男性就活生の皆さんは、就活を機に髪形について考えたことはありますか?
新卒就活では第一印象が大切であり、合否にも影響する場合があります。そのため、髪形をしっかりと整えて好印象を与えることが大切です。

 

しかし、「髪形一つで身だしなみが決まるの?」「どういう髪形が好印象を与えるの?」と疑問に思うかもしれません。そこで今回は、就活における髪形の重要性や、好印象を与える髪形などを解説していきたいと思います。髪形をバッチリ決めて、就活準備を整えていきましょう。

 

 

「就活準備身だしなみ編|髪形に関する豆知識(女性編)|Smart就活」こちら

 

就活と髪型は関係あるの?

 

「そもそも就活では髪形がそんなに大事なの?」と感じる方も多いかもしれませんが、身だしなみが合否に関わる就活において、髪形という要素はとても大切です。

 

一般的に、人は情報の半分以上を視覚から得ているため、無意識に見た目や第一印象から「この人は~のような人だ」と決定する傾向にあります。そのため、服装がしっかりとしていても、髪形一つで第一印象は大きく変わってしまいます。

せっかく綺麗なスーツを着用しても、まとまりのない髪形で、寝癖が目立っては、清潔感ある身だしなみとは言いづらいです。「清潔感の無い髪形だから不採用」ということはありませんが、採用における判断材料の一つとして重視している企業も多く存在するため、就活、またはこれから社会生活をする就活生にとっては髪形について見つめ直す必要があります。

 

女性就活生の場合は、日頃から髪の毛や美容について気にしている方が多いため、男性よりも悩みを抱える人は少ないかもしれませんが、普段から髪形を気にしてこなかった方や、床屋、美容室に行くのが面倒で伸ばしたままという方も少なくないはず。例え男性であっても髪形を整えておく必要があります。
では、就活生の髪形でどのように好印象を出せば良いのでしょうか。

 

就活の髪型で好印象を出すには?

 

これは就活生や面接の場に限ったことではなく、これから社会生活を送っていく上で大切なことですが、髪形や身だしなみを通して個性を出すことよりも、まずは誰が見ても不快に思わない「清潔感」が大前提です。
男性の場合はロングヘアよりショートの方が清潔感があるのは当たり前ですが、就活ではただショートにするだけでは好印象を与えることができません。

 

・耳周りを綺麗にし、輪郭をハッキリさせる
・スーツの襟に掛からない程度の襟足
・眉毛や目もハッキリ見せる

 

ショートヘアの場合でも眉毛が隠れていたり、襟足、もみあげが長いと清潔感・真面目さに欠けてしまいます。

 

また、今回は髪形をメインにご紹介しているので、忘れがちですが、髪色も注意しておきましょう。学生生活では許された明るい色も、ビジネスシーンでは黒色、または地毛に近い自然な色が好印象です。

 

他には、寝癖にも注意が必要です。ショートヘアの人だからこそ寝癖に気付きにくいので、美容室で施術を受ける時に髪質に合わせたヘアスタイルや手入れの方法などを相談してみると良いでしょう。

 

就活でNGな髪型とは?

 

上記では好印象を与えるために必要な要素をご紹介しましたが、では逆に就活シーンでNGな髪形や悪印象を与える髪形などはあるのでしょうか。

 

■ロングヘア

上記で少し触れましたが、男性である以上、ロングよりもショートヘアの方が好まれるのは誰もが知っていることだと思います。

 

「今まで伸ばしてきた髪の毛を切るのが勿体ない」「髪の毛を結べば問題ない?」そう感じる方もいるかもしれませんが、より不真面目、学生気分が残っていると感じられるため、絶対にNGです。

 

■癖の強いヘアスタイルや色

天然パーマの方もいるため、パーマが完全にNG対象ではありませんが、あくまでも自然体で臨むのが良いでしょう。ですので、癖の強いパーマをしている場合は就活の前に戻しておく必要があります。

 

もちろん、髪色も同じで、地毛が明るい人がいるので明るめの髪色がNGというわけではありませんが、金髪や明るい茶髪などは絶対に避けるべきです。

 

■寝起きの手入れをしない髪形

これまでおしゃれや美容室、髪形について考えるのが面倒で寝癖をつけたまま学校に通っていた方も少なくないはずです。ですが、就活では上記で挙げたNG髪形よりも寝ぐせや手入れをしていない髪形が最もNG。
寝癖やフケが目立たないようにするのはもちろんですが、ヘアワックスを活用して髪形をまとめていわゆる「きちんと感」を演出する必要があります。

 

最後に、男性就活生にオススメしたい髪形のセット方法についてご紹介していきましょう。
「同年代の友達に訊くのがなんか恥ずかしい」「雑誌を見てもイマイチ分からない」という方は、是非、参考にしてみてくださいね。

 

就活の髪型セット方法をご紹介

 

清潔感のある髪形にセットするには、髪の毛に束感を出して、まとまりある髪形にすることです。そして、どんな髪形でも言えることですが、セットで一番重要な要素は、「ドライヤー」です。
髪の毛を乾かすときに空気感を出し、セットしやすい土台から作らなければ、ワックスを使っても上手く整いません。

 

あとは、髪質にやヘアスタイルに合わせてスタイリング剤を馴染ませて、シルエットを整えたら完成です。ここではどの髪形にどのスタイリング剤を使えばいいのか分からないという方のために、スタイリング剤の種類や適した髪形などをご紹介していきたいと思います。

 

■ワックス

・クリームタイプ
数多くの種類があるワックスの中でも使いやすさに優れていて、後にご紹介するファイバータイプとドライタイプの中間的なタイプです。髪質や髪形を選ばず初心者から上級者まで多くのスタイルに対応しています。
しかし、他のタイプのワックスよりもキープ力が弱い傾向にあるため、クセの強い髪質や毛が長い方は、思うようにスタイリングできなかったり髪形が崩れる可能性があるので、注意が必要です。

 

・ファイバータイプ
ファイバータイプは名前のとおり、繊維と呼ばれるだけあって伸びが良く、油分を多く含んでいるため髪の毛に馴染みやすいので、ヘアセット初心者の方や、最初に買うタイプとしても人気です。ただ、油分が多いために、髪の量に対してワックスの量が多いと、髪の毛が重くなって髪形が崩れたりしますので、髪質が柔らかい方は使う量に注意しなければなりません。

 

・ドライタイプ
ファイバータイプよりも油分が少ないことが特徴で、自然な仕上がりにすることができます。
質感が硬めで、馴染ませるには時間が掛かります。そのため、ロングヘアの方には不向きである一方、キープ力の高さからショートヘアやベリーショートヘアの方にはとても人気のタイプです。

 

■ジェル

毛量が多い方は、ジェルタイプがオススメです。
高いキープ力を維持しながらも、ジェル特有の馴染みやすさ、シャンプー一回で洗い流せる手軽さがジェルタイプのメリットと言えます。
また、髪の毛にツヤを与えられるので七三分けなど、ビジネスに欠かせない「きちんと感」を出す髪形や、清潔感のある髪形を作ることができます。

 

■ムース

泡状で出てくるタイプで、他のスタイリング剤よりも水分が多く含まれているため、癖毛やパーマ、ロングヘアやミディアムの方にオススメです。しかし、水分が多いために、付けすぎてしまうとスタイリングが崩れてしまうので、しっかりと髪の毛を乾かしてから使うことを心掛けましょう。

 

■グリース

油分が多めに含まれるワックスに対して、グリースタイプは水分が多く含まれているので髪に馴染みやすく、整髪力も高いです。また、ワックスでは出しにくい艶感を出すことができるため、上品で大人の雰囲気を出すことができます。グリースとワックスを混ぜて使うことで、整髪力やツヤ感を調整できるため、どの髪質・髪形にも適していると言えます。

まとめ

今回は男性就活生必見のヘアスタイルについてご紹介しました。
就活準備にあたって身だしなみは避けて通れないもの。それまで気にしてこなかった髪形も手入れをしなければなりません。

 

今回ご紹介した内容が少しでも参考になりましたら、就活準備の一つとして、髪形のセット方法やヘアスタイルを変えてみてはいかがでしょうか。
清潔感あるまとまった髪形を作り、就活準備を進めていきましょう。

 

無料会員になるとこんなメリット!

プロのキャリアカウンセラーが、面談を通じて適職や就活に関するサポートをさせていただきます。
カウンセリングでお聞きした条件やご自身の強みなどに合わせて、オススメの企業や求人をご紹介します。
内定後、入社前の不安なども担当者が解消します。その他多数のサービスを受けることができます。


 

■就活準備に関連した記事一覧