就活が開始されると、さまざまな就活イベントが開催されることとなります。就活生にとっては学内の繋がりだけでなく企業で働く社員や他学校の就活仲間といった人たちと交流し、就活や仕事に関する多くの知識を蓄えることができるでしょう。

 

就活イベントの中でも、特に企業の仕事内容や働き方などを知れる会社説明会は、就活を効率的に進めていくうえで重要な工程です。企業の存在を認知し、その企業の魅力を掴んで企業選びの選択肢を増やしていくわけですから、会社説明会への参加は当たり前と言っても過言ではないのです。

 

ですが、たとえ会社説明会が行われていたとしても、場合によっては説明会を実施する側が、企業内部の人間ではない可能性もあります。
今回は、会社説明会をはじめ、企業の採用活動を代行する会社について解説します。

Smart就活に無料登録する

 

 

採用代行会社ってなに?

 

採用代行会社は「RPO(リクルートメント・プロセス・アウトソーシング」と呼ばれ、会社説明会の開催予定計画の立案や求人情報を載せる媒体の選定、就活生への応対など、人材確保のために本来、新卒採用を行う企業が行うべき採用工程の一部を外部の企業に委託することを指します。

 

企業は会社説明会で自社の事業内容や会社風土のPRに尽力し、就活生に訴求する必要がありますが、就活生の注目を集めやすく予算も多い大手企業ならまだしも、知名度が低く社員数も少ない中小企業では採用にかける人手やコストが足りず、人事も労務管理を行ったり新卒と中途の採用計画を立てたり、保険の手続きや人材教育や配置転換といった通常業務で忙しいので、新卒採用活動だけに注力するのはなかなか厳しい。

Smart就活に無料登録する

 

採用代行会社を使えば、ナビサイトに載せる求人やイベント情報の出稿から、説明会で配布する資料の作成、社員の代わりに自社概要や事業の解説、さらに就活生の問い合わせへの応対といった、予算の範囲内で実現可能な業務を委託でき、人事担当者の負担を下げて中小企業でも効率的な採用計画活動を行えるのです。

 

社員以外の説明は時間がもったいない

 

求める優秀な人材をより多く確保するために、企業は採用代行会社に一部の採用業務を委託していくわけですが、やるべきことを外部に任せられるので、企業としては非常に大助かり。

 

ただ、会社説明会で自社の概要や沿革、そして事業の方向性や働くことの楽しさを代わりにPRしてもらっても、参加する就活生はその内容に納得ができないかもしれません。

 

なぜならば、興味のある企業の魅力を、その企業に在籍している立場の口から聞きたいと思っているにもかかわらず、実際にはまったく関係のない人が代行して説明しているわけです。

 

そうなると、いくら耳障りのいい内容が語られたとしても「そこで働いていない人がなぜ自信をもって言えるのか?」という疑問を払うことができなくなるでしょう。

Smart就活に無料登録する

 

もちろん、採用代行会社としても会社説明会で間違った情報を就活生に与えるわけにはいきませんので、事前に委託の際に採用を行う企業と内容のすり合わせを行い、その企業の特徴や強みなどを理解して臨みます。

 

ですが、肝心の採用代行業者が採用業務の経験が浅ければ、質疑応答で就活生から事業の方向性や募集職種のやりがいを問われたときに、従事した経験がないので深い内容を提供できないことも考えられます。

 

合説ならまだしも、単独説明会は充実した解説や時間たっぷりの質問など豊富なコンテンツが魅力ですが、採用代行が介在することで本当に聞きたいことを聞けないかもしれません。

 

採用代行業者は見破れる?

 

結果的に言うと、就活生が会社説明会にて代行を行っている業者を見破ることは、ほぼ不可能でしょうか。
会社説明会で大っぴらに「別の企業が代わりに説明します」と紹介するわけでも、就職情報サイトで掲載される内容に採用代行会社の存在を記載しているわけでもありませんしね。

 

ただ、たとえ企業の人事担当者ではなく採用代行会社の人間が会社説明会で代わりに解説を行うにしても、そこで得られる情報は決して無駄にはなりません。
採用代行会社は各企業の採用に関する課題を解決する採用のプロ。企業の特徴や携わる事業をじっくり理解し説明会に臨みます。

Smart就活に無料登録する

 

そのため、興味のある職種の仕事内容やその会社の福利厚生サービスについて、社内の雰囲気といった情報も人事担当者の説明とそこまで変わらない密度で「人材教育制度について聞いてみたのに、求めるような情報が提供されなかった」というようなケースもないと思います。

 

会社説明会は相手が人事担当者か採用代行業者かどうかが肝心ではなく、「欲しい情報が得られるか否か」が大切なので、就活生は「こういう代行会社・採用代行サービスがあるんだ」くらいに覚えておきましょう。
もしも説明会で知れる情報以上のものを欲するなら、後述の『就活エージェント』がおすすめです。

 

会社説明会よりもお得な情報があるかも

 

採用代行会社が運営する説明会であっても、入念な打ち合わせや企業の抱える課題の分析などを通して企業への理解を深めて説明会を開催するため、参加するだけでも志望動機を考える際のヒントや仕事選びの視野拡大といった効果を得ることができるはずです。

 

むしろ、その企業に勤めている人では気づきにくいけれど、採用代行会社という外部の人間が客観的な視点をもって説明してくれることで、企業ホームページやOBOG訪問では掴めなかったような仕事の楽しさや職場の居心地の良さを感じ取れるかもしれません。

 

とはいえ、「できれば採用代行じゃない、その企業をよく知る人と繋がりたい」「志望度を上げるためにもっと詳しい仕事の話を聞きたい」と考える就活生も多いことでしょう。
ならば、数多くの就活生を内定獲得に導いてきた人材紹介会社に頼るのもおすすめです。

Smart就活に無料登録する

 

人材紹介会社の就活エージェントへの相談は無料ですし、ヒアリングを通して業界・業種の適性を図ることも可能です。Smart就活を運営する、「株式会社LEAP」も、新卒の就活支援を行っています。

 

さらに、就活生は多くの企業の求人をナビサイトを使って吟味するものですが、就活エージェントは大手に埋もれがちな優良企業も提案してくれるので、自分の性格や価値観に合った企業を効率よく探し出すこともできます。
さらに、人材紹介会社が主催する就活イベントに参加すれば、数々の企業の名前を知れるだけでなく、座談会で社員と交流を持てたり就活のアドバイスをもらえることもあるでしょう。

まとめ

今回の解説では会社説明会をはじめ、一部の採用業務を代行する会社についてお話ししてきましたが、就活の企業研究目的や労働意欲を高める目的で動く就活生にとっては、採用代行で得られるメリットは少なく、説明で理解できなかった点を質疑応答で掘り下げようにも、相手から納得のいく回答が得られる保証はありません。

 

そうなれば、せっかく「この会社のホームページを覗いたけど、なんか面白そうだな」と感じていたのに、不十分な説明によって知識の追求ができず、興味や関心を大きく下げてしまうことでしょう。

 

大学の先輩がその会社で働いていればOBOG訪問で深堀りができますが、在籍校で採用実績がない場合は、就活エージェントを使ってプロの手で情報を探ってみましょう。

 

次回では、首都圏の会社説明会への参加方法をご紹介していきます。