就活が始まると誰もが参加することになる会社説明会。3月の本格的な就活解禁を機に、学校内や規模の大きい会場、あるいは企業内にてさまざまな会社説明会が行われます。
本稿を読む就活生のみなさんも、目ぼしい会社説明会をある程度見繕い、準備を始めていることでしょう。
就活生にとって会社説明会の参加は欠かせないもの、それは確かです。

 

ただ、「就活生の誰もが参加しているし、とりあえず参加しよう」という感覚では、会社説明会に参加しても得られることは少なくなるでしょう。
かといって、ただひたすら数を追って、数えきれないほどの会社説明会に挑むのも、時間がもったいない。
そこで、今回の記事では会社説明会の上手な参加方法をご紹介していきましょう。

Smart就活に無料登録する
 

 

会社説明会に参加するには?

 

合同説明会(合説)では関係がありませんが、単独説明会に参加する場合、予約を済ませておく必要があります。
単独説明会の予約も手段が分かれていますが、もっとも一般的なものは就職情報サイトを通して予約を行う方法です。

 

「リクナビ」「マイナビ」といったサイトで、まず気になる企業あるいは業界・業種を検索。そして「説明会へ参加」「イベント参加」などの項目があれば、氏名や学年といった情報を入力して予約が完了となります。
ただ、Web上で予約したつもりでも実は手続きが途中だった、なんて光景もなかには見られます。
完全に予約できているかどうかの確認も忘れないようにしましょうね。

Smart就活に無料登録する
 

また、就活生から人気な企業の会社説明会になると、すでに予約が埋まる恐れがあり、気づけば定員オーバーになってしまう場合も。
そうなれば、次回開催まで待つか、またはキャンセル待ちを狙うしかないですが、時間が過ぎるのをただ待つわけにはいかないので、企業に「キャンセルは出ているか?」「ナビで予約ができなかったが会社説明会に参加したい」といった旨を話しましょう。

 

企業によっては自社の説明会・イベント開催情報をナビに掲載していないこともあり、行きたい企業があってもナビで見つからなかったという声も散見します。
企業のホームページにある新卒採用フォームをクリックし、採用ページでの会員登録を行って直接予約をする手段も覚えておきましょう。

 

やみくもに会社説明会に参加するのは非効率

 

単独や合説と、就活における会社説明会の種類や情報量には違いがありますが、会社説明会に参加すれば社会人経験のない就活生にとってはさまざまな刺激を味わうことができるでしょう。

 

何社もの会社説明会に参加すれば、それぞれで考え方や強みの異なる社員たちと交流を持てて、就活意識や働くことの自覚が芽生えていくでしょうし、新卒としての見識を深めることだってできます。

 

それに、自分と同じくらい特定企業または業界への志望度が高い就活生と知り合えば、就活に関する知識共有や互いを励まし合えるようになるかもしれません。

 

このように、会社説明会は人脈構築や情報収集の観点からも、参加して損はないと言えるイベントです。

Smart就活に無料登録する
 

しかし、会社説明会はやみくもに参加すればいいわけではありません。
何の目的も持たず就活のやる気も低いままで多くの会社説明会に参加しても、貴重な時間と体力を無駄にするだけです。

 

ちなみに単独説明会を体験した就活生の平均的な参加社数は20社~40社ほどとされていますが、あまりにも短い時間間隔で多くの説明会に参加してしまうと、終わった後で十分な情報の整理と予習ができなくなったり、説明を聞いた企業の印象が薄れる可能性があります。

 

かと言って、この平均数よりもさらに下回る数であると、情報が足りなくなり興味のある同業他社の比較が困難になります。企業選びの軸を定めづらくなり、納得のいく志望動機が生まれづらくなるといった問題も浮かんでくるでしょう。

 

会社説明会の上手な参加方法

 

予約は必須だけど1社の情報を深堀りできる単独説明会、説明の時間は短いけれど数々の企業に触れ合える合説。どちらの会社説明会に参加するにも、まずは説明会への目的意識を持つようにしましょう。

 

単独や合説では企業担当者の説明が終わった後、就活生に質疑応答の機会が与えられますが、「何となく」という気持ちで参加していては、有益となる就活の情報を質問で引き出すことは難しくなるでしょう。

 

なので、説明会に参加することを決めたならば、「自分が興味のある業界は何か」「説明で何を知りたいか」など、就活全体に関わる疑問を事前に明確にしておくように。

Smart就活に無料登録する
 

さらに、「有名な大手企業に入りたい」という気持ちがあったとしても、似た事業を展開する同業他社の会社説明会も受けておくべき。

 

大手企業に入社できたとしても、自分が希望する仕事を任せてもらえるとは限りませんし、社風だって合わないかもしれません。
逆に、別の企業だと新卒のうちから活躍の機会を与えられ、社員も自分と似た性格や価値観を持つ人ばかり、の可能性も大いにあります。

 

そして、単独説明会への参加数ですが、20社から30社、多くても40社の説明を受けるといいでしょう。
単独説明会では一回で1時間ほどの時間を使い、それが50社以上も続くと最初に受けた企業の情報が抜けてしまう恐れがあります。
絞り過ぎると職業選択の可能性を狭めてしまいますが、“多すぎず少なすぎず”な社数がおすすめです。

 

会社説明会のスケジュール調整も忘れずに!

 

就活でタイトなスケジュールに苦しんでしまう人は、説明会含む就活イベントの予定を詰め過ぎて、予定が重なってしまうなんてケースが見受けられます。

 

こうなってしまうと、単独説明会の場合は優先度の低いものをキャンセルせざるを得ないでしょう。
「興味のある企業が開催する説明会に行きたい」という気持ちがあるのに、日程管理が不十分で参加できないのは、時間に余裕のない就活では非常にもったいないです。

 

さらに、アルバイトをやっている就活生も多くいるでしょう。説明会の日程が、シフトの提出よりも遅い時期に明らかになるケースもあります。

 

まずは、アルバイト先へ就活を始めるということを報告し、就活をやり易い環境を作ることが大事です。場合によっては、シフトの変更や、入り時間などの融通を効かせてくれることもあるでしょう。アルバイトも大事ですが、就活は人生を左右します。会社説明会を優先に参加出来る状態を作りましょう。

Smart就活に無料登録する
 

アルバイトをやっていた就活生は、次月のシフトを考える際に意識していたかもしれませんが、より感度を上げて、本格的な就活解禁がされる3月より前の2月のうちから、週間・月間の就活の予定を習慣的につけるように心がけましょう。
無理のない就活の行動計画を立てられれば、合説や単独説明会が開始される時期でも慌てることなく行動ができます。

まとめ

会社説明会に限らず、就活で有益な情報を蓄えていくには、現実的な予定を立て、学びたいことをハッキリさせる必要があります。

 

会社説明会では、「結局、自分は何を一番知りたかったのか?」という点で迷子になる就活生もいるくらいですし、参加の前には「興味のある業界や企業はどこか」「説明会に参加する目的」を認識しておくようにしてくださいね。

 

また、合説と単独説明会の予定を入れ過ぎて十分に予習の時間が取れない、予定そのものがブッキングしてしまった、なんて事態に陥らないためにも、優先度の高い事柄を念頭に置き、就活用の時間と自由に使える時間をバランスよく配分することも重要ですよ。
次回では、会社説明会で収集するべき情報をご紹介します。