「志望する企業から内定をもらいたい!」そう思って念入りに就活対策をしていても、志望する企業とご縁を持つことができないこともあります。その時、もし他に志望する企業のことを全く考えていなかった場合、一から企業探しをすることになります。周りの就活生が内定をもらい始めている中で、自分だけない内定の状態になってしまうという事態も起こってしまうかもしれません。ない内定状態にならないようにするために、おすすめしたいのが“就活エージェント”です。今回は、ない内定から就活エージェントを活用して、無事に内定を勝ちとったエピソードをご紹介します。

Smart就活に無料登録する

 

 

内定をまだもらえていない状況

 

私は昔からパソコンやゲーム、プログラムにハマっていて、将来の夢はプログラマーになることでした。就活が始まった時も志望する企業は2社ありましたが、どちらもIT業界で有名な企業でした。

 

もちろん、他の中小企業も調べてはみましたが、やっぱり自分の条件に合う企業はその2社しかないと感じたため、他の企業については深掘りをせずに、自分のこだわる2社どちらかから内定をもらえるように資格取得に向けた勉強や選考対策に励みました。資格も取得することができ、アピールポイントも作れました。

Smart就活に無料登録する

 

また、志望している2社どちらの一次、二次選考も突破し、最終面接までいくことができました。就職したい気持ちや熱意、自分のアピールできることを全て伝えて、手応えが感じられました。「この2社に集中して就活してきて良かった」最終面接が終わってから心でそう思っていました。

 

ところがです。結果として2社とも不採用。「あの手応えは何だったのか…」その時は悔しさでいっぱいになりました。そして、悔しい気持ちが落ち着いてから待っていたいのは、「次に受ける企業どうしよう」という課題でした。

 

企業を探しても見つからないし自信を無くしてきた

 

IT業界の2社しか考えずに就活をしていた私は、2社とも不採用になったことで、一から企業探しをしなければいけなくなりました。
就活ができる残り期間を考えても、応募できる企業はまだあると信じて、自分の条件を広げてIT業界の企業を見ていきましたが、今人気のIT業界では、ほとんどの企業で採用活動を終了していたのです。

Smart就活に無料登録する

 

自分の条件を広げて企業を探していても、あまり評判が芳しくない企業ばかりで、思っていた以上に就活が長引くことになりました。周りの就活生は既に内定を何社からももらっていて、自分はない内定状態。
どんどん自信を無くしてきて就活に対するモチベーションも下がっていきました。

 

そんな時、一足先に就活を終えていた同じゼミに所属している友人から、就活エージェントサービスについて紹介してもらいました。

 

就活エージェントとの出会い

 

友人の話を聞いてみると、複数社内定をもらっている中で就活エージェントを利用して内定をもらった企業に就職することを決めていたようなのです。自分が志望する企業からも内定をもらっていたとのことですが、一番自分に合っていると感じたらしく、就活エージェントはとりあえずの感覚で利用してみた方がいいと紹介してくれました。

 

自分も志望する企業にこだわった経験がある手前、もしかしたら自分の気づかない企業があるのかもと思って、就活エージェントを利用してみることにしました。就活エージェントに登録してからは、就活状況などについて電話でやり取りをしていましたが、一度会って面談をしてみることにしました。

 

これまでの就活状況を電話で伝えていたこともあり、面談の時には、今でも採用活動を続けているIT企業を何社も紹介してくれました。その中の多くが自分では見つけることができなかった企業です。

Smart就活に無料登録する

 

もちろん、紹介された企業すべてが自分の条件に合っていたわけではありませんが、気になる企業は何社かありました。選考を受ける企業が決まってからも就活エージェントの方は、応募先の企業との日程調整や履歴書・ESの添削をはじめ、内定を獲得するために必要となるサポートをしてくれました。

 

就活エージェントとの選考対策を通じて、当初志望していたIT業界2社が最終面接を通過できなかった原因も気づくことができました。友人は、就活エージェントは就活のプロなんて言っていて、最初はバカにした感じで聞いていましたが、実際に利用した経験をすると、本当に就活のプロだなと思います。就活のプロだから内定にもコミットできる、私は就活エージェントのサポートを受けながら無事に内定を獲得して、ない内定状態から抜け出すことができました。

エージェントがアドバイスをくれた

 

内定をもらってからも就活エージェントとのやり取りは続きました。入社までフォローしてくれたのです。「最近、調子はどう?」一緒に就活を歩んでくれた仲間とも呼べる就活エージェントから連絡がくるのが楽しみになっていました。ちょっとした出来事でもちゃんと話を聞いてくれて、コメントしてくれていました。就活エージェントは、就活を成功させるためにリードしてくれるイメージがあるかもしれませんが、そんなことはなく就活生のペースに合わせてくれます。私が経験した就活での失敗経験についても耳を傾けて、それを踏まえて就活対策をしてくれたので、とにかく就活生の気持ちを第一に考えて提案をしてくれます。私にとって就活スタート時のIT業界有名2社の最終選考までいった経験よりも、就活エージェントと就活ができたことの方が一番の思い出です。