 

先にも述べましたが、IT業界では人手不足を解消するために、未経験新卒を募集する企業が少なくなく、そのような企業の多くは、自社において研修制度を設けています。

求人サイトに掲載されている未経験歓迎の企業では、学習プログラムや1か月のオンライン研修、キャリアカウンセラーによるスキルアップのサポートなど、充実した研修制度をアピールしています。入社後の研修制度を利用すれば、安心して就業できるというわけです、

 

 

入社前にプログラミングの知識を習得しておきたい新卒就活生の方には、プログラミングスクールの活用がおススメです。

プログラミングスクールでは、豊富なカリキュラムの中から学習内容を選択することができ、効率良く学習を進めることができます。

また、プログラミングスクールでは、就職支援のサービスを行っているスクールが多く、就職先の紹介だけでなく、エントリーシートの作成や面接などの採用試験を受けるためのサポートをしてくれるところもあります。

 

=合わせて読みたい『ITエンジニア』に関連する記事=

システムエンジニアと違う?インフラエンジニアとは

 

 

LESALTOのサービスを覗いてみる

 

 

 

以上のように、プログラミング初心者の就活生でも、ITエンジニアを目指せることがわかっていただけたと思います。

ITエンジニアは、今後も需要が高く、様々な事業において活躍できる職種です。また、企業によっては仕事と家庭とのライフバランスを取りやすいところもあります。

未経験、初心者だからと言って尻込みせずに、安心してチャレンジしてみましょう!

 

当サイトを運営しているLESALTOのオンラインスクールでも、経験豊富な講師が監修したカリキュラムで学習することができ、カリキュラム修了までお一人おひとりに寄り添ったサポートを受けながら、プログラミング言語を習得し、目標に合わせた就業支援サービスを利用することができます。

 

学生のみなさんは全てのサービスを無料でご利用いただけますので、費用の心配なくプログラミングを学習できます。

 

以下に、LESALTOのサービス内容をまとめていますので、少しでも気になった方はぜひご活用ください。

 

 

※学生さんは全て無料でご利用いただけます。

 

 

新人研修の講師経験もあるプロが作成したカリキュラムをもとに学習を進められます。実践的な内容になっていますので、確かな効果を実感いただけます。また、全てオンライン上で学習できるため、空き時間を使いながら自分のペースで学習できます。

 

 

現役のエンジニアを中心に、メンターが学習をサポートします。学習での疑問点や気になる点、また不安に感じることはチャットでご質問・ご相談が可能です。利用回数は無制限ですので、メンターサポートをどんどんご活用ください!

 

 

勤務地などの希望条件をお伺いした上で、非公開求人を中心に最適な企業をご紹介しております。また、面接対策や履歴書作成のアドバイスをはじめ、就活で必要となるサポートをご提供いたします(期間無制限)。

 

LESALTOプログラミングスクールでは、Java、PHP、Pythonの言語コースを用意しておりますので、ぜひご活用ください!