Smart就活に無料登録する

歩く・走るに喜びを! 靴を通じて幸せに寄与するチヨダの想い

東京都杉並区に本社を置き、全国的に数々のブランドを展開している株式会社チヨダ。
「靴」という私たちの生活に必要不可欠なアイテムを高品質かつ低価格で提供する当社は、創業から80年以上経過している老舗企業であり、波乱万丈な歴史に揉まれながらも近代化していく時代に伴って、多くの履き心地抜群な商品を送り出してきました。

 

就活生である皆さんの中にも、説明会や選考で履いている革靴をチヨダ・ブランドから吟味して購入した人もいるのではないでしょうか?
今回は、チヨダが新卒採用に向けて発信している動画について見ていきましょう。

 

 

「東京靴流通センター」や「シュープラザ」、「靴チヨダ」などの靴をメインとする量販店を展開中の株式会社チヨダは、昭和11年(1936年)の東京都杉並区高円寺にて産声を上げました。

 

「チヨダ靴店」という名称でスタートを切り、営業を開始して12年後に株式会社として法人化。
以来、本社を置く東京都の人口が1000万人を記録し、アメリカではアポロ11号が月面着陸、国内初となる万博会の開催、オイルショックにオリンピックなどなど、激動の時代を目の当たりにしながら各地で順調に店舗を設置し、今では全国で1037店もの店舗を出店しています。

 

主な事業内容は紳士靴・婦人靴・スニーカーといったナショナルブランドの販売ですが、チヨダは「ハイドロテック」、「セダークレスト」、「バイオフィッター」と呼ばれる3つのプライベートブランドも確立。

 

まだオリジナルとしての歴史は浅いですが、チヨダの自社ブランドに対するこだわりは並々ならぬものがあり、ユーザーの声一つひとつを無駄なく吸収し、全ての人に満足されるための高機能性を持った商品を多数生み出しているのです。

Smart就活に無料登録する

 

“靴を履くだけ”にしても、生活シーンや年齢に使用者のアクティブさ、各地の気候など、たとえ靴でも使う場面やユーザーの嗜好などで発揮できるポテンシャルは変わっていきます。

 

滑る・浸水による健康への影響を考慮した機能性は言うまでもありませんが、子供用ならばコンパクトながらデザイン性や運動性にも妥協はできませんし、営業などで動き回るビジネスマンであれば、汚れを落としやすいものであり足に負担のかかりづらい性質が求められるでしょう。

 

さまざまな場面を想定してニーズに沿った快適かつ安全安心な靴を提供する。
それが、チヨダのモノづくりにかける熱き想いであり、老若男女問わず愛され続けてきた理由です。

 

株式会社チヨダではどんな新卒を求めているのか? そして現役の社員がどういう意欲をもって働いているのかなどを解説する本編。
舞台はシュープラザ吉祥寺店で、登場する人物たちは入社から20年以上経っているベテランや数年目の新人、販売だけでなく営業を主とするバイヤーなど、各自でキャリアや役割は異なっています。

 

“靴の専門店”で働く以上、誰もがファッション性や実用性で靴に魅了された者たちであり、誰よりも靴へのこだわりが強いのは間違いないでしょう。

Smart就活に無料登録する

 

ただ、誰しもに共通しているのが、靴への情熱だけで仕事をしているわけではなく、関わる人とのコミュニケーションを尊重し、楽しんでいるという点。
お客さんだけでなく、実際に店舗で働く先輩社員や後輩と交流し、同じ靴好きである彼らの人柄に惚れているからこそ、今でも自分の仕事に誇りを持つことができるわけですね。

 

あと20年あまりで創業100年目を迎える株式会社チヨダ。
これから入社する新卒の方々は、一世紀にわたって地域社会に貢献してきた企業の記念すべき節目に立ち会えるわけですが、「長い歴史を重んじつつ、100年以降も変化を受け入れてともに成長していきたい!」と考える靴好きの就活生は、ぜひチヨダのもとに“足を運んで”みませんか?

 

今回ご紹介した株式会社チヨダのリクルートムービーから、次のようなワードを志望動機の中で使用してみてはいかがでしょうか。採用担当者の共感を得られるでしょう。

 

・関わる人とのコミュニケーションを大切にしたい
・長い歴史の中でも変化を生み出していきたい
・楽しく仕事をしてお客様に必要とされる会社
・自分の大切な人と接するように親切丁寧に