Smart就活に無料登録する

テクノロジーを活かし、理想的な未来を描け! 富士通で働く意味とは

 

国内最大級のITベンダーとして名高い富士通株式会社。ICTやサーバーといったITサービスで首位に輝く実績を持ちながら、金融・製造・医療といった分野においても最先端技術を応用したソリューションを提供することでも知られており、情報化社会の発展とデータ活用分野を牽引する存在といえるでしょう。

 

そんな富士通ですが、当社の採用フォームにて新卒に向けた“挑戦的”なリクルーティング・ムービーを打ち出しています。
一体どんなメッセージが込められているのか? 本稿でその内容を掘り下げていきましょう。

Smart就活に無料登録する

 

ITサービス提供企業として国内売上トップに君臨する富士通。近年ではビッグデータ解析をはじめ、モノとインターネットが繋がるIoT、AI技術の運用、そして世界の投資家から注目を集める仮想通過の取引データを管理する際に必要なブロックチェーンなど、ITやICTサービスの展開速度が爆発的に伸びており、大手、中小、ベンチャー企業に至ってもテクノロジーの進歩に伴い、業種の在り方や働き方への見直しも行われてきております。

 

エレクトロニクス・メーカーである富士通は、そんな目まぐるしいスピードで躍進するビジネス革新を最先端のコンピュータープラットフォームでサポートし、モノと人を結び、よりスマートな社会の実現に全力を注いでいるのです。

 

 

『ジブンの色を、つらぬけ。』と、シンプルながら力強さを感じさせるコンセプトを掲げる本編。

 

わずか1分弱の動画にもかかわらず、スタイリッシュな動画のテイストにバックで流れる心を揺さぶるミュージック、そして「我々が不可能を可能にする」と言わんばかりの未来への展望。
これだけでもIT技術の応用が世界をより良いものにするのだと改めて実感できますし、何よりもリスクを恐れず情熱をもって仕事をすることへの、富士通の“野心”が見て取れるでしょう。

Smart就活に無料登録する
 

「交通渋滞をなくす」、「教育環境の格差をなくす」、「災害による死者をなくす」、「不治の病を克服する」、「働きやすい世の中をつくる」、「食料問題から世界を救う」、「持続可能な産業を生み出す」。
これらが本編で挙げられている課題の数々ですが、今まで解決を促すのが困難であり、誰もが諦観していたであろう問題をあえて取り上げているのが印象的ですね。

 

「解決できたらいいな」ではなく、「今もっている技術を遺憾なく発揮して、将来的に必ず改善へと導き、国内外で名を轟かすんだ」と、観ている者に富士通のチャレンジ精神を訴えかけているようにも感じられます。

 

そして、それを可能にしていくのは他でもない新卒社員。
技術の進化が止まらなくても、それをポジティブにどう活用していくかは、若者らしい新鮮な価値観、未来を自らの手で生み出していくことへの熱い想いに掛かっているわけです。

 

この動画は“企業の特性を大いに利用して、まだ見ぬ将来を築き、明るい未来に紡ぐ面白さ”が秘められているだけでなく、「IT、ICT、AIに特別詳しくなくても構わない、テクノロジーでどう社会に貢献していくのか?」という、新卒へ向けた問いかけが隠されているように思えてなりません。

 

今回ご紹介した富士通のリクルーティング・ムービーから、次のようなワードを志望動機の中で使用してみてはいかがでしょうか。採用担当者の共感を得られるでしょう。

 

・リスクを恐れずに情熱をもって仕事をする
・不可能だと思われるようなことでも可能へと導いていく
・自分の手で未来を生み出しいていく