適職診断

 
新卒就活生であれば誰でも求める内定。新卒入社して長期的に働きたいと考えている企業の内定を掴むために、毎年数えきれない人数の就活生が毎日のように就活の準備や選考の対策に取り組んでいます。しかし、就活における内定獲得は運任せのギャンブルではありません。新卒入社を狙ってきちんとした戦略を立てて臨まなければ、いつまで経っても内定を掴むことは叶いません。
就活には模範解答はなくとも、選考突破の確率を上げるためのコツはたしかに存在するのです。
ただ、それをよく理解していない新卒就活生は周囲の雰囲気に流されたり、やみくもに企業にエントリーをかけたりしてしまいがちです。
そこで、今回は新卒就活生に向けて内定獲得のコツについてお話ししていきます。
 

LINE友達追加

 

内定への近道

 

就活で面倒に感じてしまうポイント

 

就活はやらなければならないことが山積みです。就活を始めたばかりなら自己理解を深める作業を進めつつ目ぼしい企業について情報を集めてみたり、開催予定の就活イベントを学校やWEBなどを通じて知り、参加して知り得た内容をメモに起こしたりなど、多くの作業を経験して新卒就活生は内定を掴むことができるわけです。しかし、どれも就活において大切な作業だと分かっているけれど、簡単に進めるものは決して少なくないため、どうしても面倒に感じてしまうがち。
ここでは、新卒就活生が面倒だとネガティブに考えやすい就活のポイントについて、「会社説明会への参加」「就活スケジュールの管理と調整」「自己分析などの就活準備」と、3つに分けて解説していきましょう。

 

■①会社説明会への参加
新卒就活生の多くが体験することになる会社説明会。参加することでその後の企業研究や業界研究でも参考になるような情報を得られる貴重な機会ですが、この会社説明会への参加を面倒だと感じる新卒就活生も多いようです。
いちいち会場まで足を運ばなくてはならない、説明会によっては事前に予約をする必要がある、何時間も説明のために拘束されるなど、面倒に感じやすいポイントが多いのも特徴的。さらに、社員の説明を聞く手前、失礼のないように身だしなみにも気をつけなければならないため、新卒就活生であっても“気軽に参加”というわけにいきません。
また、新卒就活生の中には企業HPに記載されている沿革から事業内容といった情報だけで満足し、「わざわざ説明会に行って聞くほどじゃない」と考えている人もいるようです。

Smart就活に無料登録する

 

■②就活スケジュールの管理と調整
就活だけでなく、学校生活やアルバイトを含む細々としたスケジュールを管理し調整していかなければならないのも面倒な部分。
特に3月に就活が解禁されると、会社説明会やセミナー、OBOG訪問も行っていくことになるので、時間配分をしっかり考えておかないと後々でダブルブッキングや体調不良などの問題が起こってしまいます。
ですが、今までの学生生活でも事細かく週間・月間の予定を組んだ経験のない人からすれば、就活のスケジュール管理は慣れるのに時間がかかるうえに、手間がかかるものです。
実際、就活スケジュールを短い期間で詰め込みすぎて体力が持たなくなったり、最初に入れた予定に気づかず同じ日の同じ時間に別の予定を組んでしまったなんて話も聞きます。こういった面から、就活のスケジュールについてネガティブに感じる新卒就活生も多いようです。

 

■③自己分析などの就活準備
就活準備を進めるうえで必要不可欠な自己分析は、自身の性格や価値観から企業選びの軸を探り、相性のいい企業を見つけ出すときに必要な作業です。また、本選考に向けて独自性に富んだアピール内容を考える際にも活用します。
ただ、これは過去の印象的な出来事を振り返り、各エピソードごとに感じた・学んだことを明確にする作業なので、新卒就活生によっては1週間~1ヶ月かける場合もあります。
昔のことを鮮明に思い出すだけでも難しいのに、情報の掘り下げで時間と手間がかかってしまうのも、新卒就活生が面倒に感じやすいポイントといえるでしょう。

 

自己PR無料相談実施中

雑に就活をすることで生まれるリスク

 

前述で紹介したように、就活の準備期間の時点で面倒になるポイントがあるわけですが、だからといって就活を雑に行っていけば、本選考や新卒入社以降で後悔することになりますよ。
なぜ就活を雑に、適当な感じで進めていくと後悔するのか? 単純に「本選考で意欲や熱意をアピールしづらくなる」「ミスマッチな企業で働く羽目になる」の2点が問題として浮上するからです。

 

■①本選考で意欲や熱意をアピールしづらくなる
就活を開始して企業から内定をもらえる期間は新卒就活生によって異なりますが、内定をもらえる新卒就活生は誰もが真剣に努力して結果を勝ち取っています。自分の持つイメージだけに囚われず、目的意識を持って就活イベントに参加して、数多くの社会人から直接「働くことの意味」「働くことで得られたやりがい」を聞き、体系的に知り得た情報を自分なりに解釈する。そして、じっくり時間を使って行った自己分析の結果から「本当にやりたい仕事」「将来的になりたい人物像」を描き出し、そこから条件に合った企業を選択しているわけです。

 

こうした工程を真面目に踏んでいれば志望先の企業や業務に対し、やる気を言葉と姿勢でアピールしやすくなりますが、ただ雑にこなして中途半端に就活準備を終わらせた新卒就活生だと、情報不足ゆえにやりたいことが不明瞭だったり、どう活躍していきたいかを本選考で語りづらくなってしまいます。
そうなれば、企業も「本当に自社に対して熱をもって応募したのか?」「活躍できる姿が想像できない」と、新卒就活生の姿勢や発言に疑いの気持ちが生まれてしまい、結果、内定を獲得することも難しくなるでしょう。

Smart就活に無料登録する

 

■②企業とのミスマッチ
よしんば内定を獲得できたとしても、就活を雑に進めたことで新卒入社後に困ることになるのが、企業とのミスマッチが発覚するケース。
新卒就活生が早期退職する理由の一つに「内定先とのミスマッチ」がよく浮上しますが、まさに就活を雑に行ったり研究不足なのに妥協した結果が“相性の不一致”として結果に表れているのです。
会社説明会で社員が語った内容や企業HPの内容のみを参考にしたり、「人気企業だから」と特にこだわりを持たず企業選びを行ったことで、入社前と入社後のギャップの大きさに耐え切れず辞めてしまった新卒も少なくありません。

 

その中身としては、「就活時では温厚な社員ばかりだと思っていたけど、新卒入社してからはすぐに態度を変える人が多かった」「研修の内容が不十分だし、新卒として任された仕事も就活のときに聞いた話と違った」など、会社風土や社員の価値観、業務内容の認識違いなどが挙げられます。
こうした状況に陥ってしまうのも、「内定が出ればどこでもいいかな」と就活に真剣に向き合わず取り組んでしまったのが原因と考えられるでしょう。

 

業界研究無料相談実施中

効率的に内定を掴むためのコツとは?

 

ここから先は、リスクを回避して、内定を獲得するためのコツについて紹介しますが、内定を掴むためのコツは「就活準備は早めに進めておく」「他者に相談してみる」「何度も練習して選考対策の苦手意識を無くす」の3つになります。

 

■①就活準備は早めに進めておく
年内に内定を獲得するためには準備段階で時間を多く使うのがコツです。そのため3年生の春から、または3年生の冬の時期(年明け前後)から進めておくと安心できるでしょう。
先ほどもお話しした通り、就活準備の冒頭部分にあたる自己分析は内容の掘り下げに時間がかかってしまうだけでなく、より正確な情報を得るために他者を交えて客観的な意見を取り入れた「他己分析」も必要になります。その工程が就活が本格化する3月前後になってしまうと、各就活イベントの参加も相まって時間的に余裕を持ちづらくなるので、できれば就活を意識し始める3年生の時点で完了しておくといいでしょう。
また、業界研究や企業研究の参考になるインターンも3年生の夏頃からスタートするため、就活準備は早めに済ませておくに越したことはありません。

 

■②他者に相談してみる
就活は自分の将来を決める行事なだけに、何から何まで自分だけで決めてしまう新卒就活生も見られます。しかし、就活での不安や疑問を自分だけで抱え込むと、働くことの意味ややりがいを理解できなかったり、自分の性格や価値観に沿った企業選びができなくなる可能性も出てきます。
そこで、もしも「就活がツラい、やりたくない」と考えたり、何を指標に掲げて仕事を探せばいいのか見失ってしまった場合は、遠慮なく周囲の大人・先輩社会人に相談するようにしましょう。
自分より年上で長く社会人生活を経験している人たちの意見を聞くことで、選考を突破するコツ、自分の魅力を再発見できるきっかけが掴めるかもしれません。

Smart就活に無料登録する

 

■③何度も練習して選考対策の苦手意識を無くす
就活は学生時代とは打って変わって、日々新しいことの挑戦が待っています。アルバイトのときとは違う履歴書の書き方やESの登場、面接選考に向けた身だしなみや言葉遣いの矯正など、慣れないことの連続です。
そのため、就活での本選考に苦手意識を持つ新卒就活生もいらっしゃいますが、「慣れないことだからこそ何度も練習する」というのが内定獲得のコツになります。
綺麗に見えるように自宅で何枚も書類を丁寧に書いたり、書き上げた自信のある書類を大人に添削してもらって指摘された箇所を直したり、さらに面接の受け答えがスムーズになるように滑り止め企業を何社も受けてコミュニケーションスキルを磨くなど、自信がない部分を空いた時間を使って少しでも克服する作業が、内定へと大きく前進できるコツになるのです。
 

面接対策無料実施中

まとめ

いかがでしたか? 今回ご紹介した内定獲得のコツがみなさんの就活に大きく役立てば幸いです。
就活は非常に骨の折れる作業の連続であり、どの事柄も一朝一夕で解決できるわけではないため、面倒に思って下手気に妥協したり雑に済ませてしまう気持ちは理解できます。
しかし、就活中に「適当でも別にいいか」と甘く考えていても、それが面接でのアピール時、新卒入社後の仕事、職場の人間関係で悪影響を及ぼす場合も大いにあるので、本稿のコツを参考にして前向きな気持ちで就活を頑張ってみてくださいね!

 

「どうしても自分だけでは内定獲得が難しい」「いまいち就活の進め方が分からない」とお悩みなら、『Smart就活の就活エージェントサービス(無料)』を活用してみてはいかがでしょう?
Smart就活が誇る経験豊富な就活エージェントが、新卒就活生一人ひとりのペースに合わせて的確なアドバイスをくれるだけでなく、企業紹介や選考対策にも協力してくれるので、内定獲得の確率が大幅アップ! 対面での相談はもちろんですが、忙しい方には電話やWEB・LINEでも面談対応をしてくれるので安心です。

 

LINE友達追加