毎年の就活では多くの就活生が大手の人気企業に応募したがるものですが、ここ数年でベンチャー志向の強い就活生も現れるようになりました。ただ、ベンチャー企業とは何か? どんな取り組みをしているもの、どんな人物が活躍しているのかを十分に理解していないと、就活で結果を出せなくなるだけでなく、入社後に仕事の過酷さで打ちひしがれてしまうでしょう。
今回はベンチャー企業の概要や、志望するうえで必要になっていくことをご紹介します。

 

 

ベンチャー企業ってなに?

 

アプリ事業、メディア事業、さらにはクラウド事業など、主にIT系を中心に革新的な事業展開を行っているベンチャー企業ですが、そもそもこの言葉の意味を理解していなければお話になりません。

 

【創造性や成長度が高い】

まず、「ベンチャー」とは冒険や投機(相場の変動を狙って行う売買取引、マネーゲーム)を指す「アドベンチャー」から生まれた和製英語。その名を冠するベンチャー企業は、広義にて「新たな技術やサービスを開発・運用して事業を発足させている企業」を指します。

 

ただ、よく比較にあげられる一般的な中小企業とは違って、ベンチャー企業は会社の資本金や社員数などで明確な定義づけ(中小企業法など)がされていません。創業して間もない生まれたての状態で社員数も少ない。あるいは大手に匹敵するほどの事業展開をしていて上場も期待されるような企業でも、高度な専門技術や柔軟で斬新なアイデアを用いて特定のシェアを席捲(せっけん)し、長期的な成長を期待されるものであればベンチャーと呼ぶことがほとんどです。

 

最初でも軽く触れたように国内ベンチャー企業はITに深く関わりのある事業が目立ちますが、バイオや医療、コンサルに至るまで多種多様なベンチャーの形が存在します。こういった企業も独自開発したサービスやコンテンツを流通させたり、既存のビジネスを流用して新たな価値を生むなど、従来の手法や常識にとらわれず新事業として挑戦を続けているのが、大手や中小との大きな違いといっていいでしょう。

 

【学歴や年齢の壁が無い】

また、他にもベンチャー企業の特徴として多いのが「若い人でも活躍の機会があり、個人の裁量が大きいのでポストに就きやすい」点ですね。ベンチャー企業の特集などで20代30代前半の経営者が取り上げられることが印象的ですが、業務を完遂できる能力や新規ビジネスを市場に回らせるための活力などが備わっていれば、年齢に関係なく企業共々成長を見込めるのもベンチャーあるある。

 

ベンチャー企業のなかには、難関大学出身者が新卒として働き、歳もそこまで離れていない高卒の経営者が上に立つ、なんて光景も珍しくありません。完全実力主義なのがベンチャー企業の常であり、指示待ちではなく自発的に知識や技術を吸収して「成長・進歩」「売り上げ」に貪欲であれば、学歴も年齢の違いは活躍に関係なくなるのです。

 

【ベンチャーはブラックってホント?】

巷では、ベンチャー企業は「人が少ない」「即戦力を求められる」「残業過多」といった側面によってブラック企業のレッテルを貼られやすい。堅実さが“売り”である大手企業などとは違い、たとえ少人数でも失敗を恐れず挑戦し、新卒でも現役社員のような高いスキルを駆使して活躍することを求められがちなので、俯瞰で見るとそう感じるかもしれません。

 

それに、新人研修に人員を割く企業もそこまで多いわけでもなく、「何を行うべきか」という仕事に関するマニュアルもありません。ベンチャー企業は仕事そのものを創造するところからスタートするので当然ですが。
そこに各々の個人裁量権がのしかかるわけですから、業務の難易度もさることながら、各人の責任も多大でしょう。

 

こういった背景から、ベンチャー企業は「能力を発揮したい」「給与や休日よりもやりがいを追求したい」と考える人が集中しているので、定時退社は全くと言っていいほどありません。
しかし、実力と仕事を最後まで全うする姿勢が備わっていて、過程はどうであれ結果をきっちり残すことができれば、服装や就業スタンスを指摘されることもないので、風土や人間関係に左右されず自由に仕事ができる魅力があります。

 

それに、ベンチャー企業では「そもそも仕事をするのが大好き」な人間が多いため、残業について嫌々な態度を示さない場合が顕著です。

 

「何をもってブラックかどうか」を判断するのは所詮個人の主観、モノサシに委ねられるものであり、業務にあたる時間が長く、スキルの高さや実績の豊富さが評価されるシビアな世界だとしても、一概には「ベンチャー=ブラック」だとは言えません。

ベンチャー企業に向いている人の特徴

 

活躍できるチャンス、成長速度、能力の活かしやすさ、自由な社風でベンチャー企業は就活生の心を掴みやすいことが理解できたかと思います。
では、そんなベンチャー企業と適性のある人物はどんなタイプなのか? 以下の方で向いている人の特徴を紹介しましょう。

 

①チャレンジ精神が豊富

繰り返しになりますが、ベンチャー企業は今までにはない新たなサービス・テクノロジーを生み出して社会に反映させ、それを収益とするのが特徴的。

 

ですが、それは裏を返すと前例の無いあるいは乏しい分野を切り拓いていくことを意味します。周囲が「不可能だ、難しいだろう」と口を揃えて言うような場面でも、持てる力を最大限に発揮して時間をかけて結果を追い求めることができる、チャレンジできる根性はベンチャーには欠かせません。

 

②成長することに前向き

ベンチャー企業に勤めると、過去の成功にとらわれず常に最先端のノウハウを学び、そしてそれを事業に活用する姿勢が求められます。しかし、それは簡単なことではなく数多くの失敗を経験して実現できるもの。ベンチャー企業の多くは先の見通しが立たない事業に何年も費やし、トライ&エラーを繰り返します。

 

そんな環境に身を置けば、以前の自分のままでは通用しないということを痛感するはずです。それをツラいと感じて、新たな自分にアップデートすることを面倒に感じてしまうようであれば、ベンチャーで働くことは難しいでしょう。

 

③企業の理念に共感・賛同できる

大手企業とベンチャーでは資本金やネームバリュー、そして会社基盤に大きな差があるものです。しかし、大手に憧れて働いた新卒の多くが「会社の歯車として働くことによってやりがいを見出せない」と声を漏らしがち。

 

ですが、ベンチャーで働く人は「会社の考えや方針に強く惹かれた」ことで入社を決意した人がほとんどです。もしも給与や取り扱うサービスに興味を持てても、舵取りを行う経営陣の理念や掲げる目標にピンと来なければ、活躍するチャンスを掴むことはおろか、労働意欲を損なう恐れもありますよ。

 

④臨機応変に動けるフットワークの軽さ

革新的なビジネスを生み出すために、各人が専門的なスキルを活かして働くベンチャー企業。ただ、労働時間の多さやタイトなスケジュール。一人ひとりに課せられるマルチタスクによって、どの企業でも人の出入りが激しいのもベンチャーあるあるです。

 

そのため、社員は自分の携わる仕事のみに注力すればいい、というわけにもいかず、少人数の職場ならばバックオフィス業務や広報活動も任される場合があります。
そんなときでもパニックに陥らず、現場を上手く回すために率先して動ける能力も重要になるでしょう。

 

⑤とにかく仕事を楽しめる

他の企業では実施できないような試みを体験できる、評価が待遇に還元されやすいという特色を持っているベンチャー企業で働きたいのならば、なによりもまず仕事を愛せるようになるべきです。

 

結果が出せなければ社内の扱いが苦しくなったり、成功に導くまでに途方もないほどの苦労が待っているなど、ツラいところを挙げたらキリがありませんが、常識や定説にとらわれないイノベーションを起こし、それが社会に浸透するというのはかけがえのない喜びになることでしょう。
自分の発想力や実行力で勝負できる楽しみがベンチャー企業にはあるので、「楽しんで仕事を行いたい」と考えるならば適性ありといえるはずです。

ベンチャー企業に就職するうえで必要なこと

 

どんな能力が求められるのかは志望する業種職種によって異なるものですが、ベンチャー企業の多くはIT系に属しているため、それなりのPCスキルは身につけておいた方が無難です。
操作の慣れ(ブラインドタッチ)やExcel・Wordといったオフィスソフトの使用。さらにその会社で頻繁に使われるプログラミング言語への理解も、新卒のうちから必要になる場合があるので、企業研究した後は自分に足りない部分を入社前から勉強しておきましょう。

 

そして、ベンチャー企業は“常に先を視ている”ものなので、固定観念に流されず将来のビジョンを明確にしておく必要があるでしょう。
ベンチャー企業に勤める人はその会社が好きという人がいれば、そこでの経験を糧に起業したいと考える独立志向のある人も多いです。

 

なので、目の前の仕事に一生懸命になるのは言うまでもありませんが、数年後を見越してどう成長し、どう貢献していきたいか、などのキャリアプランも具体的に立てておきましょう。

 

 

まとめ

自由で革新的なベンチャー企業に憧れを持つ就活生は依然として大勢いらっしゃいますが、ベンチャーの持つ魅力だけでなく、退職者が多い理由や中小や大手との違いなど、ベンチャー企業の“背景”もしっかり認識しておかないと入社後に後悔してしまいます。
ただ、企業と共に成長することに前向きで、環境の変化を楽しめる人は歓迎されやすいので、興味と自信がある人は是非ともチャレンジしてみてくださいね。