適職診断

 
「さぁ就活を始めよう!」と思ったときに、まず就活で取り組むべきこと、それは自己分析です。
「なぜ就活で自己分析をしなくてはいけないの?」「就活の自己分析って何をすればいいの?」など、就活生のみなさんの中には就活の自己分析に対する疑問が出てくるかもしれません。
そこで今回の記事では、就活で自己分析がなぜ必要となるのか、また就活内定者が「やって良かった!」と感じている自己分析の方法をご紹介します。

Smart就活に無料登録する
 
 

LINE友達追加

 

自己PR無料相談実施中

 

 

就活で自己分析はなぜ大切なのか

 

就活でなぜ自己分析が大切なのか、それは「面接と営業は似ている」という点に答えがあります。
これだけではピンとこない就活生もいると思います。私はこの言葉を就活中に某大手企業の採用担当者に言われました。
営業はお客さんに商品を買ってもらえるように、その商品のいいところ、場合によっては悪いところを説明します。したがって、営業マンは商品の全てを知っている必要があります。
就活では、自分が商品となって企業に自分を売り込む必要があります。
 

Smart就活に無料登録する
 

そうなると、就活では自己分析をして、自分のことを十分に理解し、面接官に説明できなくてはなりません。お客さん(企業)にとって商品(自分)の長所・短所を理解した上で説明して、自分を売り込む必要があります。
そのため、就活では自分のことをまず知り、面接官に説明できるようにする必要があります。就活では自己分析が重要となるのにはこのような理由があります。

 

「就活で自分を説明できるように自己分析をする」、「過去の自分を振り返るといっても具体的に何をすればいいのかイマイチ分からない」という就活生に、就活内定者が「実際にやって良かった!」という方法をこれからお伝えしていきます。

 

就活の自己分析でこれが役に立った

 

①小学生~現在までの経験を深掘りして自分を知る
小学生・中学生・大学生のそれぞれの段階で、学業や部活、家族、友人との対人関係、学内での活動、学外での活動、アルバイトなどから自分を振り返ってみてください。その中で楽しかったこと、やりがいを感じた経験に関しては、

 

・「どのようなやりがいや達成感を感じたのか」
・「なぜ、そのように感じたのか」
・「なぜ、それを始めようと思ったのか」
・「問題に対してどのように対処したのか」

 

など、1つの経験に対して、それぞれ掘り下げて整理してみましょう。

 

たとえば、やりがいを感じた経験が「文化祭で露店を出したこと」だとすれば、「なぜ、露店を出した経験でやりがいを感じたのか?(仲間と一緒に露店を出すための課題を乗り越えたからなのか、露店を出すために綿密な計画を立てたことが功を奏したからなのかなど)」、「露店を出すにあたっての課題をどのように解決したのか?(直面した課題に対し、解決のために自分はどのような働きをしたのかなど)」、成功経験に対して、「なぜ」と問いかけていく工程を5回ほど行うと、より充実した自己分析を行うことができます。就活での自己分析では深掘りがポイントになります。私自身もこの自己分析を徹底的に行ったことで、厳しい面接の場面でも通過することができました。

Smart就活に無料登録する
 

また、深掘りした経験の中で、共通事項があれば、頭に入れておくとよいでしょう。
たとえば、「高校でデザインコンテストに参加し、綿密に計画を立てたことが功を奏し、優秀賞を受賞した」、「大学では、サークルの発表会のため、事前に何度もシミュレーションをした結果、成功することができた」という経験があれば、『計画を立てて実行することができる人』、という強みを就活でアピールできます。
実際に、就活の面接で自己分析を踏まえた自分の強みを話すと、その強みが表れているエピソードを2個以上求められる場合があります。

 

自分の過去の経験を深掘りしていくと、自分の味わった嫌な経験とも向き合うことになります。こちらも嫌な経験で共通事項があれば、それが自分の短所であるとも考えられます。
自分の短所を知ることができたら、「その短所の克服のために実行していることは何か」も必ず考えるようにしましょう。就活の面接で聞かれることは多かったですよ。

Smart就活に無料登録する
 

②他者から自分を評定してもらう
自分だけで自分自身を振り返り、自己分析をしていくのは限界があります。そんな時は、両親や兄弟、友人、先輩、後輩、先生などに「私ってどんな人ですか?」、「私の長所と短所を教えてください」と聞いてみるのもアリです。きっと新しい発見や、今まで気に留めていなかったエピソードを話してくれると思います。様々なコミュニティの人に話を聞くことで、自分がそれぞれのコミュニティでどのような役割を果たしていたのかも分かります。

 

長々と書いてしまいましたが、そうは言ってもイマイチよく分からない!という人は本を使ってワークシートを進めることで自己分析を行いましょう。
 

就活の自己分析でおすすめの参考書をご紹介

 

就活の自己分析を行うにあたっておすすめしたい参考書、それは『絶対内定』ダイアモンド社です。
この参考書は、就活における自己分析の方法を知ることができる他、「どんな人が内定を勝ち取っているか」、「どんな人がデキる社会人なのか」というコラムも掲載されているため、就活のモチベーションも上げることができます。私自身は、就活が終わっても大切にしたいと思える1冊でした。
気になる就活生はぜひ読んでみてください!

 

まとめ

今回は、就活での自己分析の意味と方法についてお伝えしました。「就活での面接は会社へ自分を営業すること」といっても、どんな就活生を求めているのかは会社によって異なります。つまり、それぞれの会社によって自分のアピールポイントが変わってくるはずです。しかし、就活で行う自己分析を丁寧に深掘りしていくことで、どのような企業にも柔軟に自分のことをアピールすることができるようになります。
ぜひ、就活では応募する企業のことだけでなく、自分自身のことをよく理解したうえで面接に臨んでくださいね。
 

もし、自己分析のやり方がいまいち理解できなかったり、就活そのものに疑問が生じているなら『Smart就活の就活エージェントサービス(無料)』を使ってみてはいかがでしょう?
 
担当する就活エージェントが就活準備を丁寧に手伝ってくれますし、本選考対策も徹底サポートしてくれます。さらに、自分とマッチ度の高い企業も面談で紹介してくれるので、内定獲得に近づきたい方はぜひ使っておきましょう。電話やLINEでもやり取りできるので、遠方に住む就活生でも気軽に活用できますよ!

 

LINE友達追加

 

 

■「内定」に関連した記事一覧