新卒就活生は「内定を獲得する」という目的を果たすために、さまざまな作業に取り組まなければなりません。自己理解を深めつつ参加するべきイベントには積極的に足を運び、何となくで企業を選ばないために気になる企業や業界のことは念入りに研究するなど、新卒入社までの道のりは険しいものです。しかし、何の目的意識も作業計画も持たずにがむしゃらに取り組んでいては、何から始めて何をするべきなのかを見失ってしまう可能性があり、ダラダラした姿勢で就活に向き合いかねません。

そこで新卒就活生におすすめしたいのが、やることリストの作成です。就活のやることを明らかにすることで、効率良く就活を進められるようになります。

今回は、やることリストの作成について解説していきましょう。

 

Smart就活に無料登録する

 

 

 

 

・就活は計画を立てて進めるべき行事

 

企業に対して新卒就活生が本気度や就労意欲の高さを伝えるには、じっくり相手の情報を集めて分析し、自分の気持ちや将来設計を言語化することが必要不可欠。要するに「計画性を持つ」ことが新卒就活生には求められるのですが、これは本選考だけでなく就活全般で共通します。新卒の就活はただでさえやることが多く、何も計画を持たず勢いで進めようとしても、労力に見合う成果が得られにくくなるでしょう。

Smart就活に無料登録する

やることを明確にするも大切ですが、就活ではスケジュール管理の大変さも加わってきます。やることがハッキリしていないにもかかわらず就活していては、イベントに参加して欲しい情報が入手しづらくなる、時間配分を間違えて重要な予定をダブルブッキングしてしまうなどのトラブルを生む可能性も考えられるのです。それだけでなく、やみくもに目の前の事柄に取り組んで体力が続かなくなる恐れも無きにしもあらず。つまり、新卒就活生が就活準備や本選考の対策を効率的に進めていくには、きちんと計画を立てて、それにもとづいた行動を取る必要があるといえます。

そこで新卒就活生のみなさんにお伝えしたいのが、就活における「やることリスト」の作成です。

本格的に就活に着手していく前に、あらかじめ自分が何をするべきかをリストアップ形式でまとめ、順序立てて就活を進めることが肝心なのです。もちろんこれは新卒就活生に限らず、新卒入社して社会人として働き出した後でも有効な考え方であり、最初に目標を立てて達成までの道のりを考えて動くことで、自然とやることが可視化されます。そうなれば時間を有意義に活用できるだけでなく、気持ちにも余裕が生まれてポジティブに物事に向き合えるようになるでしょう。

やることリストを作成しておけば、膨大な情報が整理されて新卒就活生はスムーズに就活準備に取り組めるようになること請け負いです。
 

・やることリストを作成しておこう

 

就活のやることリストのまとめ方は使いやすいものであれば何でも構いません。就活用に用意したノート、officeソフト(WordやExcel)など、情報を簡単に見直しができるものならやることリストの形は自由です。とはいえ、やることリストを作成するにしても「そもそも就活では最初に何をするのかが分からない」と考える新卒就活生もいることでしょう。

たしかに、就活における“セオリー”を把握していなければ行動の指標を立てるに立てられませんね。

まずは、やることリストを埋めるための情報収集を始めてください。すでに就活を始めている就活仲間や社会人生活を送っている先輩、学校の機関の一つである就職課の職員にアドバイスをうかがうなど、就活に関するノウハウを得ましょう。そこから、現在から卒業までのタイムスケジュールを引き、「〇月までに自己分析を終わらせる」「〇月の〇日までは就活イベントに割いて、同月〇日からはESを書く」などの予定を立てていくのです。感覚的にはカレンダーの予定表と同じですね。

Smart就活に無料登録する

とはいえ、新卒就活生は約1年ほどの期間を丸々就活に使えるわけではありません。まだ学生という立場であり、新卒就活生によってはアルバイトで生活費を稼がなければならない場合もあります。なので、やることリストを作成する際は予定が被らないように気をつけるだけでなく、物事の優先順位を明確にしておきましょう。シフトに入っている日に面接選考の予定がある、単位を取るべきなのに就活の予定を多く組んでしまった、なんてことにならないようにしてください。

 

■頭の中にやることを留めるだけでは危険

「自己分析はどこまで掘り下げればいいか」「会社説明会で社員に何を聞き出すべきか」など、やることが見えてくれば就活準備にも積極性が生まれます。やることリストでは、新卒就活生が無理のないようにスケジュールを調整し、時期ごとに就活でやることを着実に解消していくことが目的となるので、就活が解禁した後で焦って予定を詰め込み過ぎる心配を減らせるのです。
また、一つひとつの事柄を乗り越えて最終的にどうなりたいかが明確になっていれば、周囲の反応や声に惑わされて企業を極端に絞ってしまうこともなくなるでしょう。
しかし、わざわざ筆記や入力で就活のやることをリストアップするのが面倒だからと、頭の中で覚えておくだけでは意味がありません。

 

漠然とした感覚で「アレをやらなきゃ、コレを書いておかなきゃ」と考えていても、忙しい日々を送っていれば、新卒就活生はやることが頭から抜けてしまい、自己分析や企業研究が先延ばしになる可能性も考えられます。就活準備はどの作業も一日や二日程度で完了するものではないですし、会社説明会をはじめとする就活イベントも開催の期間が設けられていますので、新卒就活生は忘れないようにやることリストで情報をまとめて焦らず行動しましょう。

 

・やることリストは新卒就活生のやる気につながる

 

やることリストに就活で必要な物や活動内容、就活で叶えたい目的を記載しておけば、新卒就活生としてのやる気や自信につながります。

新卒採用を賭けた一大行事である就活はやることが多くて気持ちが“中だるみ”しやすいものです。しかし、予定を立てて自身の計画にもとづいて行動し、リストにある内容が一つひとつ消化されていくのを見ると、「新卒就活生らしく確実に進歩している」と実感できるでしょう。

Smart就活に無料登録する

内定獲得のために意欲を発揮していた新卒就活生であっても、失敗が続いて自信がなくなってしまったり、自己理解や企業情報をどのくらい深掘りすればいいか分からなくなって、就活へのモチベーションが下がってしまう姿も珍しくありません。ですが、やることリストで新卒入社後の将来的な目標や興味のある企業像を立てておけば、ツラい場面に直面したり作業進捗が滞っても、やることリストを見直すことで当初抱いていた熱意を取り戻しやすくなるはずです。新卒就活生が最後まで諦めず長期に及ぶ就活を乗り越えるには、何よりもやる気の有無がカギとなっていきます。

新卒入社を目指すなら、どんな企業でどういった働き方がしたいのかも書いておきましょう。
 

・まとめ

今回の記事では、新卒就活生に向けてやることリストの紹介を行ってきました。就活はやることがとにかく多いので疲れてやる気を失ってしまったり、就活が本格化した後でも目標設定をせずダラダラと進める新卒就活生も散見します。

しかし、就活は時間が限られているだけでなく、企業選びを誤ってしまえば新卒入社してから仕事や人間関係で後悔してしまうことも大いにあるので、自分の進みたい道を見失わないためにも就活用にやることリストを作成しておくことをおすすめします。

 

「なかなか思うように就活が進まないなぁ」とお悩みの新卒就活生には、『Smart就活の就活エージェントサービス(無料)』を活用してみましょう。
 
Smart就活が誇るプロの就活エージェントに協力してもらえば、自己分析や企業研究といった情報収集がはかどるだけでなく、自分の性格や価値観などの特性にマッチする企業も紹介してくれます。新卒就活生が本来自分で行うべき書類や面接の対策もマンツーマンで手伝ってくれるので、内定獲得に大きく前進できるでしょう!
 
Smart就活のサービスをどれだけ利用しても完全無料。電話やLINE・WEBでも対応可能です。興味のある新卒就活生は今のうちにSmart就活へ登録してみてくださいね!