適職診断

 
就活中の書類選考と面接、どちらも答えるであろう「自分の特技」。実際訊かれたところで、ほとんどの就活生が「特技なし」という答えにたどり着くのは容易と言えるでしょう。しかしながら、本当に「特技なし」と答えて、すぐに終わらせて良いのでしょうか。今回は、特技の有無が就活でどう影響するのか、また、特技を見つけられない場合、どうすればいいか、その対処法についご紹介いたします。

Smart就活に無料登録する

 

LINE友達追加

 

面接対策無料実施中

 

就活で特技がないと不利になる?

 

まず、「特技がない場合に不利になるのかどうか」についてですが、結論から言うと「不利になりやすい」です。ではなぜ、不利になりやすいのか、まずは、企業が特技を質問する理由を知るところから始めてみましょう。

 

企業がなぜ、就活生に対して特技を訊くのか、さまざまありますが主な目的としては「特技が職場で活きるか」と、「アイスブレイク」の2点です。

 

特技は言い換えれば「自分の強み」です。自分の強みが活かせるのは、もちろん仕事でも活躍できることを意味しますから、企業が特技を活かせるような人材を欲しいと思うのは普通ですよね。

 

そこで、初対面の就活生を少しでも知るには、面接の限られた時間と質問の中から知る必要があるため、特技がどんなものなのかを質問しています。また、自分の強みを理解することで、自分がどんな企業にマッチしているかを知るきっかけにもなります。

Smart就活に無料登録する

 

続いて、アイスブレイクというのは、会話の冒頭にとっつきやすい話を入れ、その場の緊張感をほぐすために行う手法のことです。面接というのは、誰もが一定以上緊張するもので、人によっては頭が真っ白になりスムーズに答えが出てこないという方がいます。緊張のあまり、普段通りの答えが聞けないようでは、就職後ミスマッチが目立つなどの原因になりかねません。それを防ぐために、面接で相手の好きなこと、得意なことを聞くことで、少しでも話しやすい雰囲気を作り、就活生の素の人柄や性格を知ろうとしています。

 

その点も含め、特技を質問するには何かしら理由があり、答えるほどの価値があります。
ときおり、「面接はお見合いのようなもの」と言われますが、自分の魅力を目いっぱい伝える場所で「私は強みがありません」と答えてしまったら、少なくとも好印象にはならないことは明らかです。以上のことから、「特技なし」という答え方は、不利になりやすいことが分かるかと思います。

 

ですが、不利になりやすいからと言って、すぐに特技が思い浮かぶなら苦労はしませんよね。そこで、次は特技が思いつかない対処法について、ご紹介いたします。

 

特技が思いつかない時の3つの対処法

 

ここでは、特技を上手く見つけられない方に向けた対処法を、3つご紹介いたします。ぜひ試してみてくださいね。

 

■過去の経験・頑張り振り返る
アルバイトや学校生活において、辛くても頑張れたことなどはありませんか?例えば飲食店のアルバイト、深夜の勤務がきつくても接客が好きで続けられたという場合、コミュニケーションや話し(聞き)上手が特技になるかもしれません。他にも、学校では例え勉強が苦手だったとしても、サークルを頑張れたのであれば、そのサークル活動の中で、自分の得意なことがあるはずです。自己分析で最も効率の良い方法は、過去を振り返って自分を客観的に見ることです。

 

■周囲に聞く(褒められたことなど)
自己分析のやり方がどうしても分からない、難しいという方は、自己分析の逆である「他己分析」をおすすめします。「自己分析では過去を振り返って客観的に自分を見る」とお伝えしましたが、他己分析というのは他人の主観(=客観)で自身のことを分析してもらうことです。他己分析として、知り合いや家族に自分の長所や強みを聞いてみましょう。信頼できる人なら必ず素直に答えてくれるはずですし、自己分析よりも明確な答えがすぐに返ってきます。また、意外な回答に新しい発見があるかもしれませんよ。

Smart就活に無料登録する

 

■好きなこと・趣味】
皆さんは趣味や、好きでやっている習慣などはありますか?「好きこそものの上手なれ」という、ことわざがあるように、趣味でやっているからこそ費やした時間が長く、得意なものがあるはずです。好きで続けてきたことなら、それは立派な特技です。それが、お料理や掃除、読書など、”誰でもできる”、”誰からも褒められることがない”と思われるものでも構いません。企業が特技を訊く本来の目的を知らずに、自慢話に終わることが一番危険です。

 

ES対策無料実施中

まとめ

いかがでしたでしたか?特技一つで合否が左右されることはありませんが、少なくとも、「特技なし」と答えるのは、魅力を伝えようとしない「志望度の低さ」が目立ってしまいますので、十分注意しましょう。本稿を通して、特技の有無の重要性が少しでも伝わり、自身の特技発見のきっかけになれば幸いです。
就活で必ずと言っていいほど聞かれる特技に何を書いたらよいか困ってしまう人もいるはずです。
 

そんな時は『Smart就活の就活エージェントサービス(無料)』を活用してみませんか?
 
Smart就活の就活エージェントは、就活で企業から聞かれる質問事項へのベストな回答方法を就活生と一緒に考えて、就活生の魅力が企業側にしっかり伝わるようにサポートしてくれます。「どのように答えるか」だけでなく、「どのように答えれば企業に伝わるか」という点まで掘り下げてアドバイスしますので、充実した内容に仕上げることができますよ。
 
『Smart就活の就活エージェントサービス(無料)』へ是非ご登録ください!

 

LINE友達追加

 

 

■「特技」に関連した記事一覧