突然ですが、「ネット使用禁止」の就活になったとしたら、就活生のみなさんは就活を乗り切ることが出来ますか? おそらく「何をどうしたらいいのか分からない」「どうやって情報を得たらいいのか分からない」と、混乱することでしょう。今やネットは、就活にとって必要不可欠なものとなっています。しかし、便利な物だからこそ気を付けるべきこともあります。そこで今回は、就活にネットを活用するメリット・デメリットを解説。合わせて、ネットを上手く利用する為の活用術もご紹介していきます!

Smart就活に無料登録する

 

 

就活はネットで進めるのが当たり前?

 

ひと昔前までは、自宅のパソコンを使ってネットを見ていた時代でした。しかし、スマートフォンの普及により、誰でも場所を選ばずネットを使用出来る時代へと大きく変化したのはここ10年程の話。ネットの使用が当たり前となった今、就活でもネットを使って進めることが当然となっています。しかし、ネットを使用して就活を進めることはメリットだけではなく、デメリットも存在する事を知っておかなければなりません。
まずここでは就活にネットを活用する、メリット・デメリットをそれぞれご紹介していきましょう。

 

■メリット

・場所を選ばない
スマートフォンでのネット検索、Wi-Fiを利用すればパソコンも場所を選ばなくなりました。自宅で行き詰まった時は、気分転換にカフェで、友達と学内で情報収集することも可能です。
また地方の就活生が首都圏に就職を希望した場合、Uターン・Iターンを考えている就活生にとっては、現地まで足を運ばなくても情報を得られることは大きなメリットとなるでしょう。

 

・簡単に情報を得られる

ネットでは多くの情報を、簡単に無料で手に入れられます。情報は常に更新される為、最新の情報がすぐに手に入ることもネットならではの特徴です。またネットであれば時間帯も選びません。ふと疑問に思った時、ちょっとした手すきの時間に、いつでもどこでも手軽に検索出来るのは、最大のメリットと言えるでしょう。

 

・ネガティブ情報も得られる

就活ではインターンや企業説明会など、実際に企業と接する機会があります。但し、企業側は採用予定人数を確保する為、どうしてもいい面ばかりをアピールしがちです。就活ではただ内定を貰えればいい訳ではなく、出来れば長く働ける会社と出会いたいものですよね。その為には、いい面・悪い面をしっかりと確認しておく必要があるでしょう。
そこで参考になるのがネットの口コミです。過去に働いていた人のリアルな声を聞くことが出来ます。企業にとってはマイナスになる情報でも、就活生にとってはメリットとなる情報と言えるでしょう。

Smart就活に無料登録する

 

■デメリット

・情報の信頼性が定かではない

ネット上では、誰でも情報発信が可能となります。そこで問題となるのが、情報の信頼性です。企業ホームページなど確かな情報の他に、悪意のあるものや、間違った情報、根拠のない噂なども多くあるのがネットの怖い所でもあります。全てが事実ではない為、見極めが必要になるでしょう。

 

・情報の漏洩

情報漏洩の問題は、ニュースで耳にしたことがあるのではないでしょうか。就活でいえば、就活情報サイトに登録した個人情報が、漏洩する危険性も無いとは言い切れません。どの企業も情報漏洩することにメリットは無い為、様々な対策をとっています。しかし、悪意のあるサイバー攻撃やハッキングなどで漏洩する可能性があるのはネットの大きなデメリットと言えるでしょう。

 

ネット活用術! 収集すべき就活情報とは?

 

就活でネットを使用することはデメリット以上のメリットがあると言えます。上手く活用することでスムーズに就活を進めていきましょう。では収集すべき情報と合わせて、ネットの活用術をご紹介していきます。

 

■活用術①:公式なもの

「業界研究」「企業研究」を行う際は、企業が運用しているホームページを確認しましょう。基本情報や企業理念・経営方針などの情報から、企業によっては今後の事業計画などを確認することが出来ます。
また近年ではSNSを運用している企業が増加傾向です。公式マークの付いたアカウントを参考にしましょう。活動内容や社内イベントの様子など、通常では得られない社内の雰囲気が分かります。

Smart就活に無料登録する

 

■活用術②:参考程度に

「選考対策」を行う際、就活情報サイトを利用する就活生が多いと思います。志望動機の考え方や面接の質問対策など、参考になる情報ばかりです。しかし、ただコピペをすることは止めましょう。そもそも、志望動機や面接での質問内容に正解はありません。ネットに書いてあるマニュアル通りに答えたとしても、いい結果になるとは限らないのです。また、いくら自分のこととして語っても、深掘りされたら必ずバレることになります。あくまでも参考程度に考え、自分なりの就活を心掛けましょう。

 

■活用術③:マナーの確認

上記と同様に「選考対策」として必要となるのがマナーです。就活ではあらゆる場面でマナーが求められます。書類の書き方や証明写真の撮り方、企業とのやり取りや言葉遣い・身だしなみなど、数えたら切りがありません。しかし、これらにはある程度正解があります。就活でのマナーは、社会人になる前に身に付けておきたいものばかりですので、ネット情報を参考にしていきましょう。

まとめ

今や人々の生活に定着したネットは、メリット・デメリットを理解して初めて駆使することが出来ると言えます。使い方さえ間違えなければとても便利なものと言えますので、ぜひ上記の活用術を参考に就活に活かしていきましょう。
しかし、ネット情報だけで就活することはお勧め出来ません。実際にインターンや説明会に参加したり、希望企業の店舗や商品を見に行ったりなどすることでしか得られない情報も沢山ありますので、自分で考え行動していきましょう!

 

 

■「ニュース」に関連した記事一覧