学生からキラキラした新社会人へデビューするための大事なイベント「就活」。その名を聞いて「難しそう」「面倒臭い」といったネガティブなイメージを浮かべる人も多いですが、大変なのは事実でも得られる喜びだって豊富です。

数多ある業種職種といった広い世界に触れることで新鮮な情報を身につけられますし、イベントや選考を経験してスキルアップも実現できるでしょう。

しかし、就活で最も楽しいのは就活仲間や企業の社員達との出会いや交流です。今回は就活の出会いについて語っていきます。

 

 

 

就活は出会いの場

 

就活はまさに出会いの宝庫。就活仲間や企業の人事担当者に社員、役員、セミナー講師、キャリアセンターのスタッフなど、イベントや選考の先々で多くの一期一会の出会いが待ち受けています。

星の数ほど存在する就活生達が合説や企業説明会の場に集まり、インターンシップで共通のテーマをもとに講習や業務体験を行っていくわけですから、年齢立場に関係なく学校外の知り合いができるチャンスは十二分に溢れているわけです。

 

グループディスカッションで仲が良くなったり、説明会の帰りで声をかけたり、あるいはSNSや掲示板で同好の士を募って交流を図るなど、知り合う経緯に違いはあれど、普段の生活内ではまず関わることのない人物と関係を築けるのが、就活をするうえで得られる最大の喜びといっても過言ではないでしょう。

就活で知り合った仲ならば、企業研究から選考までの対策にも協力し合えるので、1人で黙々と進めていくよりも情報収集がしやすいだけでなく、壁にぶつかってメンタルのバランスが崩れてしまっても、互いに励まし合って切磋琢磨することもできるので、就活での出会いは自身の成長やモチベーションの維持にも大いに役立ちます。

 

出会いのチャンスを逃すな恐れるな

 

ただ、就活を効率良く前向きな気持ちで進めていくには多くの人と関わりを持つことが大事、といっても初対面の人とコミュニケーションを取ることに引け目を感じる就活生もいることでしょう。

確かに、ドラマでは日常でしょうが、何か仲良くなれるきっかけが舞い込んできたわけでもなく、いきなり見ず知らずの就活生に話しかけるのは勇気が要りますものね。

ですがあえて言います。「そこは頑張って勇気を出そう!」と。

なぜなら、就活は初対面の人物とコミュニケーションを取る場面の連続です。それは同世代だけではなく、志望する企業の社員(OBOG)や面接官に経営者など、目上の立場とも話す機会を含みます。

そこで極度の人見知りを発揮してしまったら、相手に良い印象を植えつけることは叶わず選考の通過も夢のまた夢となるでしょう。

 

初対面に臆していては人脈の形成は困難

 

「同じ就活生であっても初対面だから怖い……」ではなく、「初対面だから良い」のです。

たった数ヶ月の間に多くのイベントに参加して、初めての出会いを何度も経験したならば、受け答えへの慣れや初対面の相手へのアプローチの仕方も自然と身についていきます。

というより、育ってきた年代も違って性格や価値観も異なる上の世代と交流を図るよりも、同じ就活生という立場に置かれている同年代同士の方がよっぽど関わりやすいはずですよ。

年齢もそこまで離れていないためにジェネレーションギャップを感じることも無いでしょうし、就活という共通点があるために話題だって豊富です。

人脈を築きたいならば、失敗する可能性を恐れず積極的に話しかけていきましょう。きっと他学校の就活生も、自身と同様に“誰か”からアプローチされるのを待っているはずですから。

 

ときめく出会いもあるってホント?

 

就活仲間として情報の共有や面接練習を行って成長していく間柄というのは、毎年の就活でお馴染みの光景ですが、頻繁に男女で交友を持っていつしか“親しい間柄”に発展……なんてことも珍しくありません。

 

「リクラブ(リクルート・ラブ)」という言葉をご存じでしょうか? 説明会やインターンシップで知り合った就活真っただ中の男女が、連絡先を交換した後も就活の情報共有や対策に付き添い、気づけば相思相愛の仲になった、という流れを指す造語です。

「いや、そんなのって稀有なケースだろう……?」と思うかもしれませんが、実は出会ったばかりの就活生が恋に落ちて付き合うという話はありえないものではなく、むしろ価値観やキャリア、企業に望むことに大きな違いがないために意気投合しやすいので恋仲に発展する可能性は大きいといえます。

 

こうして話すと「軟派、不純」という印象を受けるかもしれません。なかなか先の見えない就活を経験していくと、挫折や失敗の連続でどうしても自己否定の気持ちが芽生えやすい。しかし、“同じ釜の飯を食う仲の絆は固い”ではないですが、就活を共に頑張っている彼女(彼氏)がそばにいれば気持ちの立て直しが容易になるうえに、自分の至らない箇所を身近な人から客観的に指摘してくれるので、プライベートだけでなく就活の精度が上げやすくなるのです。

ただの恋人欲しさに就活を頑張るのは何とも言えませんが、説明会をはじめとする就活イベントで異性と距離を近づけるのは、ポジティブな姿勢のまま就活を乗り越える意味でも有用でしょう。

まとめ

 

OBOGや就活生など、多くの人達と交友関係を結べるのが就活の楽しい面。自分の知見を広げて企業選びの選択肢を増やしていくためにも、自ら進んで声をかけていくべきです。

仲間が増えていけばネットや単独行動では掴めなかった情報も手に入りますし、社会人になった後でもツラいことがあれば支えてくれるでしょうから、就活での出会いは大切にしていきましょう。