適職診断

 
せっかくの飲食店でのアルバイト経験。就活に活かしたいと考える新卒就活生も多いのではないでしょうか。飲食店と一言で言ってもジャンルは多岐に渡ります。また、それぞれ特徴があり、得られるスキルも実に様々です。今回は飲食店のアルバイトにはどの様な種類があり、どの様な業務を行っているのかを解説。合わせて、飲食店のアルバイト経験を自己PRに活かす例文もご紹介していきましょう。
 

LINE友達追加

 

Smart就活に無料登録する

 

自己PR無料相談実施中

 

飲食店のアルバイトとは?

 

まずは飲食店のアルバイトにはどの様な種類があり、どの様な業務を行っているのかをご紹介して行きます。自分が経験したアルバイトについて今一度確認して行きましょう。

 

■居酒屋/バー/パブ
アルコール類や、料理を提供する飲食店です。酒の量り売りをしていた酒屋が飲食を提供する様になった事が始まりと言われ、歴史は江戸時代までさかのぼります。
ホール…注文を取ったり、料理を運んだりするのが主な仕事になります。居酒屋の最大の特徴は、対応する相手が酔っているという事です。
キッチン…ドリンクや料理を作ります。休日前のピーク時には、調理スピードなども求められるでしょう。

 

■カフェ/喫茶店
日本のカフェ/喫茶店の発祥は、明治21年に「コーヒーを飲みながら知識を吸収し、文化交流する場」として開業した「可否茶館」が始まりです。戦後には音楽喫茶が流行るなど、時代の移り変わりと共に変化しています。
ホール…ホールでの接客だけでなく、簡単なドリンクを作る場合もあります。飲食店の中でも、おしゃれなイメージから人気のあるアルバイトです。
キッチン…調理や盛り付け、洗い物などが主な仕事内容です。コーヒーに関する知識を深め、バリスタの資格取得を目指す事も可能です。

Smart就活に無料登録する

 

■ファミレス
ファミリーレストランという名称からも分かる様に、ファミリー層向けのレストランです。はっきりとした定義がある訳ではありませんが、低価格で量も満足出来るのが特徴となります。昭和46年、福岡県北九州市に「ロイヤルホスト」1号店がオープンした事が始まりです。
ホール…幅広い客層がファミレスの特徴ですので、老若男女問わず接客スキルが身に付きます。
キッチン…ファミレスは安いからと言って、レトルトなどを温めるなど出来合いの料理を想像する人もいますがそうとは限りません。近年ではどこの企業もこだわった料理を提供しています。

 

■レストラン
日本では明治後期以降に西洋料理が普及したのが始まりです。元々は西洋料理のお店を指す言葉でしたが、従来からある食堂より高級なイメージがあり、現在では中華レストラン・和風レストランなどという表現も定着しています。多くは個人経営やホテル内経営になります。
ホール…飲食店の中でも、レストランはお客へのおもてなしが必要となります。食事を楽しんで頂くサポートを行うのです。時には料理やお酒の説明が必要となり、幅広い知識を身に付ける事が出来るでしょう。
キッチン…他の飲食店に比べて、本格的な料理の知識やスキルが必要となります。

Smart就活に無料登録する

 

■デリバリー
出前とも言い、食事の配達の事を言います。
キッチン…注文の電話対応や調理が主な仕事です。
配達…原付バイクを使って配達をする為、運転免許が必要となります。季節や天候に関係なく、体力も必要となります。時間指定もある為、時間に遅れずに届ける事が重要です。

 

■ファーストフード
短時間で、注文から提供まで行うのが特徴です。あまり知られていませんが、ハンバーガーだけでなく、牛丼や回転寿司もファーストフード店に分類されます。ホールとキッチンを兼任する場合も多く、また注文から調理まで正確さとスピードが求められます。

 

飲食店のアルバイト経験を自己PR

 

では次に飲食店で得られるスキルを、自己PRに活かす方法を例文でご紹介して行きましょう。

 

■要領の良さ
私の強みは、要領が良いということです。大学1年から始めた飲食店でのアルバイト経験から学ぶ事が出来ました。いかに効率よくご満足頂けるサービスを提供するかを考え、お客様のドリンクの空き具合や料理提供までの時間、またキッチンの状況を確認し上手く連携を取れる様意識して行動した結果、アルバイトリーダーを任せて頂けるまでになりました。多くの作業を把握しながら並行してこなす為に、優先順位をつけて1つ1つ確実に進めて行く事が要領の良さに繋がると考えています。

Smart就活に無料登録する

 

■臨機応変
私の強みは、何事にも臨機応変に対応をする事です。私がアルバイトをしていたファミリーレストランは老若男女、多くのお客様がいらっしゃいます。ある日ご家族でいらっしゃったお客様で、お子様がぐずり大泣きしてしまった事がありました。すでに注文が終わり料理を待っている状況でしたので、何か出来る事はないかと考え、たまたま持っていたシールをお子様にあげた所とても喜び笑顔になってくれました。帰り際に「ありがとう。」と言って頂けた事が今でも忘れられません。人に合わせた対応を取れる柔軟性は仕事をしていく上でも、活かしていきたいです
 

内定への近道

まとめ

いかがでしたでしょうか? 飲食店で得たスキルは、就活の自己PRで十分に活かすことが可能です。具体的なエピソードや、周りから評価された事があれば入れ込むことで、より伝わりやすい内容となるでしょう。また最後には、希望する職種に合わせてどう活かしていけるのかも付け加えることで、就職後を想像してもらえる内容にまとまり、より良いものに仕上がります。まずは飲食店でのアルバイト経験で得た、自分の強みを見つけ出し存分にアピールしていきましょう。
 

もし、アルバイト経験で得た経験を就活でどう活かしたらよいか分からないという方は、『Smart就活の就活エージェントサービス(無料)』 を活用してみましょう!Smart就活のエージェントサービスを活用すれば、就活のプロである就活エージェントが自己PR作成の方法を習得できるようにサポートしますので、あなたが経験したことを就活でどのように活かせばよいのか必ず見えてきます。
せっかくの経験を100%就活で活かすためにも、『Smart就活の就活エージェントサービス(無料)』 をぜひ活用してくださいね!

 

LINE友達追加

 

 

■「アルバイト経験」に関連した記事一覧