就活生の皆さんはこれから参加する就活イベント(インターンシップ、企業説明会など)、各企業の選考・面接など、多くの場面において、スーツを準備することが多くなると思います。
スーツ着用に伴い、清潔感で真面目な雰囲気を演出する髪形を整え、就活バックなどを持ち歩くはずです。
そこで、身だしなみの一つとして数えられる靴も、就活生の皆さんは新調するのではないでしょうか。

 

しかしながら、スーツと一緒に履く靴も、選び方をしっかり覚えることで満足いく就活に臨めることでしょう。
そこで今回は、特に女性就活生にオススメしたい靴選びの基準やオススメのお店などをご紹介していきたいと思います。

 

「就活準備装備編|就活で購入する靴に関する豆知識(男性編)」こちら

Smart就活に無料登録する

 

 

就活生の靴は意外と見られている

 

身だしなみの一つとして数えられる靴も、面接官は意外と見ているものです。
「皮っぽい黒いパンプスならなんでもいいでしょ?」という考えも間違いではないかもしれませんが、パンプスと言ってもビジネスシーンやプライベートシーンなど、服装や状況によって履くタイプも異なります。ですので、何でもいいというわけではなく、スーツに合う靴を選ぶ必要があります。

Smart就活に無料登録する
 

また、これは靴を含めた、身に着けるものすべてに言えることですが、日頃から清潔にしておく必要があります。
「靴なんて、そんな目に見えづらいものは大丈夫」と思うかもしれません。しかし、日頃履く靴だからこそ、清潔にしておく必要があります。普段履くことのない靴だとしても、清潔感を保ち、綺麗な身だしなみで面接に臨みましょう。

 

冒頭では靴の種類について少しだけ触れましたが、次に、靴の選び方についてご紹介していきたいと思います。

 

就活用の靴選びの基準とは

 

ここでは、就活で履くための靴選びの基準やポイントについてご紹介していきます。

 

■デザイン

靴の色は基本的に、黒が無難でしょう。
靴の質は本革・合皮など、革製のパンプスにすると印象が良くなります。エナメル質のパンプスの場合、光沢があり派手なので、就活には不向きです。また、本革は通気性に優れ、長時間歩くことの多い就活生が悩みやすい「靴の中のムレ」を解消することができます。一方合皮では本革よりも通気性に優れてはいないものの、汚れに強く、比較的安価に購入することができるため、就活中だけと割り切って合皮のパンプスを準備する女性就活生も少なくないです。

 

また、ヒールの高さにも注意です。5センチを目安にして選ぶと良いでしょう。6センチ以上になると、ファッションやデザインが重視されるので、ビジネスシーンや就活には不向きです。

 

■機能性

上記のデザインでは靴の質による機能性の違いについて少し触れましたが、歩き続ける就活では歩きやすさや機能性も重視したいところです。

 

例えば、パンプスの場合ヒールの高さや太さも悩むかもしれませんが、高さは5cmを目安に、ヒールは太い方が歩きやすいです。ローファーなどと混同になりがちですが、ヒールがないものは「カジュアルすぎる」という印象を与えやすいため、避けた方が良いでしょう。

 

また、靴が脱げやすいという場合はストラップ付のパンプスもオススメですが、デザインなどは極力シンプルなものを選びましょう。

Smart就活に無料登録する
 

■サイズ

靴で一番大切なのはサイズです。
靴ズレを懸念して大きいものを買ってしまうと、女性の場合は靴が脱げやすかったり、だらしなく見え、見た目の印象もあまり良くないです。

 

ゆとりのものを選ぶよりも、自分の今の足のサイズにフィットするかどうかで決めるのがオススメです。革製の靴は履けば履くほど自分の足に馴染んでいきますから、就活が始まる前に購入し、何度か履いて馴染ませるのが良いでしょう。

ストラップ付であれば、脚の甲を抑えてくれるので、履き心地も抜群です。

 

以上が靴選びの基準でしたが、基準を満たした靴を買ったからといって、準備完了というわけではありません。靴は清潔感を保ってこそ、身だしなみで好印象を与えることができます。

 

就活用靴のメンテナンスの仕方

 

就活は必ずしも自分の思い通りに進むとは限りません。一瞬で終わることもあれば長期化が予想されることもあります。思い通りにいかないことが続き、心身ともに疲れている状態で、靴のお手入れま手が届かないのは仕方がないことかもしれません。

しかし、そこで5分~10分お手入れをすることで、清潔感が保たれ、好印象を与え続けることが大切です。

 

女性が抱える靴のメンテナンスの一つに、かかとのすり減りが気になるという点があります。自分で直すことは難しいですが、放置していればバランスは悪いし身だしなみという点でもNG。そこでオススメしたいのが、靴の修理屋さんに依頼をすることです。安価に修理に出せるので、履き慣れた靴であることを考えると、買い直すよりもオススメです。

 

また、靴のお手入れと言えば消臭スプレーという印象ですが、メンテナンスはそれだけではありません。
革靴は日頃のブラッシングが大切です。靴の汚れを落とすためのクリーナーをスポンジに着け、ホコリなどを落としていきます。

Smart就活に無料登録する
 

革靴は、履き慣らしていないと形が崩れやすいので、シューキーパーというアイテムが必要です。靴の中に入れることで靴本来の形を維持するアイテムで、現在は100円ショップで売っているお店もあるので、学生も買いやすいようになってきています。
また、雨の日で濡れてしまった場合は、浴室やベランダで乾かし、乾いたら防水スプレーやクリームを塗っておきましょう。

 

そして、これはメンテナンスとは少しズレるかもしれませんが、学業と就活の二足の草鞋を履く学生にとって、毎日の手入れは難しいという場合は、就活用のパンプスを二足購入しておくという選択肢もあります。
前述した通り、合皮で作られた靴は比較的安く、2000円ほどで購入できるものもあるので、2足買うことで手入れが面倒、または忘れていたという時にも綺麗な靴を履いて就活に臨むことができるでしょう。

 

就活で使える靴屋さんをご紹介

 

ここまで、女性就活生必見の就活における靴選びについて解説しました。最後に、ここではオススメの靴屋さんやブランドをご紹介いたします。

 

■はるやま

軽やかな設計ながらも、かかと部分にクッションがあるので歩きやすい、本革なので履いていくほど馴染んでいき、防臭・抗菌素材も施されているので、普段の手入れも楽です。
シンプルな黒色なので、就活シーンはもちろん社会生活でも長く活用していけるでしょう。
参考URL「ニッセン

 

■洋服の青山

スーツで人気のお店も、スーツと一緒に持ち歩くバッグや靴なども、高品質なものを取り揃えています。
歩き続ける靴だからこそ、フィット感や履き心地を直接店舗に行って試してみたいものです。洋服の青山は全国各地に店舗を展開しているので、信頼度だけでなく店舗へ気軽に足を運べるのも大きなメリットです。
参考URL「洋服の青山

Smart就活に無料登録する
 

■fuwaraku(フワラク)

シンプルなデザインながらも機能性にこだわり、疲れを残さないよう、就活生や営業職の人には嬉しい機能が沢山詰まっています。
例えば、メッシュ素材でストッキング着用でも蒸れにくいようになっていたり、面接など静かな場所でもヒールのコツコツ音が気にならない静音ヒールなど、他にも様々な機能が備わっているため、一度履いてみることをお勧めします。
公式サイトでは取扱店なども詳しく調べられるので、お近くのお店に足を運んでみてくださいね。
参考URL「fuwaraku

 

まとめ

今回は女性就活生のための、靴選びやオススメのブランド、お店などをご紹介しましたが、いかがでしたか。
靴一つで就活生への評価が決まることではないとは言え、身だしなみの一つとして数えられるのは確かです。また、歩き回ることの多い就活シーズン。少しでも歩きやすく疲れにくい靴の方が自分自身も嬉しいはずです。
今回ご紹介した内容が参考になりましたら、買い物のついででも構いませんので、直接店舗に足を運び、靴の履き心地などを体験してみてください。
 

『Smart就活の就活エージェントサービス(無料)』を活用した就活をしてみませんか?
Smart就活の就活エージェントは就活生に寄り添って就活をサポートする就活生の味方です。就活で分からないこと、不安・心配なことなどを解決してくれます。また、履歴書やESの添削、そして面接や筆記などの選考の対策も無料で行いますので、就活をスムーズに自信をもって進めることができます。
学生時代にできる最初で最後の就活で全力を尽くすことができるようにSmart就活の就活エージェントが サポートします!まずは相談からでも大丈夫ですので、お気軽にお問い合わせください。
みなさんのご利用をお待ちしております。

 


 

■就活準備に関連した記事一覧