2021.11.17

就職浪人はポジティブに働く?あきらめずに就職を成功させよう!

「浪人」や「留年」、誰しも一度は聞いたことがあるでしょう。“就職浪人”と聞くと、ネガティブな印象を持つ人もいるかもしれませんが、発想を逆転させてみると実はポジティブな働きをするかもしれないのです。『就職浪人ってなに?』『就職浪人と就職留年との違いは?』『就職浪人のメリットってあるの?』など、就職浪人における疑問について解説していきます!

 

 

 

 

 

就職浪人や就職留年という言葉、聞いたことあるけれどよくわからないという人もいるかもしれないので、就職浪人と就職留年について解説します。

 

就職浪人…学校を卒業後、就職活動をする人のこと

就職留年…意図的に留年し、就職活動をする人のこと

 

 

就職浪人と就職浪人の違いを簡単に言うと、学校を卒業するか・しないかという点です。

就職浪人の場合、新卒ではなく既卒扱いになるため、新卒採用が受けられない可能性が出てきます。一方、就職留年の場合は留年することで新卒採用枠として就職活動が可能です。

 

 

学生であるか・ないかという点から、金銭面や時間の使い方が大きく異なります。

就職浪人の場合は交通費などの割引制度は受けられませんが、勉強や就職活動にあてられる時間は多いです。就職留年の場合、交通費など学生であることにより割引制度が受けられ、学校からのサポートや新卒採用サービスなども利用できますが、留年分の学費かかることでアルバイトに時間を割く人もいます。

 

 

既卒だとなかなか就職先が決まらないことで、既卒と新卒では精神的な余裕の違いが出てきます。

就職浪人の場合、時間が経つにつれ、モチベーションの保持が難しくなるかもしれません。就職留年になると卒業までの間はサポートを受けられるため、心の余裕を持ちつつ就職活動に臨めます。

 

就職浪人は就職留年に比べると、「デメリットの方が目立つのでは?」「就活で不利になってしまうのでは?」と思う人もいるでしょう。

 

そこで次は、就職浪人の就職活動について解説していきます。

 

=合わせて読みたい『就職浪人』に関連する記事=

就活浪人を選択したい新卒が知っておくべきメリット・デメリット

 

 

 

 

 

就職浪人の就職活動について、就職浪人をすると就活では不利になってしまうのかという疑問に触れていきます。

就職浪人は、就職留年に比べると就活では不利になる可能性もあります。

 

【就職浪人が不利になる理由】

・将来性を重視した新卒者の採用を実施した企業が多いため

・就職ができない期間分、履歴書上では空白になってしまうため、何をしていたのか聞かれたときの回答によっては不利に働く可能性がある

 

では反対に、就職浪人することで得られるメリットはあるのか?という疑問に触れていきます。

 

 

就職浪人をすることの大きなメリットは、就職活動に使う時間が増えることです。

学生時代は就職活動の時間が限られていたと感じる人は多いかもしれませんが、就職浪人をすることで時間の確保に融通が利きます。そのため、資格取得やスキルの習得に励むことで就活を有利に進められます。

 

 

前年の就活経験を活かした就活を行うことができます。

初めて就活を行う新卒就活生よりも経験値がある分有利になるので、反省点や印象アップにつなげられるように、万全の対策をして就活に臨むことが大切です。

 

 

内定をもらっている周りの友達への相談やアドバイスをもらうことで参考にすることができます。

特に、自分が志望する企業や業界に就職した友達がいるのであれば、できるだけ参考になるようなことを聞いておきましょう。

 

就職浪人をすることの大きなメリットとして時間が増えることをお伝えしましたが、その時間をどう使うかで就職浪人を成功させることができるかという部分につながります。

 

次は、就職活動で成功させることのできる就職浪人と、就職活動で失敗してしまう就職浪人の特徴をご紹介します。

 

=合わせて読みたい『就職浪人』に関連する記事=

就活浪人はダメなの?就活に失敗はない! 浪人後の就活方法とは

 

 

 

 

 

就職浪人を成功させることができる人と失敗してしまう人のそれぞれの特徴を挙げていきます。

就活を成功させるためにも、次の就職浪人の成功・失敗の特徴を把握し、成功例を意識して就活に取り組みましょう。

 

 

・就活の軸が明確

・自分に合った効率的な就活ができている

・選考対策や印象アップにつながる事前準備ができている

・内定をもらえないことで原因を探り、次に活かすことができている

 

内定をもらえないから就職浪人をするという選択ではなく、具体的な目標を明確にした上で就職浪人することにより、就職浪人の成功につながります。

 

 

・内定をもらえない原因がわからない

・基本的なマナーや身だしなみができていない

・自己分析や業界・企業研究が不十分

・就職浪人をするだけの理由が浅い

 

就職浪人をしたとなれば、面接で就職浪人をした理由を問われるため、企業側を納得させる理由が必要となります。

例えば、面接官への回答には『~の資格取得(スキル習得)のためです』とし、資格やスキルが一般的に難関と言われているものであれば意欲が感じられます。

 

最後に、就職浪人を成功させるための方法をご紹介します。

就職浪人を成功させるためには、プログラミングスクールの活用をおすすめします。

プログラミングスクールによってカリキュラムやサポートは様々ですが、その中でも就職活動のサポートをしてくれるプログラミングスクールもあります。

 

~プログラミングスクールをおすすめする理由~

・プログラミングは需要があり、今後も期待されている分野である

・カリキュラムが組まれているため、効率良く学習できる

・独学よりも学びやすく、挫折しにくい

・サポートが充実している

 

就職活動のサポートをしてくれるプログラミングスクールを活用し、専門性の高いスキルを身につけ、ほかの就活生と差をつけましょう!

 

=合わせて読みたい『就職浪人』に関連する記事=

就活浪人・大学留年は就活に影響があるのか?実際のところ教えます|新卒

 

 

 

 

 

就職浪人と就職留年の違いについて、理解できましたか?

時間や金銭面、サポートなどが異なり、就職するには就職浪人は不利なのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実は就職浪人だからこそのメリットがあることをお伝えしました。就職浪人だからこそ、時間を有意義に使うことを意識しましょう。

現在は、人材育成のために学習しながら働ける研修制度を取り入れている企業が多く見受けられるため、すでに資格やスキルの習得をしている、もしくは勉学中であれば就活で有利に働く可能性があるので、積極的に資格やスキルの習得に励むといいですね。