大学3年から始まる就活。誰もが卒業を前提として就活を進める事になります。しかし、まさかの留年。「今受けている選考はどうしたらいいの? 」「すでに内定を貰っているのにどうしよう…。」「来年の就活はどうなってしまうの? 」などなど、沢山の不安が一気に押し寄せて来ますよね。そこで今回は、新卒就活生の留年が決まった場合の動き方を解説。合わせて、留年する事のメリット・デメリットもご紹介して行きましょう。

 

 

留年する新卒就活生もいる

 

卒業する気で就活を進めていたにも関わらず、留年してしまう新卒就活生がいる事はまぎれもない事実です。そもそも一体なぜ留年する事になってしまうのでしょうか? 留年する理由をご紹介して行きましょう。

 

【単位が足りない】
単純に単位が足りず卒業できないケースです。サークル活動・長期インターン・バイト・遊び…。長い大学生活の中で、時には学業よりも優先してしまう事もあるでしょう。単位の取得方法は授業によって違いがあります。レポートの提出や試験、また出席を重視する教授など様々です。まずは、どうすれば単位を取得出来るのか明確にし、しっかりと計画的に取得する必要があるでしょう。

 

【必修単位が足りない】
単位は取れていたのに、まさかの必修単位を取れていなかったケースです。大学を卒業する為には、単位の他に必要な要件を満たしていなければなりません。自分の好きな授業だけを受ければいいのではなく、学部ごとに定められた「必修/選択必修科目」 などの、「卒業するために修得しなくてはならない科目」の単位を取得する必要があるのです。真面目に単位をコツコツと取得していたにも関わらず、まさかの見落としで留年する事もある事を覚えておきましょう。

 

【就活留年を選んだ】
こちらは少し特殊ですが、就活で内定が貰えず自ら留年するケースです。就活も終わりに差し掛かる頃、内定が無い場合の選択肢は大きく分けて「就活浪人」か「就活留年」の二択になります。大学を卒業して既卒として就職活動を行うか、留年して1年後に新卒として就活するかの選択で、後者を選んだ場合です。当然1年分の学費がかかりますので、しっかりと目的を持って過ごす必要があるでしょう。

新卒就活生が留年するとどうなる?

 

では次に、新卒就活生が留年してしまうとどうなってしまうのか、留年のメリットとデメリットをご紹介して行きましょう。

 

【メリット】
「留年にメリットなんて無い」と思うかもしれませんが、1年後も新卒として就活する事が出来るというメリットがあります。1度就活を経験している為、周りの新卒就活生よりもスタート地点が前にあるという事です。就活の進め方や一連の流れなど、把握しているだけでも効率は上がって来ます。また、1度就活の大変さを味わっている為、少しでも後悔している大学生活をやり直す事も可能です。資格取得に励んだり、もう1度自分と向き合い就活を見つめなおす事だって可能となります。実際に、「留年した1年間でやりたい事を見つける事が出来た」という例もあります。ですから、留年をメリットに変えられるかは自分次第と言えるでしょう。

 

【デメリット】
まず初めに襲い掛かって来るデメリットはお金です。1年分の学費がかかるという、現実的な問題が発生します。自分で稼ぐのか、親に払って貰うのか、どう工面するのかを考えなければなりません。なかなか言い出しづらい内容ですが、早め早めに親と相談しておきましょう。次に考えられる事は、1学年下の後輩と、横に並んで過ごさなければならない事です。全然気にならないという人は何の問題もありませんが、周りからの目が気になる人の方が多いのではないでしょうか。しかし、もうどうしようもない事で、今更後悔しても現実は変わりません。いい意味で開き直って、前向きに過ごしましょう。

留年が決まったらどう動く?

 

では最後に、留年が決まってしまった場合の今後の動き方をご説明して行きます。

 

【選考/内定辞退】
「何か言われるんじゃないか」「申し訳ない」という気持ちが強く、つい後回しにしてしまいそうですが、分かった時点で出来るだけ早く伝えましょう。万が一内定承諾している場合でも、内定辞退する事は可能です。正社員の労働契約において、労働開始の2週間前までは特段の理由を必要とせずに労働契約を一方的に解除できると法律上では定められていますので覚えておきましょう。(民法627条1項)連絡方法は、電話連絡かメールの二択です。出来る事なら、電話連絡の方がいいとされています。また内定辞退の理由ですが、留年の場合は正直に伝えましょう。選考辞退・内定辞退にもマナーがありますので、しっかりと確認し、失礼のない様に対応して行きましょう。

 

【来年の就活対策】
留年する事が決定したら、考えなければならないのが来年の就活対策です。いくら来年、また新卒として就活が出来ると言っても、履歴書を見れば留年した事は明らかになってしまいます。ですから企業側は当然、留年の理由や留年した1年間の事を聞いて来る可能性が高くなるのです。企業側の意図としては、留年した理由よりも、留年した事で学んだ事や得た物、経験を通して今後どう活かして行くのかを見ています。ですから、就活の際プラスになる1年にする様心掛けて過ごしましょう。

 

 

まとめ

留年は出来る事ならしたくないのが本音ですが、決まってしまった物は仕方がありません。就活において、留年を不利にする事も有利にする事も自分次第となります。これからの1年を有意義な物にする為にも、きちんと計画性を持って過ごして行きましょう。またこれから就活を迎える人は、上記でご紹介した留年する理由に当てはまる部分が無いかを確認し、まさかの事態にならない様気を付けて取り組んで行きましょう。