新卒の就活において、「高学歴=大企業」というイメージは、多くの就活生が持っているものではないでしょうか? 就職率が高いだけではなく、大企業・上場企業への就職が目立つのは周知の事実です。また、近年では大学を選ぶ際の基準の1つとして「就活に有利な大学」が挙げられています。そもそも就活において、大学名が就職に与える有利・不利は存在するのでしょうか? 合わせて、就活で有利になる、大学の特徴もご紹介して行きましょう!

 

 

 

大学名で就活が有利・不利になるのか?

まず、就活市場で耳にする「学歴フィルター」ですが、選考の際に大学名でふるいにかけられる事を意味します。学歴フィルターは、今に始まった事ではなく、就活生の間ではこれまでにも噂されてきたのです。しかしその噂が現実味を帯びてきたのは近年の事。

とある大学生が説明会に参加しようとエントリーした所、「満席」の表示になったと言います。しかし一緒にエントリーした友人は「空席あり」。不審に思った大学生が、友人と同じ大学名に替えてエントリーした所、「空席あり」と表示されました。大学名によって満席・空席が切り替わる事実を知ったこの大学生がツイッターで呟いた所、瞬く間に情報が拡散。単なる噂だった学歴フィルターが現実の物となったのです。薄々気づいてはいたものの、学生にとってはショックな現実だったと言えるでしょう。

では高学歴が有利となるのはなぜなのでしょうか? 企業側の立場になって考えてみましょう。「勉強が出来る=仕事が出来る人」とは限らない事は、企業側も十分理解しています。しかし、企業側は「勉強が出来る=努力が出来る人」という考えなのです。なぜなら、学生の本文は勉強です。多くの学生にとって勉強は楽しいものでは無いでしょう。また、勉強以外の誘惑も溢れています。友達と遊んだり、ゲームをしたり、テレビを見たり…。当然、やりたくない勉強よりも、楽しい事を優先してしまう学生が多いと思います。しかし、そんな中、勉強に楽しさを見出す事が出来る人はどんな人なのでしょうか? やりたくもない勉強を、頑張れる人はどんな人なのでしょうか? 部活動で実績を残した人と同じ様に、勉強が出来る事も実績です。評価されるのは当然の事でしょう。

ですから、採用人数が多い大手企業などでは「効率的に優秀な人材の確保がしたい」、「偏差値の高い大学から採用すればハズレが少ない」と考えるのです。そう考えれば、大学名で判断される事は肯定も否定も出来ない部分なのではないでしょうか。また、全ての大手企業が、学歴フィルターをかけている訳ではありません。近年では、新卒就活生の離職率問題を受けて、企業とのマッチ度を重視する傾向にあるのです。

 

就活で有利になる大学の特徴とは?

誰もが知る有名大学ではなくても、高い就職率を誇る大学は多数存在します。ここでは、就活で有利になる大学には、どんな特徴があるかをご説明して行きましょう。

【OB/OGとの強い繋がりを持つ】

大学3年の3月から、大学4年の6月にかけてピークを迎えるOB/OG訪問ですが、就活生がOB/OG訪問を考えた時、まずは連絡先を入手する必要があります。通常は大学のキャリアセンターで連絡先を入手する事が最も多く、そこから電話やメールで自らアポイントを取らなくてはいけません。またOB/OG側も、通常業務をこなしながらの対応となる為、忙しさを理由に断られるケースも多い様です。その為、OB/OG訪問を行うのは、就活生全体のわずか4分の1ほどと少ない傾向にあります。

しかし、大学自体が、OB/OGとの強い繋がりを持っていれば話は別です。大学が主催者となれば、就活生はわざわざセミナーに行く必要もなく、話を聞く事が可能です。面接の際に、「〇〇部にいる〇〇さんの~という話がとても印象的で、さらに志望度が上がりました」などとエピソードを話せればどうでしょうか? 周りの就活生よりも入社意欲を感じますし、企業とのマッチ度もアピール出来ます。ですから、OB/OGとの繋がりが強い大学は、就活で有利になると言えるでしょう。

【学校側の支援が手厚い】

これほどまでにキャリア教育、キャリア支援に力を入れている大学が増えた背景には、2008年のリーマンショック以降、新卒の就活が厳しくなった事が挙げられます。「どこの大学に入れば就職出来るのか」という観点で大学を選ぶ学生が増えた為、大学側は高い就職率をアピールする事で学生数の確保に努めたのです。

大学によって支援の特徴は異なります。大きな大学であれば、上記でご説明した様なOB/OGとの繋がりも広くなります。逆に小さな大学であれば、個別で細かな支援が受けられるなど、それぞれ違ったメリットがありますので上手く利用して行きましょう。

また、大学とは別に、Uターン就職を自治体が実施する「就活交通費助成」というものもあるので覚えておきましょう。

【資格が取れる】

目指す職業に必須の資格、または、あった方が有利になる資格を取得出来る大学です。独学で勉強したり、大学の他に専門学校に通う事も出来ますが並大抵の事ではありません。ですから、支援プログラムやサポートが充実している大学は有利となるでしょう。また、資格は1度取得してしまえば、一生もののスキルとなります。就活の際だけではなく、その後も必ず役に立つでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 一部の企業では、大学名で就職に有利・不利があるのは事実でしょう。しかし、それが全てではありません。就活では、ついつい周りと比べてしまい無い物を望んでしまう事もあるでしょう。しかし、過去を悔んでいては何も前には進みません。今ある限りの武器を最大限に使い、また就活に有利に働くものは積極的に取り入れて行きましょう! そして、後悔の無い就活を送りましょう!