Smart就活に無料登録する

 

重機の発展から見えるコマツの明るい未来

東京都港区赤坂に本社を置き、創業90年以上の歴史を誇る小松製作所(以下:コマツ)。

 

主に建設機械・産業機械の開発と販売を行っていますが、活躍の舞台は日本国内だけでなく、アジアをはじめ、アメリカ、欧州、中近東など世界各国にも生産・販売の拠点を置いています。

 

国内売上高・シェアに関しても、建設機械を扱う数多の企業を抜いてランキング1位(2017年~2018年)の座に輝く実績を持っていることから、まさに土地開発と産業発展の要となる存在だと言えます。

Smart就活に無料登録する

 

以下では、そんなコマツが新卒採用向けに打ち出したメッセージムービーに目を向けていきます。

 

 

「たった38秒!? さすがに短くない?」と思うかもしれません。しかし、コマツが世界の産業を支えるうえで何を強く意識しているのかを掴むには十分なボリュームだと、視聴前と後で認識が変わることでしょう。

 

まず動画を開いたときに真っ先に浮かび上がるのが、「GENBAからイノベーションを」というシンプルなメッセージ。
言うまでもありませんが“GENBA”とは“現場”を指しており、あえて漢字で表現しないことで、国内産業に留まらず、国境や人種の垣根を越えて、グローバルな技術革新の可能性をコマツは秘めているんだと受け取ることができます。

 

 

その後はコマツ主要商品である油圧ショベルやブルドーザー、ホイールローダーといった代表的な建設・鉱山機械が運用されている様子、そして外国人労働者が部品開発、データ測定に取り組んでいる光景が見受けられます。

 

実際、コマツでは所属している社員のうち、外国人社員がなんと60%以上を占めているのです。
国内メーカーでありながら、こうして世界的な事業展開を行ってさまざまな国の土地建設の現場を支えているわけですから、映像を観ているだけでも誇らしい気持ちになりますね。

 

また、動画本編では女性社員が現場に足を運び、笑顔で重機の操作をしていることからも、「建設=男が活躍」というイメージが覆されます。

 

 

来年には東京オリンピックが控えており、会場の整備や開発を目にして建設への興味が湧いたという就活生も多いことでしょう。
今回の動画をきっかけに、ぜひコマツのもとで建設重機の生産開発の奥深さを味わってみてはいかがですか?

 

今回ご紹介したコマツの会社紹介動画から、次のようなワードを志望動機の中で使用してみてはいかがでしょうか。採用担当者の共感を得られるでしょう。

 

・世界の現場で新しい価値を生み出せる存在になる
・「品質」と「信頼性」を大切に、お客様にとって欠かせない
・国境や人種を超えた技術革新に携わっていく