2020.02.19

就活のプロが教えます! 会社説明会参加後の情報のまとめ方|SMART就活

就活で自分の行きたい業界や企業の情報をさらに深堀りでき、実際に働いている社員や会社そのものの考え方から空気感までを掴むことができる会社説明会。 1社が開催する単独説明会や複数の企業が集まって開催される合同説明会(合説)と、会社説明会にも特徴や一長一短があるものですが、まだ就活のスタートを切ったばかりで「自分がどんなものに関心があるのかまだ分からない……」という状態ならば、積極的に会社説明会には参加しておくべきでしょう。 今では就活の仕方や企業情報はWebでも簡単に手に入れることができますが、在籍社員の考えや企業の雰囲気を感覚的に理解するには、会社説明会の存在は非常に重要と言えます。 今後の就活を効率的に行うために、会社説明会に参加した後の情報のまとめ方をご紹介しましょう。

 

 

就活準備の大きな取り組みの一つとして名高い「会社説明会」。 単独説明会・合説と形は分かれますが、就活生の企業理解を深めるために事業内容や働き方など、就活生に向けて企業があらゆる情報を提供してくれるので、就活を開始したなら参加するべき就活イベントと言えます。 ただ、会社説明会を含む広報活動が解禁される前に、すでにインターンに参加済みで、会社説明会の参加を悩んでいる就活生もいるのではないでしょうか? 企業の採用方針によっては本選考に進む条件に「会社説明会の参加」を設ける場合はありますが、それ以外であれば“会社説明会は必須”というわけではありません。

 

けれども、会社説明会は企業ホームページやパンフレットなどで記載されているような情報を知るだけでなく、その会社独特の考えや雰囲気を掴むためにも効果的。 もしもWebの就活情報や先入観だけで企業を選んでしまっては、その会社あるいは配属先の部署の風土や慣習になじめず、業務外でミスマッチを起こす可能性もあります。 それを避ける意味でも、会社説明会に参加して企業や社員の“性質”を肌で感じて理解を深めましょう。 また、会社説明会に参加すれば、ほかの就活生とも触れ合うことができるので、企業情報を得ることだけが会社説明会のメリットではありません。

 

=合わせて読みたい『会社説明会』に関連する記事=

就活知識共有|会社説明会の参加方法まとめ|Smart就活

 

 

上記の通り、会社説明会への参加は義務ではないにしても、就活本番を安心して迎えるためには会社説明会に参加しておいて損はないでしょう。 「会社説明会への参加で得た経験を本選考でどう活かすか」を考えることが、就活を成功に導くためのカギとなるのです。 「会社の公式サイトに載っていない情報を知りたい」「社員と交流して入社意欲を伝えたい」など、会社説明会に明確な目的を持って参加するのはいいことですが、会社説明会に参加して充実した時間を過ごせたことに満足してしまい、そこで業界研究・企業研究を終わらせてしまう就活生もいます。 会社説明会は数を追って参加するものでもなく、説明会に参加して学ぶことがあれば企業研究の一環として成功だと言えますが、就活における情報収集としてはまだ不十分であり、会社説明会だけで満足するのは危険です。

 

会社説明会での情報だけを鵜呑(うの)みにして、WebやOBOG訪問で手に入れた情報との照らし合わせ、就活仲間との情報共有などを放棄してしまえば、クオリティーの高い志望動機や自己PRを生みづらくなってしまうでしょう。 会社説明会は就活プロセスの一つに過ぎず、参加したからといって就活が上手くいくとは限りません。 むしろ、会社説明会に参加した後が就活本番と言えるでしょう。 参加後に同業他社との比較や自分の特性と一致しているかの確認、情報を独自に解釈して今後の就活へ活かすことが重要なのです。

 

=合わせて読みたい『会社説明会』に関連する記事=

就活のプロが教えます!会社説明会の上手い参加方法とは|Smart就活

 

 

会社説明会で知り得た情報や感じたことを「就活ノート」として目に見える形で残しておけば、学習内容の振り返りが容易になり、本選考に挑む前のやる気の維持にも繋がりやすくなります。 会社説明会の情報のまとめ方ですが、紙で管理するか、PCやスマホのアプリを使用しデジタルで管理するかに手段が分かれます。 学習内容や感じたこと以外でも、会社説明会の日程や興味のある企業の基本情報、参加して印象に残った内容や企業担当者の言葉も書いておくといいでしょう。

 

 

まず、紙で管理する方法としては、リングファイルがおススメです。仕入れた情報はルーズリーフに記入していき、パンフレット等の会社説明会での配布物は1つのクリアポケットファイルに入れ、ルーズリーフとクリアポケットファイルをニコイチで管理していくのがいいでしょう。実際その企業を受けに行く際は、必要分の資料を小分けにして持ち運べ場いいので、就活バックの中もスッキリです。

 

 

就活を始めるにあたり、PCを購入する就活生も多いと思います。それを機に、PCで情報を管理していく事も覚えてみてはいかがでしょうか。使用するソフトウェアは、Excelがおススメです。ソフト内には、セルと呼ばれるマスがあるので、そのセルを項目として活用し、企業名やその他の情報を記入し、自身で行う企業研究なども後々追記していくとなおいいでしょう。 また、パンフレットなどの会社説明会での配布物は、ページごとにスマホで文字が読み取れる状態で写真を撮り、その写真を同じExcel内に保存していくと、自宅で紙の資料もかさばらずいいでしょう。社会に出る前に、Excelの使い方も少し学ぶことになると思うので、その後のことを考えてもおススメできます。

 

 

 

会社説明会に参加した後の情報のまとめ方をご紹介してきましたが、まとめた情報は後の就活対策でも見返すことになるので、自己分析や企業研究をより深めるための大事な資料だと考えて作成しましょう。 また、数多くの企業情報や説明会で学んだ・感じたことを書き記したとしても、情報をまとめる作業だけで満足してはいけません。 具体的なデータを作成した就活ノートにまとめておけば、その後の就活準備や就活対策で活用することができるでしょう。

 

OBOG訪問の機会を設けたとして、そこで相手から企業の内情や各人の働き方など、かつての会社説明会よりも深い部分をうかがい知ることができれば、「過去に自分が抱いていた企業や業界のイメージに間違いがないか?」を照らし合わせやすくなるでしょうし、ほかの企業との比較も容易になります。

 

ただ、乱雑に情報を書きなぐっているだけだと見づらさで読み返しが難しくなりますし、重要な情報を見失ってしまう恐れがあります。 なので、会社説明会をはじめ就活イベントで知りたい・知った情報を効率よくまとめるには、まとめ方をテンプレート化しておくといいでしょう。 「イベントの記録」「スケジュール」「質疑応答の内容」など、項目で分けておくことで、情報の掘り下げが簡単に行えますよ。 メモ帳程度ではなく就活ノートにまとめた情報を客観的に分析できれば、志望動機や自己PRを考えるときにも効果を発揮するはずです。

 

=合わせて読みたい『会社説明会』に関連する記事=

就活のプロが教えます!会社説明会で収集すべき情報とは|Smart就活

 

就活を開始して、多くの就活生が会社説明会に参加することになるでしょうが、「友人やほかの就活生が行っているから」という考えで参加しないようにしてくださいね。 そうなると、会社説明会に行っても情報を掘り下げにくくなりますし、貴重な時間を無駄に使ってしまうだけです。 就活における会社説明会への参加は義務ではありません。しかし、企業研究の精度を高めるために挑む気があるならば、目的を持たずに参加したり、「会社説明会に行った」という事実に満足しないように。また、方々からの有益な情報を忘れないために、情報をまとめて今後の就活で活かせるようにしましょう。次回は、就職情報サイトに掲載されない会社説明会を紹介します。