どんな人材が求められるか、相手の特性を知るためにどんな質問を設けるかは企業それぞれで違ってくるものですが、新卒の面接選考では必ず聞かれるお馴染みの質問が存在します。どの質問も就活生の本気度や社会人としての自覚が芽生えているかを確かめるために投げかけられますが、相手の納得を得られる回答を出すには、まず質問を行う企業の意図を正しく理解しておかねばなりません。今回は面接選考で頻出する5選の質問を列挙し、その内容に沿った回答の仕方に目を向けていきましょう。

 

 

 

面接のよくある質問対策は絶対必要!

 

新卒の面接選考では数々の質問が飛び交うものです。学生のこれまでの軌跡や物事の捉え方といったパーソナルな情報を知るための質問、畏まった雰囲気で相手が委縮しないために世間話を含んだ和やかな質問など、一時間にも満たない間隔で多様な切り口をもって展開されます。

面接官によっては話を派生させて想定してた内容とは違うトークに発展する場合もありますが、就活生の人柄や価値観などを探るために、どんな企業でも“必ず聞かれる共通の質問”というのが存在します。以下の方で頻出する質問を5つに分けて紹介していきましょう。

 

面接でよくある質問5

 

必ず聞かれるものだからこそ十分に時間を割いて対策していかなければなりませんが、質問への回答を練るだけでなく「なぜ聞きたいのか」という相手の意図も認識しておきましょう。

ここでは質問の裏側にある意図と、好印象に結びつけるための回答の仕方を解説していきます。

 

志望動機

 

なぜ企業が面接が始まった間もないタイミングで就活生に志望動機を聞くかというと、「数ある企業の中から自社を選んだ理由や志望度の高さを知りたいから」に他なりません。

志望動機は、企業のニーズと就活生の特性が合致しているかどうかもある程度判断することができるうえに、内容次第で相手がしっかり企業研究を行えているかチェックできるので、相手の興味を引くような内容に落とし込めるかどうかが勝負の分かれ目になるでしょう。

 

相手はこちらの志望度の高さや業務への意欲的な姿勢を動機を通じて知りたがっています。なので競合他社ではなくて“なぜその企業じゃないとダメなのか”を掘り下げましょう。

その企業にしかない魅力、他では見られないサービスやニッチな商材など、どんな企業であれ必ず魅力に映るポイントはあるものです。

それを踏まえつつ、「自分には〇〇という希望があり、□□な特徴がある御社ならばそれが叶えられる」と自分と相手の共通項を見出せれば、志望動機に大きな説得力を付加させることが狙えるでしょう。

 

ガクチカ(学生時代に力を注いだこと)

 

勉学だけでなく部活動やサークル活動、アルバイトにボランティアなど、学生時代に頑張ってきたことは何かを尋ねるガクチカ。活動内容や取り組み方を知ることは相手がどんな事柄に興味を向けやすいのか? どんな業務にマッチして力を発揮してくれるのかを知るきっかけとなります。

 

大事なのは学生時代に培ったコミュニケーション能力や忍耐力などを使って、どう企業に貢献していくかをアピールすることです。

自分が志望する職種の特徴と、強みである自身の特性を結び付けられれば、相手の仕事を任せることへの不安感を払拭することが狙えるでしょう。

 

自己PR

 

自己PRは「自分がどんな人間なのか」を能力・性格を通して説明するものであり、企業の風土に適した人物であれば、入社後に活躍してくれるかもしれないと期待を持つことができます。

逆に企業が掲げる理念や社風と反するようなタイプであれば早期退職やトラブルを生む危険性があるため、相手の適性を推し量れる自己PRは志望動機と同じくらい重要なポジションにあるのです。

 

回答の仕方ですが、必ず「私は〇〇な人間であり、□□という強みを持っています」という結論から入るようにしてくださいね。

その後は結論を裏付けるエピソードと根拠を話しますが、あまりに長すぎると聞き手の理解を遠ざけてしまうのでボリュームには気を配りましょう。

最後はまとめという形で再度結論を語るのですが、ここも「強みを具体的にどう活かしていきたいか」を加えるように。

 

長所・短所

 

「十人十色」という言葉があるように、人間誰しも取り柄や欠点が少なからずあるものです。ただ就活ではこの長所短所をいかに伸ばし、いかに改善するかを考えることがカギとなります。

企業としても自分をきちんと客観的に分析できている、選択した職種にマッチした人材を欲しいと考えているため、先ほどの自己PRの延長として盛り込むことが多いですね。

 

長所や短所は自己分析で浮き彫りとなる要素ですが、その情報に誤りがないかどうかは自分だけでは判断がつきにくいもの。必ず情報を整理する際は家族や友人に協力してもらい、他己分析で分析結果のすり合わせをしておきましょう。

そして短所を語ることに不安を抱くかもしれませんが、決して包み隠さず話し、今後はどう向き合い、業務を通じてそうやって改善していくつもりかをアピールできれば好印象に繋げることも可能になるはずですよ。

 

キャリアプラン

 

キャリアプラン(将来設計)がきちんとできていないと、せっかく内定を提示しても入社後すぐに仕事に対する興味を失って退職してしまうかもしれません。

採用活動は広報からイベントの開催、選考の数々で多大なコストを投じています。そんな工程を経て手に入れた新卒がすぐに辞めてしまうと採用活動を継続しなければならないだけでなく、若手が育たず倒産する可能性だって考えられるでしょう。

 

まだ実務経験が乏しく、仕事のノウハウもない状態で将来を考えるのは難しいかと思いますが、企業説明会やHP、OBOG訪問で得た情報(年収や役職、各職種の業務水準)を基にし、「〇〇という業務を通じて自分のどういった点を伸ばしていくつもりか」を具体的に考えていきましょう。

まとめ

 

今回は新卒の面接選考で必ず聞かれる5大要素を取り上げましたが、どんな質問でも共通するのは「企業の特徴や考えにマッチしているか」「能力や性格が仕事に活きるかどうか」、そして「企業だけでなく自分自身のことを理解しているか」です。

面接は自分の有用性をアピールするだけでなく、相手に「この子と一緒に働きたい」と思わせることが肝心なので、今回の解説をきっかけに現在の就活の仕方を振り返ってみてはいかがでしょう?