男性就活生の皆さんは、就活準備をするにあたって、身だしなみについて考えたことがあるはずです。
身だしなみと言えば就活、ビジネスシーンに適した綺麗なスーツ、清潔感がありまとまった髪形などを思い浮かべるかもしれません。ですが、足元、つまり靴も身だしなみの一つとしてよく考えて準備をしなければなりません。
その理由については後述しますが、本稿では靴の選び方や男性就活生が読んで嬉しい、靴を取り扱っているオススメのお店、ブランドなどをご紹介していきたいと思います。

 

「就活準備装備編|就活で購入する靴に関する豆知識(女性編)」こちら

Smart就活に無料登録する

 

 

就活の身だしなみは足元も忘れずに!

 

冒頭で少し触れましたが、就活での身だしなみを準備するに当たって、スーツや髪形など、目に映りやすいものほど注意する必要があるのは確かですが、見落としがちな靴なども、注意が必要です。

 

「革靴ならなんでもいいんじゃない?」と感じる方も多いかもしれませんが、今や革靴一つとってもブランドやメーカーによって機能性、履き心地などは大きく変わります。

Smart就活に無料登録する

 

特に就活というのは、各企業の説明会やインターンシップ、慣れない土地での面接というのは当然のように経験するでしょう。そこで、履き心地が良くない靴で気にしながら歩いたり、歩きづらくて脚が疲れてしまっては、次回の就活を集中的に臨むのは難しくなってしまいます。

 

ですが、スーツにスニーカーやサンダルなんてもちろんNGですから、慣れない革靴を履かなければいけません。
「でも今までデザイン重視で靴を買ってきたから、選び方は分からない」と悩む方も多いはず。
そこで、次に、革靴を選ぶときのポイントや基準についてご紹介していきたいと思います。

 

就活用の靴選びのポイント

 

ここでは男性就活生のための、革靴の靴選びのポイントについてご紹介していきたいと思います。

 

■デザイン・色

身だしなみというだけあって、見た目(デザイン)は大切です。
靴選びに迷ったら「無地の黒色のストレートチップ」を選ぶと間違いないです。
まず、スーツでは黒の無地が無難ということは言われていますが、靴も同じように、黒色の無地が無難でしょう。次にデザインですが、紳士靴やビジネスシーンで履く靴はつま先のデザインが2通りあり、つま先部分に縫い目のある「ストレートチップ」と、縫い目のない「プレーントゥ」というものがあり、基本的にはどちらを選んでも就活用として使うことができます。

 

つま先のデザインとして他にあるもので、小さな穴が施されている「メダリオン」と呼ばれるデザインがあります。メダリオンはパーティ向けの靴ですので、就活シーンではNGです。
また、男性の場合は靴の紐が有りか無しかで迷うと思うかもしれませんが、結び目などの見た目が気になったり、着脱の度に紐を結び直すのが面倒だという方は、紐が無い方が楽です。

Smart就活に無料登録する
 

■履き心地・歩きやすさ

身だしなみをメインに選び方などをご紹介していますが、就活中に歩き続ける就活生は、履き心地や歩きやすさといった、最低限の機能性も見て買う方が良いでしょう。

 

例えば革靴の場合は、靴底も革製の物が多く、普段からスニーカーなど柔らかい素材を使った靴を履き慣れている人にとっては靴底が硬くて歩きづらいと感じると思いますが、革靴の中には靴底が「ラバー」つまり、ゴム製でできたものがあります。クッション性があるので革製よりも歩きやすく、雨にも強いので滑りづらいというメリットがあります。

 

また、歩きやすさを選んでいく上で、靴のサイズは最も重要です。
今までの靴選びではゆとりある選び方でスニーカーなどを履いてきたかもしれませんが、就活靴ではゆとりサイズのものよりも、フィット感を重視して選ぶ方が良いです。ゆとりがあると見た目だけでなく、歩く時にパカパカと音が鳴ったり、走ったり、ちょっとつまづいた拍子に脱げてしまうこともあるので、危険です。

 

以上の2点が靴選びのポイントとしてご紹介しましたが、靴を買ったからと言って準備完了というわけではありません。メンテナンスをして清潔感を保つことが大切です。

 

就活用靴のメンテナンス方法

 

上記では就活で使う際の靴選びの基準についてご紹介しました。しかし、自分に合う靴を選んだからと言って、それで準備が終わりというわけではありません。就活に臨むために、定期的なメンテナンスは欠かせません。ここでは、男性就活生の就活靴のメンテナンス方法について解説していきたいと思います。

 

■ブラッシング
まずはブラシで靴の表面に着いた汚れやホコリなどを取っていきます。

 

■布で乾拭きをする
布で乾拭きをして、汚れなどを拭き取っていきます。この時、靴用の汚れ落としクリームを一緒に使うことで、汚れを落としやすくなります。

Smart就活に無料登録する
 

■革靴クリームを塗る
革靴には本来、水分や油分が含まれていますが、時間と共に革が乾燥していき、靴表面のひび割れの原因になってしまいます。ひび割れなどを防ぐために靴専用の栄養クリームを塗って、革靴に栄養を与えます。

 

■防水(撥水)スプレーを靴に吹きかける
就活中は外を歩くことが多く、急な悪天候を経験することも少なくありません。また、革製の靴は基本的に雨に弱いため、防水スプレーなどで靴を雨から守る必要があります。雨に強い合皮の靴の場合も、念のためスプレーをしておくと良いでしょう。

 

どのアイテムがいいのか分からないという就活生も多いかと思いますが、メンテナンス用のアイテムをセット販売しているものも沢山あるので、靴の手入れに慣れていない方はセット買いをすることをオススメします。

 

就活で使える靴屋さんをご紹介

 

ここまで、靴の選び方や手入れの方法についてご紹介していきましたが、実際にどんなところで買えばいいのか分からないという方も多いはず。
そこでここでは、就活靴を取り扱っているオススメの人気店やブランドなどをご紹介致します。

 

■ABCMART
靴をメインに取り扱っているからこそ、履き心地や歩きやすさなど、自分に合う靴をきっと見つけられるでしょう。
全国に店舗を展開しているため、アクセス良好で、且つ比較的安価に購入できる点も魅力的です。取り扱っている靴の種類も多いため、試し履きしながら吟味できるので、満足できる靴を見つけてみてください。
参考URL「ABCMART

 

■洋服の青山
誰もが知っているブランドだからこそ、信頼感があります。
また、「就活応援」として、就活生だけが安く購入できるアイテムやセット内容も用意してあります。もちろん機能性にも優れており、低反発素材を使用することで歩く時の衝撃を抑えるなど、歩いて嬉しい機能が多く備わっています。メンテナンス用のアイテムも取り扱っているので、まとめて買いたいという方には特にオススメです。
参考URL「洋服の青山

Smart就活に無料登録する
 

■はるやま
スニーカーのような履き心地の靴が魅力的で、革靴に履き慣れていない学生に配慮した就活靴です。見た目はもちろん革靴ですので身だしなみとしても問題なく履くことができます。防水性能はもちろん、クッション性能を追加することで歩きやすさにもこだわっています。また、消臭繊維を施してあるので、臭いやムレも気になりません。
歩き続けても気にならない軽い設計なので、多くの就活経験者も購入しています。
参考URL「はるやま

まとめ

今回は男性就活生向けに、靴選びの基準や手入れ方法、オススメの靴についてご紹介しました。
たかが靴と思うかもしれませんが、靴一つで履き心地が違うと、選考や面接へ集中することができます。今まではデザイン重視で選んでいた靴選びも、就活、ビジネスシーンでは周りの環境や身だしなみに適した靴選びが大切です。その中から自分の足に合った靴を準備しましょう。

 

今回は男性向けにご紹介しましたが、当サイトでは女性向けの靴選びについても発信しているので、そちらも併せて参考にしてみてください。

 

 

■就活準備に関連した記事一覧