Smart就活に無料登録する

【新卒採用向け】大林組の会社紹介動画の解説

120年以上もの長い歴史を誇る老舗の大手総合建設会社「大林組」。
国内最大級のゼネコンであり、大規模建築やインフラ建設・整備が事業として印象的ですが、恒久的な安心安全で豊かな暮らしを実現していくために、環境への配慮も忘れないエコロジーに根ざした企業としても知られています。
本稿では、大林組が送る新卒採用向けの会社紹介動画についてお話ししていきす。

 

1892年(明治25年)に創業した株式会社大林組は、「時をつくる こころで創る」をポリシーに掲げる一大総合建設会社。

 

マンションや商業施設、学校などといった建築物を提供する「建築事業」が最大の強みではあるのですが、総合建設を柱としているため、他にも「土木事業」「開発事業」、そして再生エネルギーの拡充(自然の力を使った発電システム)や、太陽光を利用した農業ビジネスの展開などに携わる「新領域事業」など、土地の開発・整備だけではなく新事業にも積極的に参入する企業としても知られています。

Smart就活に無料登録する

 

また、就活生の多くは巷に溢れるさまざまな建造物に、そこまで大きな関心がないのが正直な気持ちでしょう。
普段、当たり前のように利用している施設などを、どこの会社が生み出したのかなんて知る機会がそうそうないですものね。

 

ですが、大林組は各都道府県のランドマークとして知られる建築物に大きく関わっており、東京のシンボルである東京スカイツリー、東京駅、六本木ヒルズ、JR新宿ミライナタワーはもちろん、日本万国博覧会のテーマ館も建設した実績があります。

 

つまり一世紀前から現在にかけて、大林組は日本の近代化と経済の発展に密接に関係している企業なのです。

 

 

動画本編にも取り上げられていますが、当社では「三箴(さんしん)」を企業の行動規範の下地としています。

 

“箴”とは「いましめる」という意味を持つ言葉であり、人の心を“さして”注意する様が該当しますが、大林組では「良く」、「廉(やす)く」、「速い」の3つをモノづくりの精神としているのです。

 

数ヶ月~数年ほどの年月をかけて数百~千人規模の作業員が一つの巨大な建造物を造る世界では、常に“危険”が伴うもの。
自分の仕事に油断や慢心をしたり、他者と協調して動かなければ、作業が滞って完成が遅れるだけでなく、ミスによって誰かが命を落とすかもしれません。

 

そんなリスクがつきものの事業を行っているわけですから、三箴という3つの心得を肝に銘じて誰もが責任をもって働いているのです。

 

そのおかげで鉄道や高速道路にトンネルといった交通環境の開発、ダムや橋梁の設計や河川の整備などで社会インフラが満足に保たれているだけでなく、学校、病院、商業施設など私たちの生活に必要不可欠な建物を不自由なく利用することができています。

 

そして、一度建てた建造物はきちんと管理すれば何十年も“生き続ける”もの。
また、駅舎やオフィスといったどんな建物であろうと、時代と共に開発に活かす技術や人々のニーズは多様化・進化するものなので、一つとして同じものがないだけでなく、何年にもわたって多くの人間に利用される建造物を仲間と共に一から造ることができるのです。

 

Smart就活に無料登録する
 

 

こうして話すと、まるで時代の成長を支えているようで実にロマンがあるように思えませんか?

 

建設業に興味のある新卒就活生のみなさんは、120余年の年月によって培われた信頼と実績を誇る株式会社大林組のもとで、ぜひ建築の喜びを味わってみてくださいね。

 

今回ご紹介した大林組の会社紹介動画から、次のようなワードを志望動機の中で使用してみてはいかがでしょうか。採用担当者の共感を得られるでしょう。

 

・確固とした技術と信頼によってモノを形にしていく
・創業120余年変わらない三箴というものづくりの精神を基本に
・人の手によって叶えられるものづくりを誠実に丁寧に
・人の心と時代を動かすものづくりに携わる