Smart就活に無料登録する

 

成功には失敗がつきもの。挑戦者を応援する京セラの風土に注目

京都府京都市に本社を置く京セラ株式会社(以下:京セラ)は、国内最大級の大手電子機器メーカーであり、私達の生活に欠かせないスマートフォンや自動車といった製品開発に関わる事業を展開しています。

 

半世紀前に誕生したブラウン管テレビの部品を開発したのを機に、今日に至るまでさまざまな産業に貢献している京セラ。情報通信、自動車関連、環境エネルギー、医療ヘルスケアの分野で欠かせない存在なわけですが、就活生にとって気になるのは社員の働き方ですよね?
本稿では、京セラを志望する就活生向けの動画を紹介していきましょう。

Smart就活に無料登録する

 

エレクトロニクス産業だけでなく、多方面の産業で半導体・高精密セラミック技術(ファインセラミックス)を提供する京セラ。スマートフォン・タブレットといったマルチデバイスの製造で名前を見かけることが多いですが、電子機器のみならず、情報機器、メガソーラー・太陽電池、医療用ディスプレイや電気メスといった医療用機器など、多くの分野で技術の進歩と発展に努めています。

 

また、京セラは環境保護支援の取り組みが顕著なドイツで表彰されるほど地球環境問題に熱心であり、自動車の部品開発に至っても、排ガスを減らすパッケージの製造を行ったり、一般家庭に販売される太陽光発電システムの運用に力を注ぐなど、省エネ・温暖化対策を強く意識したエネルギーマネジメント施策も特徴的。
健康的で豊かな生活を実現するために、京セラはグローバルな環境への配慮も重要視しているのです。

 

さて、そんな京セラで働く社員達は、一体どういうスタンスをもって業務にあたっているのでしょう? 以下では、京セラの文化・社風が垣間見える座談会形式の動画をご紹介します。

 

 

こちらの動画では、物流事業部、海外営業部、メディカル営業部と業務が異なる3名の京セラ社員が、自身の仕事への向き合い方をはじめ、京セラで働いていることで感じる会社風土について語っています。

 

冒頭でそれぞれが自己紹介と共に、携わる業務がどんな流れで行われているのか、どういった目的意識を持っているかを話していますが、3名の仕事内容に違いはあれど、各人が企業利益のためだけではなく、常に自社の製品を待ち望んでいるお客さんの満足度を追求することを第一に考えていることが分かりますね。

 

 

本編開始からわずか2分弱の間で、社員の方がいかに与えられた仕事に責任を持ち、そして地域社会やお客さんへの奉仕精神を大事にしているかが、表情を見るだけで伝わってくるはずです。

 

また、職場環境に関する話題では「〇〇の職種だから〇〇の繋がりだけ」というわけではなく、誰もが役職や立場に関係なく、縦と横の関係性を重んじているのが分かります。

 

仕事で困ったことがあれば、部署の垣根を越えて助け合ったり、業務外でも部活などの交流で社員の親睦を深めるなど、携わる分野が異なっていても同じゴールを見据える同志として互いを思いやっているわけですね。

 

 

そして、京セラでは常に挑戦する人を応援する気持ちに重きを置いており、たとえ失敗してしまっても、一生懸命チャレンジして結果を追い求めた人ならば、過程も含めてきちんと評価してくれます。

 

自分の仕事に誇りを持ち、ひたむきに努力すれば誰であっても正当な評価を下してくれるというのは、気持ち良く働くうえで欠かせない要素です。

 

就活生の皆さんも、グローバルな取り組みに尽力しつつも、きちんと社員の気持ちまで配慮してくれる京セラのもとで、最先端の技術を学びつつ豊かな社会の実現に貢献してみませんか?

 

今回ご紹介した京セラ株式会社の新卒採用「スペシャルムービー」から、次のようなワードを志望動機の中で使用してみてはいかがでしょうか。採用担当者の共感を得られるでしょう。

 

・失敗しても挑戦する気持ちを忘れずに
・結果を求めて最後までやり切る
・仕事に誇りをもって、ひたむきに努力する
・同じゴールを見据える仲間を思いやる