UターンやIターンなど、就活の形はさまざまであっても共通しているのは、準備や選考そして入社までで経済的な負担が大きいということ。
内定を得て、無事に就活を終える時期も人によって違いますが、移動先の立地や継続日数で費やす金額はどんどん増えていきます。
まだ就業経験が無くて金銭的余裕の無い新卒就活生なら、一つでも多くの節約方法を身につけておくべきです!

就活中はお金を節約したいもの

就活を始めていくと嫌でも痛感しますが、初めの準備の時点でも大きな出費を必要とし、数多のイベントへの参加や選考を行う会場への移動などでも経済的な負担は避けられません。
フォーマルな場でも恥ずかしくないように、頭から足元までの“見なり”の整えだけでなく、書類準備や移動手段などでも多大な金額が動きます。
ここで、就活におけるお金の使い道や節約方法に触れていきましょう。

【スーツ、クツ、カバンの購入】

就活生はリクルートスーツやカバンに革靴など就職活動の“正装”に着替えなくてはならないので、何も持っていないとなれば一から用意する必要があります。
また、第一印象を決定づける服装には妥協は許されず、値段の安いものは見栄え的にも不安が生じるため、少し無理して2万円代後半~4万弱円のリクルートスーツを購入する場合がほとんど。
クツやカバンも汚れが落としやすい、型が崩れにくいものがベストなため、高価である必要はありませんが値段と品質に満足のいくものを選択しなければならないでしょう。

スーツ、クツ、カバンを一式用意するとなればトータルで5、6万円ほどかかってしまいますが、もしも就活を終えた先輩や兄弟のなかに、「今は使っていないうえに傷や汚れも見当たらない」という人がいれば譲ってもらいましょう。就活節約術の基本は「使えるものは使い、もらえるものはもらう」です。
たとえ譲ってくれる人がいないといっても諦めることはありません。今ではオークションアプリを使えば定価よりも大幅に値が下がった状態で購入できるので、足りない物はなるべく人の手を介して手に入れるべきです。

【交通費】

首都圏の企業を中心に就活していくのであれば、地方に比べてJRや私鉄が充実しているだけでなくタクシーも多いため、交通アクセス自体に悩まれることはありません。ただ、自宅から遠く離れた場所に向かうとなるとその都度、移動費がかかるだけでなく、電車が事故などで使えなくなったらタクシーを使わざるを得なくなる場合も無きにしも非ず。
そして、複数の企業にエントリーをかけるとなれば、テストや選考を行うために1社1社回らなくてはならないので、定期券の区間外となると肝心なときにお金が尽きる……なんてケースもあり得ない話ではありません。
特にUターン就活Iターン就活で地方企業にターゲットを絞ると、言うまでもなく時間やお金が多分にかかってしまうので要注意です。

さすがに金銭的余裕の乏しい就活生が毎回新幹線を使うのは酷というもの。なので、遠方に出かける場合は夜行バス高速バスといった格安の遠距離移動手段を活用しておくべきです。
これらは、長時間座って足腰が痛み、休憩も数回程度で隣席との距離も近いため精神的にも窮屈に感じてしまうデメリットが含まれますが、その分、値段は電車よりも大幅に抑えられるのでオススメといえるでしょう。
また、都内近郊で就活する場合は“よほどの事情が無い限り”タクシーを使わないようにしてくださいね。タクシーは1メーターで740円ほどかかるだけでなく、渋滞の影響を受けやすいので忙しい就活生には不向き。
移動は専ら電車を使い、自宅から遠い場所に行くのであれば、乗り換え回数が多く、股間がかかっても、金額の安いルートを選択しましょう。。また、主要なターミナル駅などを頻繁に訪れるなら回数券を買っておくのも有効的です。

【飲食費】

外出する前に必ず自宅でお昼をこしらえて持参すれば問題ありませんが、手間や日持ちを考えて出先のコンビニなどで食べ物や飲み物を確保する人も大勢いらっしゃいます。
しかし、都心のオフィス街にある飲食店では大手チェーンを除くと一食で1000円以上というのもザラなので、物価と立地の関係は事前に把握しておくべきですね。

こちらは実家ならば親御さんに協力してもらって朝食昼食を用意してもらい、一人暮らしならば夕飯の余りものを後日で食べ、飲み物は水筒にして持参するなど工夫しましょう。
楽をしたいからとコンビニやカフェを使う人もいますが、お店に入ってしまうと購入の予定に無かった物も買ってしまう恐れがあるので、誘惑を断ち切る意味でも自炊した食べ物飲み物を用意する癖をつけておくように。

【宿泊費】

説明会やインターン、選考といった都合で日帰りできない場合は誰もがホテルに宿泊するかと思いますが、格安を謳う宿泊施設でも休憩ではなく宿泊であれば一回で何千円も支払わなければならないでしょう。そこに朝食代やその他サービスをオプションでつけるとなれば、プラスで余計な出費をしなければなりません。
今では就活生向けのリーズナブルなプランを用意するホテルも多く存在しますが、自分が向かう先では無いかもしれないので、出発前にネットでチェックして、必要であれば予約しておくのもありです。

上記のように、行く先々のホテルで用意されているとは限りませんが、現在はビジネスホテルやシティホテルの多くで一般とは違う、就活生や学生向けの料金プランが用意されています。
それに、ホテルが見当たらなくてもネットカフェや無料ラウンジなど時間調整のための場はいくらでも考えられます。
ですが、最もお金を消費せずに済む方法は地方の親戚や友人宅に泊まらせてもらうことでしょう。
身内や仲の良い友人ならばお金を使う心配もありませんし、食事も期待できるので可能であれば声をかけてみては?

【書類代、写真代】

就活ではとにかく履歴書やESのクオリティーを向上させることが重要になっていきます。しかし、最初から内容と見栄え共に満足のいくレベルに仕上げられる人は少ないため、多くが何枚何十枚も失敗を重ねていくことでしょう。
しかし、そうなればネックとなるのが書類の購入費。誤字脱字やインク漏れといった人的ミス、選考お祈りなどで上手くいかなければまた新たに買わなければなりません。
それに、履歴書に貼る証明写真の撮影費用も決して安いわけではなく、証明写真機で撮るにしても一回で700円800円程度かかり、スタジオでプロが撮影するならば1枚で1000円以上かかることがほとんどです。

証明写真機を使ったスピード撮影はスタジオに比べて枚数的にも値段的にも良心的ですが、いかんせん撮影の調整を図るのが自分自身なので、ミスが多発すれば撮影回数が増えて出費が増えるだけでなく、何度もやり直しをしたところで客観的に見て映りが良いものが撮れるとも断言できません。
ただ、プロのカメラマンを擁するスタジオならば値段や手間がかかって気が引けるにしても、専用の機器とプロの経験によって質が抜群な写真を得ることが可能になります。将来への投資と考えて、ここはスタジオの手を借りましょう。

就活中にクオカードがもらえるってホント?

ここまで就活の節約について解説を挟んできましたが、なんと就活イベントでも参加するだけでお金を得られる可能性も実はあるのです。
就活中に利益が得られるという点では有給型のインターンシップが選択肢として考えられますが、実は就活サイトに登録して説明会に参加するだけで、現金やクオカードを手に入れられるサービスがあります。
なぜこんなことが可能なのかというと、今では売り手市場で学生が企業を選びやすくなっただけでなく、ネットの普及によってさまざまな情報が手に入りやすくなったことで、積極的に説明会へ参加する就活生が減ってきているという背景があるのです。

それは企業の採用計画に大きな影を落とすことに繋がるため、「就活サイトを仲介して多くの就活生の注目を引きたい」という狙いが含まれています。
といっても、全ての就活生がその恩恵にあやかれるわけではなく、大手企業発の説明会であり、サイトに登録後、決められた数のブースに参加することで2000円分のクオカードや現金を与えるという内容がほとんど。
といっても、業界や企業の情報収集が可能なだけでなく参加してお金も獲得できてしまうのは、金欠に陥りがちな就活生にとってありがたい話には変わりありませんね。

まとめ

いかがでしたか? 理想的な働き口を探して選考を受けるだけでも安くない金額を支払うことになる就活。金銭的な余裕の無さは精神的な余裕の欠如にも繋がりやすいので、今後就活する人は本稿の解説を参考にしてみてくださいね。
また、説明会を選ぶにしても、企業からちょっとした特典をプレゼントしてもらえるイベントも含まれているので、こういった絶好の機会も逃さないように!