新卒の就活は、「書類選考→筆記試験→面接」というのが大まかな流れですが、今回はその中でも一次面接に焦点を当ててお話したいと思います。そもそも企業によってそれぞれ回数は違いますが、、一次面接・二次面接・最終面接と数回に分けて選考する場合があるのはなぜなのでしょうか? また面接官はどんな人なのか、どんな面接内容なのかを一次面接の役割から考えます。最後には、突破する為の5つの秘策もご紹介して行きましょう!

 

 

一次面接の面接官はどんな人?


一次面接を担当する面接官は、一般社員や人事部の人など割と近しい存在の人が行う傾向にある様です。その理由は、そもそも一次面接を設定している背景にあります。まず面接が数回ある企業は、採用人数が多い場合がほとんどです。採用人数が多ければ、応募して来る人数も必然的に多くなる為、企業側は効率的な採用活動をする必要があります。ですから一次面接の役割として考えられる事は「自社に合った人を探す」訳ではなく「自社に合わない人を選考から外す」作業だと考えられるでしょう。リラックスした状態で臨んで欲しいという企業側の意図から、面接官を若手社員などが担当する場合もある様です。ですから、実は面接官が面接に慣れていない、なんていうケースもあるんですよ。また内定辞退が問題になっている昨今。面接官の態度や発言が内定辞退に繋がる事もある為、面接官も気を遣い慎重になっている傾向にあります。

一次面接の面接内容とは?


では次に、一次面接ではどの様なことを聞かれるのでしょうか? 一次面接では定番の質問が多い傾向にあります。定番の質問と合わせて、聞く意図もご紹介して行きましょう。
【自己紹介】
提出された書類と間違いがないか、基本情報の確認をする為の物です。「学校名とお名前をお願いします」など内容の指定があった場合には従い、指定が無ければ得意な事や頑張っている事など、何か一言付け加えると良いでしょう。
【志望動機】
必ず聞かれる質問です。志望動機からは、会社の事をどれ位理解しているのか、また志望度の高さなどを見ています。なぜその仕事をしたいのか、なぜその企業でなければならないのか、どの様に貢献出来るのかを伝えましょう。
【長所・短所】
どの様な性格なのかを知る為の質問です。また「自分の事がよく分からない」という人は、自分を活かす事が出来ないとも判断出来ます。ですから、客観的に自己を分析する能力があるのかをみているのです。短所を話す場合は、克服する為に行っている事を合わせて伝える事をお勧めします。また希望する仕事内容に大きな支障をきたす様な短所は、なるべく避けましょう。
【学生時代頑張った事】
何かに目標を持って取り組める人なのかをみています。与えられた仕事をただこなすだけの人よりも、目標を持って取り組める人の方が格段に成長するからです。ですから、大きな実績などは必要ありません。目標に向かってどの様に行動したのか、そこから何を学ぶ事が出来たのかが大切です。

一次面接を突破する5つの秘訣


一次面接を行う面接官の特徴・質問内容が見えて来た所で、一次面接の役割から見える、突破する為の5つの秘策をご紹介して行きましょう。
【一次面接を突破するポイント①:第一印象】
まず初めに第一印象は3~5秒で決まると言われています。第一印象の決め手は、視覚からの情報が半分を占めると言われている為、身だしなみや、細かく言えば動きや姿勢も気を付けるべきポイントとなるでしょう。また心理学では、いい印象の人の話は実際よりも高く評価され、悪い印象の人の話は評価が低くなると言われているのです。面接に当てはめて考えると、第一印象次第で結果が左右されてしまう可能性があると言えるのではないでしょうか。
【一次面接を突破するポイント②:基本的なマナー】
就活で常について回る事がマナーです。実際の社会人生活よりも、厳しい目で見られる傾向にあります。特に一次面接は集団面接になる事が多く、マナーのない人は浮き彫りになって見えて来るでしょう。身だしなみや、面接形式によってのマナーを把握しておく必要があります。
【一次面接を突破するポイント③:コミュニケーション能力】
仕事内容にもよりますが、ほとんどの仕事は何かしらの形で人と関わる事になります。業務を円滑に進める為にも、コミュニケーション能力は重要です。あえてアピールする必要はありませんが、会話のキャッチボールが出来ていないと判断される事はマイナス。面接官の質問の意図を理解し、的を得た回答を、結論からしっかり伝え、その結論を導き出したポイントの要点を簡潔に伝えるよう心掛けましょう。
【一次面接を突破するポイント④:企業とのマッチ度】
上記でも触れましたが、一次選考は「自社に合った人を探す」訳ではなく「自社に合わない人を選考から外す」作業がほどんどの場合です。企業の社風や、今後のビジョンとかけ離れている場合は落とされてしまいます。その為、企業研究をしっかりと行い理解を深めておく必要があるでしょう。
【一次面接を突破するポイント⑤:面接練習】
「一発本番で! 」というチャレンジャーは少数派だと思いますが、お勧めは出来ません。緊張する場では頭が真っ白になってしまったり、普段の癖なども無意識のうちに出てしまう事があります。普段使っていない言葉遣いやマナーは、すぐに身に付く物ではありません。きちんと練習を重ねて挑みましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか? 一次面接は加点方式ではなく、減点方式です。プラス評価が必要ないと言えば嘘になりますが、一次面接突破のコツはマイナス要素を作らない事ではないでしょうか。採用人数が多ければ多いほど、この特徴は色濃く出てくると考えられます。突破する為の5つの秘策を参考に、一次面接に挑みましょう! また二次面接・最終面接まで行われる企業もあります。それぞれの面接の役割や特徴を理解して就活を乗り越えて行きましょう!