2019.03.15

インフラエンジニアになりたい!新卒、転職別の志望動機の書き方

この先、インフラエンジニアの将来性が高いことは、ご存知でしょうか?

将来、AIの普及が定番化し、システム等を管理する技術者が消えてしまうことを懸念されています。
そんな中でAIでは対応しきれない、コミュニケーションや細かな業務を行うのに必要とされるのがインフラエンジニアです。

また、従来のWebだけではなくクラウド(インターネットなどのネットワーク経由でユーザーにサービスを提供する形態)関連のニーズが急速に高まっていることも理由の1つに含まれてます。

これからインフラエンジニアになりたい就活生に向けて志望動機の書き方をお伝えしますが、技術的な面に不安を感じている方も多いかと思います。

「エンジニアって何を勉強すればいいの?」「難しそう…」など感じてしまうものです。そこでおすすめしたいのが、LESALTO(リザルト)のプログラミング学習サービスです!

LESALTOでは「プログラミングは初めて」という学生でも気軽に学習をスタートできるように充実のカリキュラムをご用意しています。
専属の講師による学習サポートを受けられますので、安心してプログラミングスキルを手に入れることができます!
登録・受講料はすべて無料となっていますので費用の心配もいりません!
少しでも気になった方はぜひトライしてみてください!!

学生無料登録ページ:https://lesalto.jp/bulkentry

 

 

 

数ある職業の中から、「インフラエンジニアを志望した理由」を書きましょう。

インフラエンジニアの業務を理解することも大事ですが、志望企業が主にどういった活動や企業理念なのかを知ることも、入社後のミスマッチを防ぐポイントにもなります。

 

また、「この企業は、どうしてインフラエンジニアが必要なのだろうか。」「自分の経験をインフラエンジニアになったら、どう活かすか」という所に着目すると、志望動機が書きやすくなります。 過去の様々な経験や、職務経験から実績やスキルを分析し、インフラエンジニアとして、この経験やスキルを糧にしていくか考えてみましょう。この部分は、仮に採用となった際に入社後の具体的な働き方を伝えるためです。

 

また、自分がインフラエンジニアになったビジョンなども想像してみるのもいいでしょう。

 

 

インフラエンジニアは「経験不問」と未経験者を歓迎していることが多いです。 ですが、いくら未経験といって、興味もなければ知識も持っていないような人を採用するわけにはいきません。

日頃から、趣味でパソコンを使用している人や、プログラミングやアプリを勉強していた人、ITに関して、少しでも関心があり積極的に学ぶ姿勢であることが前提です。 就職前に少しでも勉強をするならば、書店で入門編のテキストを購入し、コンピュータの言語やプログラミング、データベース、セキュリティなど最低限の知識を身につけておくようにしましょう。

さらに、インフラエンジニアのITに特化したエンジニアをめざすのであれば、ネットワークやサーバーに関する勉強も必須です。 IT関係の知識を身につけておくことで、未経験でも採用されやすくなることがあります。

 

 

業界研究も、志望動機を考えるのに効果的です。業界研究は、企業研究とは異なり、その企業を取り巻く環境を広い視点で調査することです。業界とは会社が何をしているのかを大きく分類するときに使用される言葉です。 企業の事業や特徴を研究するだけでなく、業界自体の動きを研究することで自分が就きたい職種の全体像が見えてきます。

もちろん企業研究をするだけでも、企業独自の事業や方針を把握できるようになり、企業に対する知識が貯畜され、企業理解が深まります。業界も研究することで、業界全体の取り組みや傾向も見えてきますし、同業他社のそれぞれの企業の魅力もより深く比較でき、業界の具体的な特色を把握することができます。

 

 

 

 

インフラエンジニアを始めとしたIT業界を目指される人の半数は、コンピュータに関して学べる専門学校や理工学部などの理系がある学校へ進学して勉強をしてから就職をしています。 IT業界の技術職という専門性の高い職業であるだけに、基本的な知識とスキルが身についているほうが圧倒的に即戦力として採用されやすいのは大きいでしょう。

 

しかし、未経験者が挑戦できない業界なのかというとそうではありません。大手企業を中心に、研修制度が整っている企業では、高卒の学歴の人や文系の大学出身者、あるいは、他業種からの転職者を歓迎していることもあります。 その場合ですと、最初は契約社員としての雇用であったり見習い期間は給料が低かったりするケースはあります。

徹底した教育を受けることで、数年かけて一人前になることができます。 インフラエンジニアに興味があるのであれば、未経験者でも積極的に挑戦してみるとよいでしょう。

 

 
元々パソコンに興味がありました。プログラミングにも興味があり、基本情報処理技術者の取得も考えていましたが、社会全体を支えるインフラエンジニアの職業を知れば知るほど、その偉大さに気がつきインフラ開発を専門で手掛ける、御社にインフラエンジニアとして就職を希望致しました。
 
また、御社の手がけたインフラはどれも大規模なもので、この様なスケールの大きい仕事に自分も携わりたいと希望しています。 設計も手がけたいですが、まだ若輩者で覚えなければならないことは沢山有ると思うのですが、何事にも誇りと責任をもって臨んでいきたいです。
 

新卒者の場合、自分のこれまでの経験を掘り下げて、自分がこの会社に入った場合このような場面で活躍が出来るということを自信を持って伝えることが大切です。 また、部活動や趣味やアルバイトの経験などを織り交ぜながら書くと説得力が増すでしょう。新卒者の場合もなるべく具体的に志望動機は書くようにしましょう。

 

 

 

 

例えば、前職が事務であれば書類整理や文章作成の管理ができるというのも強みですし、外注計算なども、やっていたのであればそれもアピールポイントになります。 部下が居たなら、部下への仕事の割り振りや進捗管理の経験なども、アピールポイントです。 他にも探せば、沢山ありますので今までの自分の仕事内容を振り返ってみましょう。 全く職種が違っていてもその中での自分のポジションや成果、実績をアピールすることが大切です。

 

 
前職は事務職をしておりました。技術的な知識はあまり求められない仕事でしたが、今後のキャリアを考えると非常に不安に感じ、長期に渡って技術者として職に就きたいと考え、数ある求人から御社に注目しました。 御社は教育制度が充実しており、資格取得による昇給も可能という点に興味が湧きました。 また、インフラはITが消滅しない限り必要なので将来性も高いと考えインフラエンジニア職を希望しました。 前職では窓口業務や接客業務も行っており、そこで得たコミュニケーション能力を活かして御社に貢献できればと考えております。将来は案件を手掛けるプロジェクトマネージャーになれればと考えています。
 
 

そのITの基盤を支えるインフラエンジニアは、あらゆるサービスがIT化されつつある現代において非常に重要な役割を担うことでしょう。クラウド化が進むことでインフラエンジニアの需要は落ちず、どんどん高まりを見せていくことになります。将来を考えた際にインフラエンジニアは「キャリアアップ」も視野に入ってくる職種の一つです。様々なポイントに注目する必要がありますが、インフラエンジニアの場合は「上流」「マルチ」のポイントに意識することが大切になります。

 

ITの世界は常に変遷が激しく、さらに進化を続けるため状況に合わせて仕事をしなければなりません。なので、多様化するITとクライアントの要望に応えられるようにスキルを高めていかなければなりません。不景気になったとしても、インフラエンジニアは活躍する場がこの先もあるため、就職に強いでしょう。 そのため、インフラエンジニアに興味を持って就職を検討してみるのも良さそうです。