就活では思った以上に費用がかかり、「やばい! お金がない…。」「貯金が底をついた…。」という状態に陥ってしまう就活生が多くいます。しかし、お金がない事を理由に諦める事はしたくないですよね。そこで今回は、就活生がお金を最短で入手する方法をご紹介して行きます。また、就活中に慌てない為にも! 計画的な就活費用の考え方をご紹介して行きましょう。

Smart就活に無料登録する

 

 

就活生はお金の管理をしっかりと!

 

学生時代は自由な時間が多い為、その分浪費も多くなります。しかし、大学3年の就活生ともなればそうは言っていられません。なぜなら、就活は想像以上にお金がかかり、これまでのルーズな使い方だとお金に困る事になるからです。
ただ「お金がかかるよ! 」と言われても、実際にその立場にならないと分からない事も多くありますよね。ですから、まずは実際に先輩就活生が体験した、就活でのお金にまつわる失敗談をご紹介して行きましょう。

 

■お金が無くて面接に行けない
第一希望の企業。面接会場が少し遠かったのですが、なんと交通費が足りない事態に。行きたい企業がまだ絞れていなかった時、手あたり次第インターンや説明会に参加。あの時の交通費とランチ代などが痛かったのか…。急遽親に借りて乗り切りましたが、バタバタと焦った気持ちがそのまま面接にまで出てしまった様な気がします。

Smart就活に無料登録する

 

■スーツが買えない
就活費用の中でも、特にお金がかかったのは身だしなみに関わるものでした。スーツはジャストサイズのものがいいと知り、持っているものが少し大きめだったので買い直す事に。しかし、肝心のお金が足りず買えませんでした。面接会場では1人だけ浮いている様な気がして恥ずかしく、堂々と出来なかった苦い思い出があります。

 

■後から来た請求書に驚愕
就活費用をあらかじめ貯金していた為、交通費から何から就活費用はクレジットカードで支払っていました。しかし、後日届いた請求書を確認して驚愕。貯金以上の金額になっていたのです。就活には想像以上のお金がかかる事を思い知らされました。

 

お金を最短で入手する方法とは?

 

上記でご紹介した様に、就活でのお金にまつわる失敗は多くあります。就活にかかる費用をあらかじめ考えておく就活生は少数派で、大きな落とし穴と言えるでしょう。しかし、お金がない場合は諦めるしかないのでしょうか? では次に、お金を最短で入手する方法をご紹介して行きましょう。

 

■親にお願いする
一番最短でお金を手に入れる方法は、親に事情を説明して借りる事です。誰よりも就活の成功を願ってくれていますので、借りたからには必ず内定を勝ち取りましょう。また、お金の切れ目は円の切れ目と言って、友達同士での貸し借りは危険です。絶対に止めましょう。

Smart就活に無料登録する

 

■日払いのアルバイト
日払いのアルバイトはアルバイト代を手渡しで貰える事が多く、急な金欠にはお勧めです。また、曜日や時間にも融通が利くなど、就活しながらでも稼ぐ事が出来ます。「面接の前に美容院に行きたい! 」「証明写真は写真館で撮りたい! 」などの、就活の中でのちょっとした贅沢を叶えて行きましょう。

 

■有給インターンに参加する
最短とは言えませんが、インターンの中には給与の出るインターンがあります。比較的長期のインターンに多く、実際に仕事を覚えながらお金も稼ぐ事が出来るのです。また、そのまま内定が決まる場合も多くあります。もし希望する企業が有給インターンを行っていたら、積極的に参加してみましょう。

 

慌てないためにもお金の使い方は計画的に!

 

ただでさえ悩む事の多い就活。お金の問題は精神的な負担にもなる為、出来る事なら避けたいものです。では最後に、計画的な就活の進め方をご紹介して行きます。

 

■事前に貯めておく
一番お勧めしたいのは、事前に就活費用を貯めておく事です。就活期間は就活に集中出来る環境作りも重要となります。就活には最低でも10万円かかると言われており、内訳はスーツ代や交通費、説明会に参加した際の飲食代などです。10万円はあくまでも最低金額で、活動量が多ければ多いほど、お金はシビアな問題となるでしょう。その為、少しでも余裕をもって貯めておく事をお勧めします。

Smart就活に無料登録する

 

■親と話し合っておく
就活の時期になると、スーツ屋さんで親子を見かける事が多くなります。スーツ一式・靴・鞄などの、お金が大きくかかる部分を親が負担している事も多い様です。自分で用意する事が出来ない場合は、事前に話し合っておきましょう。お願いする立場となりますので、必ず自分から話を持ち出す事をお勧めします。

 

■アルバイトと並行する
とはいう物の、就活は長期戦となります。大学3年の夏からインターンに参加して、大学4年の6月から選考が始まると考えると、約1年強もの時間を就活に費やすのです。1年もの間の生活費から就活費用まで、全てを準備しておく事は不可能ですよね。ですから、実際はアルバイトと並行して就活を行う就活生が大半を占めます。せめて就活費用だけは準備しておき、アルバイトを増やす状況にならに様にだけしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか? 就活費用に関する問題は「就活で実際に大変だったことトップ3」に入るほど深刻です。
それゆえに、就活にかかるお金を事前に準備するだけでも、精神的な余裕が生まれてスムーズな就活が期待できるでしょう。
また、就活期間中も節約できるところは節約し、余計な出費を抑えるよう心がけてくださいね。しかし、どうしてもお金が足りなくなった場合は、上記でご紹介した「お金を最短で入手する方法」を参考にしてみてはいかがでしょうか?
就活を進めていくと、どうしても「お金」はデリケートな問題として就活生の精神を圧迫してしまいがちです。
移動や地方(あるいは都心)への滞在費、食費に服装などの準備物にかける費用など、お金の使い方が明確に定まっていない状態だと就活そのものに悪影響を及ぼしかねません。
 
ですが、『Smart就活の就活エージェントサービス(無料)』に登録しておけば、効率的な就活を行えるようになります!
多くの就活生を内定に導いてきた経験と実績をもとに、就活エージェントが就活生のお金の使い方やスケジュール管理といった課題に向き合ってくれるので、より負担の少ない就活を行うことができるでしょう。サービスの利用は完全無料であり、面談や選考対策でも一切の費用がかからないので、今のうちにSmart就活へ登録しておくことをおすすめします。

 

 

■「お財布事情」に関連した記事一覧