2021.11.19

IT系の職種とは?職種毎に仕事内容や求められるスキル、魅力をご紹介

近年、ITの急成長と共にIT人材を求める企業の求人数が増えていることや、IT企業やIT系の仕事の魅力などから、IT系の仕事を目指す人が増えています。また、未経験OKとする企業の求人募集も増えていることから、益々IT系の仕事が注目されています。「IT系の職種って何があるの?」「IT系職種の仕事はどのような内容?」「IT系それぞれの職種で求められるスキルは?」など、今回はIT系の仕事について解説するので、IT系の仕事に興味のある方はぜひお役立てください!

 

 

 

 

 

IT系職種にはエンジニア以外にも営業など様々な職種があります。

まずはIT系職種それぞれの仕事内容をご紹介するのでしっかりと把握しましょう!

 

IT系職種は大きく、「エンジニア職」「営業・コンサルティング」「マネジメント」の3つに分類されます。

 

 

担当する分野や工程はそれぞれ異なりますが、エンジニア職はクライアントの要望に沿ったシステムの設計や構築、テストを行います。設計~完成までを一貫して行う分野や、プログラムの構築、ハードウェアとソフトウェアの設計・開発など、エンジニア職の中でもさらに細分化されます。

エンジニア職の分野…システムエンジニア(SE)、プログラマー、組み込み系SEなど

 

 

営業・コンサルティング職は、事業を行う上で経営者が抱える様々な課題に対し、自社のITサービスによる解決策の提案や顧客の要望を満たす仕事です。

セールスエンジニアは、営業担当者と共にクライアントへ訪問し自社ITサービスの導入を交渉します。また、交渉において担当を分けられる場合もあります。

営業とコンサルティング職の分野…ITコンサルタント、セールスエンジニアなど

 

 

マネジメント職は、プロジェクトの予算設定やメンバー選定、スケジュール管理など、プロジェクトの管理を一任される仕事です。マネジメント職の中でもプロジェクトリーダーは、プロジェクトマネージャーの指揮管理のもと、開発現場の責任者として業務を進めます。

また、エンジニアと近い関係性であることが特徴であり、プロジェクトの管理業務だけではなくSEと共同して開発業務にあたる場合もあります。

マネジメント職の分野…プロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダーなど

 

IT系職種の主な仕事内容は把握できましたか?

次は、IT系職種の仕事でそれぞれに求められるスキルについて解説していきます!

 

=合わせて読みたい『IT』に関連する記事=

IT系企業に就職するために新卒就活生が知っておきたいこと

 

 

 

 

 

IT系職種のそれぞれの仕事ではどのようなスキルが求められるのでしょうか。

上記で挙げたIT系の職種3種類ごとに解説します。

 

 

エンジニア職で関わるメンバーとの連携や顧客との関わりがあるため、コミュニケーション能力情報収集能力が求められます。プログラマーは、SEが作成した設計書のもと、プログラムを構築するためにプログラミング言語の知識やスキルが必要不可欠です。

また、設計書の不備やシステムエラーなどは、原因の追究やエンジニアとプログラマーによる円滑な連携が必要です。

 

 

営業・コンサルティング職は、コミュニケーション能力はもちろん、ITに関する幅広い知識自社サービスの深い知識が求められます。

顧客の要望を実現するための具体策を考えるため、IT関連だけでなく顧客の経営や業務内容など、幅広い知識と豊富なスキル、論理的思考力が必要とされる職種です。

セールスエンジニアは、ITや自社サービスの知識のほか、わかりやすい説明力や交渉力も必要です。

 

 

マネジメント職は、エンジニアとしての経験プロジェクトの管理能力コミュニケーション能力が求められます。

エンジニアとしての経験を積んだ後、プロジェクトを円滑に進行させるための広い視野や現場環境の改善、社内外およびプロジェクトメンバーとのコミュニケーションが必要です。

SEとして経験してきた知識と技術力、プロジェクト現場全体を把握・指揮する力から、認められた人が任される職種です。

 

IT系職種の仕事に求められるスキルについて解説しましたが、意外にもコミュニケーション能力が共通していますね。

では次に、ご紹介したIT系職種の仕事における魅力について触れていきます。

 

=合わせて読みたい『IT』に関連する記事=

新卒でエンジニアを目指せる?新卒就活生がエンジニアになるための方法

 

 

 

 

 

これまで取り上げてきたIT系職種それぞれの魅力についてお伝えします。

IT系職種それぞれの魅力を把握し、就活にお役立てください!

 

 

・最先端の技術に携わることや新たなモノを生み出すことができる

・多くの業界がITを取り入れていることから、様々な業界に関わることができる

・最先端技術や応用、多種多様な業界との関わりから、スキルアップを実感できる

・プログラミングスキルを身につけることで職の安定性が見込まれる

 

 

・年齢に関係なく、営業成績次第で大きく報酬が得られる

・営業成績の目標達成時の達成感から喜びを得られる

・クライアントから感謝された時のやりがいを感じられる

 

 

・プロジェクトが完了した時の達成感を得られる

・顧客の要望に応えることができたときの充実感を得られる

・チーム全体がまとまり、スムーズに業務が進んでいることで指揮官としてのやりがいを感じられる

・IT職種の中でも給与が高い

 

職種によって仕事内容や魅力などに大きく違いがありますね。

ITに興味のある方は、業界・企業研究を徹底してIT業界を目指しましょう!

 

=合わせて読みたい『IT』に関連する記事=

IT業界の将来性と企業毎に異なる離職率

 

 

 

 

今回は、IT系職種別にそれぞれの仕事内容や求められるスキル、魅力について解説しました。

“IT職種の仕事で求められるスキル”をそれぞれの職種ごとにお伝えしましたが、ITのイメージとして「PCのスキルが必要なのでは?」と思いがちですが、IT系のどの職種もコミュニケーション能力が大切であることがわかりましたね。しかし、IT企業によって求められるスキルは異なります。

目指す方向や企業によってやるべきことも異なりますので、よく調べた上でIT業界を目指していきましょう!