志望度の高くない企業から内定を提示されて、保留し続けた状態で、本命の企業から内定を貰えた。嬉しさの次に、本命以外の企業へは断りを入れないといけない、そう、内定を辞退しないといけません。どの時代の新卒就活生も、内定辞退には神経を使ってきました。そんな就活生を救うべく、神ツールが誕生しました。その名も『内定辞退セット』。お金に余裕のない就活生でも手軽に入手できる価格で、簡単に内定辞退を行うことができる優れものとして、各メディアで大きく取り上げられています。この記事を読む就活生も、今後起こり得る内定辞退の可能性を考慮して、内定辞退セットとは何か。就活生が就活セットに頼る本質は何か。さらには、そもそも内定辞退セットに頼らずに快適に就活を行うことが出来ないのかというところまで触れていきます。

 

 

内定辞退セットって何?

 

みなさんは、法律関係の書籍を取り扱う企業「日本法令」から発売中の『内定辞退セット』なるアイテムを知っていますか?
これは新卒採用を行う企業から提示された内定を断る際に使用する代物で、「内定辞退の例文が載った下敷き」、書類を送るための封筒・便箋の一式が内容に含まれています。
通常は就活で内定辞退をする場合、ビジネスマナーの観点で電話報告や電子メールでの報告が一般的。しかし、これらの恐いところは、内定辞退に対する企業からのレスポンスがあるところ……。
内定をくれた企業に「ほかの企業の内定を選びます、申し訳ありません」と切り出すのは、誰だって恐いしできれば避けたいはず。

 

そんなときに、内定辞退セットに含まれる例文つきの下敷きを使えば、かしこまった文章の構成に慣れていない就活生でも楽に丁寧な辞退の文章を書くことができ、内定辞退の報告手段も手紙なので相手の声を聞くことがなくなるのは言うまでもなく、いちいち企業の採用担当者のアドレスを載せて文章を考える必要がなくなるのです!

 

それだけでなく、こちらの内定辞退セットの購入も一式で550円と非常にリーズナブル。
就活のイベントや選考への移動、スーツなど身だしなみの整えでお金に余裕のない就活生でも、手軽に用意できちゃいます。
内定辞退はいざ連絡しようとしても、お世話になった企業の期待を裏切ってしまうことになるので、緊張してしまうもの。

 

そのため、報告することから逃げてしまう就活生も多いですが、内定辞退セットを使えば難しい文章を考えたり、「何を言われるのか……」と電話で緊張する必要がなくなるので、発売からわずか1ヶ月で、なんと初版5000部の売り上げを記録!との情報も。内定辞退は就活生に許された権利でありながら、連絡の仕方や相手との認識の違いで何かとトラブルに発展しやすいのも印象的です。
気持ちよく効率的に就活を進めていくためにも、“物は試し”で内定辞退セットを活かしませんか?

逃げるくらいなら内定辞退セットを使おう

 

就活でほとんどの人が経験する「内定辞退」。本命の会社で働くために、就活生は膨大な企業にエントリーをかけて選考に臨み、そこから志望度の高い企業の内定を選んでいくわけですが、就活も受験と同じように“滑り止め”という考え方で持ち駒を増やすことが大切。

 

なので、本命企業の選考が解禁される前に、内定がない状況を避けるために志望度がそれほど高くない企業を滑り止めとして受けるのがほとんどのケース。その後に本命企業から内定を提示されれば、当然、1社に絞るためにそれ以前の会社の内定を蹴らなければなりません。

 

内定辞退を行う場合、選考を受けた企業に電話あるいはメールでお断りの報告を辞退の理由とともに送らなければなりませんが、選考でお世話になった企業に対し、内定を辞退する連絡をするのは勇気がいりますよね。
就活は、長い将来働いていきたいと思える企業と出会うことが重要です。といっても、第一志望ではないにしろ、せっかく自分を認めて一緒に働こうと言ってくれている企業の内定を蹴るのは、心苦しく感じられます。

 

そのため、内定辞退そのものに苦痛を感じる就活生も決して少なくなく、ズルズルと時間が経過して、タイミングを逸してしまい、“バックレ”という不義理な形で内定辞退をしてしまったという先輩就活生もいます。
とはいえ、社会人ならば報・連・相はかならず行うべきなので、もしも連絡して相手にネガティブな印象を与えるのが嫌だという気持ちがあるなら、本稿で紹介している内定辞退セットを使ってみることをおすすめします!

就活エージェントを使うのもあり

 

前述の通り、内定承諾のお断りを入れることに悩みに悩んでいる就活生からの支持が厚く、絶賛発売中の内定辞退セットを使えば簡単に内定辞退の手続きが行えます。
内定辞退はきちんと、なるべく早いタイミングで礼儀をもって相手企業に報告を入れられれば問題ないので、解説にあるように内定辞退セットの有効度は高めです。

 

しかし、杞憂かもしれませんが企業も時間とお金をかけてせっかく獲得した内定者。手紙を受け取った後に電話が鳴るというケースもあるでしょう。電話があるたびにドキドキしてしまいますよね。オワハラまではいかないにしろ、企業側からのアプローチがあるかもという可能性は付きまといます。

 

そんなときに非常に頼りになるのが「就活エージェント」の存在です!人材紹介会社で数多くの就活生を導いてきた実績豊富な就活エージェントを使えば、わざわざ企業に内定辞退の報告をしなくとも就活エージェントが連絡の橋渡し役として仲立ちしてくれますし、もしも企業と就活生の間で認識の違いがあり、それが影響してトラブルに発展したときでも就活エージェントがお互いの意向を汲み取りつつ問題解決に務めてくれるでしょう。就活を始めるときは、最初からエージェントのサポートを受けることが就活生のメリットとして今後さらに大きくなるでしょう。

 

 

まとめ

数年前は社会人向けに「退職代行サービス」がメディアを通して話題になりましたが、令和を迎えた今では、新卒デビューを控える就活生向けに内定辞退セットが登場し、就活生のみならず礼儀を重んじる社会人の間でも大きな波紋を呼んでいます。
内定辞退セットは例文が載る下敷きを使って薄く浮いた字をなぞるだけで文章が完成し、同封される便箋とともに企業に送れば辞退報告が済むわけですが、便利なものに頼りすぎて辞退することへの申し訳ない気持ちと、選考でお世話になったことへの感謝の気持ちだけは忘れないようにしたいですね。
そして、「もしも内定辞退セットを使うことで余計な問題を起こしてしまったら……」と考えるようであれば、記事後半にもありますが就活エージェントを利用すると安心できますよ!