近年就活市場で耳にする機会が多くなった「親カク」という言葉を、就活生のみなさんはご存じでしょうか? 様々な背景から、就活は自分だけの問題ではなくなってきています。そう、タイトルにある通り「親」という存在です。今回ご紹介するのは、新卒就活生に知って欲しい「親のホンネ」を親カクが行われる様になった背景から考えます。また、就活をスムーズに進める為に! 内定が出た後に親と話すべき事、話す時に気を付けたい事をご紹介して行きましょう!

 

 

 

近年急増中! 就活の親カクとは?

近年急増している「親カク」。就活生のみなさんはご存じでしょうか? 企業側がせっかく内定を出しても「親に確認したら反対された」との理由で、内定辞退する就活生が増加していると言います。親カクとは、親の反対による内定辞退者を防ぐ為、内定が決まった学生の親に対し入社の承諾を取る活動の事です。この親カクを行う様になった背景は、大きく分けて2つあるとされています。

【少子化】

一人っ子や兄弟が少ない家庭が増えており、親の子供への関与が強まっているとされています。親が子供の将来へ不安を抱き、塾や有名大学への進学など1人当たりにかける教育費も高くなっているのです。親としては「お金をかけた分いい企業に勤めて欲しい」「安定して働ける仕事にして欲しい」という思いがあるのでしょう。

【ブラック企業の浸透】

インターネットの普及で、ここ数年「ブラック企業」という言葉が世間一般的に浸透しました。ブラック企業とは、企業利益を優先し過酷な労働条件で労働者を働かせている企業の事を言います。長時間労働による健康障害や過労死などのニュースが報道される事も増え、親としては「何かあってからでは遅い」と他人事とは言えなくなっています。社会経験のない子供だけでは、判断出来ないという思いがあるのでしょう。

 

以上の事から、親が子供の就職先に口を出す様になってきています。以前は就職先が決まった事の「報告」で済んでいたものが、「承諾」を取らなければいけない状況に変わりつつあるのです。親自身が安心して過ごす為にも、子供を任せられる企業に勤めて欲しいというのが本音なのではないでしょうか。しかし、干渉が行き過ぎてしまい、就職先だけではなく「一人暮らしを認めてもらえない」という声も耳にします。子供を心配する親心だとわかっていても、ついつい言い合いになってしまう就活生もいるのではないでしょうか。内定が出てからこの様な状況にならない為にも、普段からのコミュニケーションが大切になってくるでしょう。

 

内定が出た後に親と話すべきこと

内定前だけでなく、内定後に話し合わなければならない事も沢山あります。それは悲しいかな…お金絡みの事がほとんどです。何も言わなくてもサポートするつもりでいる親は多いと思いますが、大切な事になりますので自分から話しに行きましょう。

【引っ越しについて】

引っ越しが伴う就職になる場合は、保証人を親に頼まなければいけません。社会人としての金銭感覚がまだない為、家賃の目安などを相談する事をお勧めします。引っ越し先が決まればいつ引っ越すのかなど、日程の確認をしておきましょう。また初期費用や家具家電、引っ越し費用など何かとお金がかかる事になります。自分で用意出来れば問題ないですが、サポートが必要な場合は早めに相談しておきましょう。

【初任給までの収入について】

働き始めたからと言って、すぐに収入が入る訳ではありません。早くても給料が入金されるのは1カ月後となります。それまでの生活費を負担して貰わなければいけない場合は、事前にお願いしておきましょう。

【収める生活費について】

引っ越しが必要なく、実家にお世話になる場合は生活費について話し合っておきましょう。社会人になったら、今までの様に全てお世話になる訳には行きません。水道光熱費や食費など、自分の生活費位は自分で負担する事を伝え、金額を話し合っておきましょう。

 

親と話す時に気をつけたいこと

就活中にあれこれと気にかけて話しかけてきてくれた親御さんは多いのではないでしょうか。就活のストレスで鬱陶しさを感じることもあって、ついムカっとくることもあったと思います。「自分の時代の就活を語られても時代が違うよ」と思った就活生もいるのではないでしょうか? しかし、引っ越しのことやお金回りのことで、ほとんどの就活生は今後もしばらくは親のお世話になる事でしょう。お金の為に機嫌を取れという訳ではありませんが、親子の間にも礼儀は必要です。自分で自分の面倒を見られる様になるまでは、養ってもらっている事を忘れてはなりません。就活の事もお金の事も、大切な事は自分から話しに行くと良いでしょう。また普段からも感謝する部分はしっかりと伝え、上手な距離感を保つ様に心掛けましょう。

まとめ

家族のカタチも多様化する現代は、親子関係も各家庭様々あるかと思います。しかし、親は子供の幸せを心から願うものです。就活中に仮に何も言われなくても、親心からずっと心配をしていた事でしょう。普段からのコミュニケーションを大切に、重要な事は早め早めに相談ベースで話しておく事をお勧めします。また性格も分かっているからこそのアドバイスも役に立つ時があると思います。いい意味で上手く利用し、良好な関係を築いておきましょう!