就活は早めに動くに越したことはありませんが、何の計画も練らず周囲に流される形でやみくもに取り組んでしまうのはご法度です。業界や企業選びにまつわる情報の齟齬が発生したり、無理なスケジューリングによって心身に深刻なダメージを与える恐れがあります。

本稿では21卒の学生に向けて、就活におけるスケジュールの立て方を解説します。

 

 

 

早期内定を目指したいなら就活は計画的に!

 

人によって就活の目的や行動範囲は違うものですが、学生生活の多くの時間を準備や対策に割くことになるため、どうせなら効率的で無理のない就活をしたいですよね。

「時間的にも余裕が欲しい」「数多ある企業の中から理想に合致した企業を選びたい」と考えるならば、本格的な就活を始める前に学生のうちからスケジュールを組む必要があるでしょう。

経団連から就活ルールの廃止が発表され、21卒以降は大手を含む国内企業の新卒採用計画と就活の進め方が変わっていくとされていますが、スケジュールそのものには大きな変化は生じません。

大学3年の春(3月)から説明会やエントリーが解禁され、翌年の6月以降は経団連に加盟している企業群の選考が開始。同年10月には多くの企業で内定式や懇親会が行われるなど、全体的な就活の動きはこのようになっております。

 

内定を左右する選考(面接・グループディスカッション)そのものは6月以降と制限されているにしても、それ以前の準備や対策に関しては3年生のうちから始められるので、当たり前ですが時間に余裕を見て早期的に動けばその分、内定を取れる確率は上がっていくでしょう。

また、経団連に加盟していない外資系企業やベンチャー企業ならば前述のスケジュールに従う必要がないため、早めに取り組んで早めに選考を受ければ来年には既に内定を獲得できている、なんてことも可能になります。

近年では“必要な時期に必要な人材を確保できる”通年採用を取り入れる企業も徐々に増えてきているので、就活における自分なりの年間スケジュールを組んで計画的に取り組むことができれば、早期内定は夢物語では無くなるはずです。

 

無計画に進めることで生じるリスク

 

といっても学生という立場では学業の他にも部活にサークル活動、あるいはボランティアや留学といった課外活動も含まれるでしょう。

ここで注意するべき点は、「他の学生が就活に目を向け始めたから」という理由で周囲の動きに神経質になってしまい、強引に就活を開始してしまうことです。

部活やサークルといった学生時代でしか叶えられないことを途中で投げ出し、曖昧な気持ちのまま就活に臨んでしまうと、“やりたいこと”への未練や消化不良感がのしかかって、就活に対する姿勢に大きな影を落としてしまうかもしれません。

確かに「就活で出遅れたくない」という気持ちは理解できますが、計画性を持って無理なく就活をするには、自分なりのスタート地点とゴール地点を明確にし、「他所は他所、自分は自分」と割り切ることが大切です。

 

21卒の就活スケジュール

 

では、21卒の就活生はどのように動くのが理想的なのか? 現段階のスケジュールをもとに今後の流れを考えてみましょう。

 

秋冬インターンで内定を得られる可能性あり

 

まず秋冬インターンへの参加を基点とする場合、秋は10月~12月、冬は1月~3月と違いはありますが「〇月までにどんなことを学ぶか」という目的意識を持つようにしてくださいね。

秋冬インターンでは夏インターンと違って企業は学生の能力や価値観を見ることを狙っているので、優秀な成績を残せば年明けに内定を提示されたり、一部の選考(ESや一次面接など)を免除される可能性があります。

もしも相手を唸らせるような結果を出せなかったとしても、インターンは就活に活かせる情報を体系的に学べるので決して無駄な経験にはならないはずです。

その後、インターンを終えたら、「秋冬インターンで何を学べて以前と今ではどう変わったか?」という振り返りを行い、そこから得た情報をもとに自己分析を行いましょう。

 

3月の解禁に備えて準備を開始

 

十分な時間を掛けて自己分析ができたら、自分が興味のある業界・企業をいくつか絞り込み、3月を迎えて企業が広報活動を解禁した後で、開催される合説や企業説明会に複数参加します。

“目ぼし”をつけた企業が説明会を開催していないとしても、参加することで興味の湧く業種や職種を見つけることができるかもしれないので、視野拡大の意味でも参加しておいて損はありません。

そして、各説明会や企業のコーポレートサイトなどで情報を収集できたら、ターゲットとする業界や企業との適性を検査。個別説明会やOBOG訪問で掘り下げを行い、企業や業務に対する認識に間違いがないかを確かめましょう。

こうして自己分析・企業研究を達成できたら、エントリーの締め切り時期に間に合うようにESを作成。6月を迎えた後で解禁される面接やグループディスカッションに向けた対策を行っていきます。

ただ、企業の規模や特色によって面接の種類(個人・グループ)や、一次~最終というフェーズも変わってくるので、過去の選考状況を参考に取り組むようにしてくださいね。

 

これはあくまで秋冬インターン後の大まかな動き方の例であり、特定の時期にどんな活動を詰め込むかは自由ですが、こうして数ヶ月後を見越して自分なりの計画を立てれば土壇場でペースを乱してアタフタすることは無くなるでしょう。

それと、6月以降に選考を行うのはあくまで大手企業であり、ベンチャーや認知度の低い企業などでは4月5月でも選考を行って内定を提示する場合も往々にしてよくあります。

どちらにしても「〇月までに何をしておくべきか」という計画をしっかり立てていないと、準備や対策を十分に行えなくなってしまうので、早期内定を取って安心したいならばスケジュールの管理は徹底しましょう。

まとめ

 

このように、就活スケジューリングは時期毎で大まかに線引きされてはいますが、自分がどんな企業に進みたいのか、選考ではどんな人物が求められるのかによって、対策の手段や難易度も大きく変わってきます。近年では夏採用や秋冬採用まで就活を継続する学生も珍しくありませんが、無理のないスケジュールで早期内定を狙うならば、比較的時間的余裕のあるこの時期から就活に向けた計画を練りましょう。