新卒にとって就活は初めての経験です。何かと迷う事や、不安に感じる事が予想されます。それもそのはず。なんせ「初めて」ですから、当たり前の事なのです。そこで今回は、就活ではどの様な事で迷い・不安になるのか、また就活で迷った時の道しるべをご紹介して行きます。事前に解決する術を知っておく事で、スムーズな就活を送る事が期待できますので、一緒に確認して行きましょう!

 

 

新卒の就活は迷うことだらけ

 

まず確認しておきたい事は、新卒の就活ではどの様な事で迷い・悩むのかという事です。ここでは、新卒就活生が抱える問題を3つご紹介して行きましょう。

 

【何から進めていいのか分からない】
まず最初にぶち当たるのが、「いざ就活を始めようと思っても、何から始めていいのか分からない」という問題です。大学3年には動き出すと分かっていても、「インターンってどうやって参加するの? 」「そもそもどこの企業のインターンに参加すればいいの? 」「何社位見た方がいいの? 」と様々な疑問が次から次に、沸いて来るでしょう。

 

【どんな仕事が合っているのか分からない】
最も多くの就活生が抱える悩みです。いざ就活! と思っても、業界・職種は多岐に渡ります。何の目安もなく就活を始めてしまう事で「どんな仕事が向いているのだろう…。」「何を基準に選べばいいのだろう…。」と悩む就活生が多いのです。これからの社会人人生のスタートを決める、重要な決断になるので当然の事と言えるのではないでしょうか。ですから、まずはある程度の業界や職種を絞る目的の活動を行って行きましょう。

 

【自分の強みを探せない】
普段の生活の中で、自分と向き合う事って中々ないですよね。就活は、企業側に自分を売り込む作業です。売り込む為には、まず自分の事を深く知る必要がある為、「自己分析」が欠かせません。しかし、普段意識して過ごしていない分、自分の事なのに「分からない」という就活生は多いのです。

就活で迷った時の道しるべ

 

では上記でご紹介した様な、迷ってしまう場面に出くわした時、どの様な解決方法があるのでしょうか? 大きく分けて、2つの解消する術をご紹介して行きましょう。

 

【情報収集】

 

情報を制する者は世界を制する。という言葉を聞いた事はありませんか? 就活においても、情報が全てと言っても過言ではない程、情報収集は重要な役割を果たしています。現代は、分からない事でもネットで検索すれば答えが見つかる時代です。分からないまま1人で過ごすよりも、分からない事は調べて解決して行きましょう。その他、就活で情報を得る為の術をご紹介して行きます。

 

・就職情報サイトに登録
新卒就活生の大半が利用するのは「就活情報サイト」です。就活に関するモニター調査や、就活に関する知識、疑問を解決する為のコラムなどが掲載されています。運営する企業によって様々なサポートが充実していますので、情報が必要な時は利用する事をお勧めします。

 

・学内セミナー
学校内で開催される合同企業説明会です。現役社会人から話を聞ける、貴重な機会となります。希望する企業ではなくても、実際に社会人を経験しているからこその意見を得られるチャンスです。学校内での開催となりますので、気軽に参加してみましょう。

 

・合同企業セミナー
1つの会場に何十社~何百社もの企業が集まります。1度に多くの企業と触れ合える為、色々な企業を見て回りたい就活生にも、特定の企業や業界の情報収集を行いたい就活生にもお勧めです。欲しい情報にアンテナを張って参加する事で、得られる物があるでしょう。

 

【第三者の力を借りる】

新卒の就活生が陥りやすいのは、1人で悶々と悩む事です。結局の所自分の人生ですから、最終的に決断するのは自分自身になります。しかし、何もかも1人で頑張ろうとしなくてもいいのではないでしょうか? そこでお勧めしたいのは、第三者の力を借りる事。客観的な意見や、自分では思いつかないような考え方を知れるいい機会になるでしょう。

 

・エージェント
就活エージェントと言って、就活に関する多くのサポートを無料で受けられる為近年増加傾向にある就活ツールの1つです。就活のプロと面談をする事が出来る為、あらゆる迷いや悩みを解決に導いてくれる事が期待出来ます。様々な相談をする中で、エージェントが持っている企業の求人と条件が合った場合には紹介を受けられます。希望する企業が決まれば、履歴書の添削から面接対策や日程の調節など内定に至るまでサポートしてくれるので大変魅力的です。

 

・キャリアセンター
多くの大学にあるキャリアセンターですが、学校向けに届いた求人を公開しているだけではありません。就職に向けた様々なガイダンスやイベントを、キャリアセンターが主催しています。卒業生との懇親会や、OB・OGが来て企業を説明してくれたりと、他では繋がる事の出来なかった人との繋がりが持てるでしょう。

 

・先輩就活生/就活仲間
部活動の先輩・サークルの先輩など、実際に就活を経験した人から話を聞く事も有効です。就活のリアルや、体験談など参考にしてみましょう。また、インターンや説明会などで知り合った就活仲間も貴重な存在です。情報交換や、同じ悩みを持つ就活生同士だからこそ分かりあえる部分もあるでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回ご紹介した迷いや不安は、就活をする上でのほんの一部にしか過ぎません。「服装のマナーってどんなだろう? 」、「履歴書の書き方って決まりはあるのかな? 」、「志望動機ってどう伝えればいいの? 」など、それぞれのシーンで多くの迷いや悩みが出てくるでしょう。そんな時は、ネットで検索するもよし、誰かに相談するもよし、まずは行動する事をお勧めします。それぞれの迷いに合った解決術で、早期解決を図って行きましょう!