就活は社会人人生のスタートを決める重要な時期です。真剣に向き合えば向き合うほど悩みは尽きないでしょう。就活生のみなさんは1人で悩みを抱えてしまっていませんか? 悩んでばかりでは何も前に進まないのもまた就活です。そんな時は、ぜひ1人で悩まず、誰かに相談する事をお勧めします。そこで今回は、就活ではどの様な悩みを抱える事が多いのか。また自分にとって最適な相談相手とはいったい誰なのかを考えて行きましょう!

 

 

 

就活では悩むことがたくさんある

就活について考え始める大学3年の夏。なんとなく気になる企業のインターンに参加し、「業界研究・企業研究・自己分析」の為、情報収集と分析を繰り返しながら希望する企業を絞り込んで行きます。この段階でも多くの就活生は沢山の事に悩むでしょう。さらに選考が始まってからも不安や焦りは付き物で、新たな悩みに直面します。まずは多くの就活生が陥りがちな悩みを3つ、ご紹介して行きましょう。

  • やりたい仕事・合っている仕事が分からない

将来の夢があり、大学もその夢に向けて勉強をしている人、なんの迷いもなく「この仕事に就きたい! 」、と言える人はどれくらいの割合でいるのでしょうか? 多くの就活生は「やりたい仕事が分からない」という悩みに直面します。好きな事や趣味を仕事にしてもいいものなのか、それとも、持っている資格を活かした方がいいのか。資格を活かすとしても「果たしてその仕事は自分に合っていると言えるのか」、考えても、考えても答えが出ない。そうです、この悩みはすぐに正解が出る事はありません。どんなにやりたかった仕事でも、就職してから思っていた内容と違う、職場環境が良くないことから離職する人もいます。逆に、最初は興味のなかった仕事でも、やりがいや楽しさを感じ長く働く人もいるのです。また、職場環境なども合う、合わないが分かれる部分になります。ですから、就職前にある程度絞る事は出来てもその答えが絶対ではないのです。

  • 自分の強みが分からない

履歴書やESの作成、面接対策などで必要になります。自分の強みと聞かれてすぐに答えられる人も少ないですよね。弱みなら思いつくという人は、弱みを強みに言い換える方法もあります。また考えても分からない場合は、第三者から客観的な意見を聞いたり、過去に人から褒められた事を思い出してみるのもいいでしょう。

  • 周りと比べて不安になる

上記でもご紹介した、やりたい仕事がない事への不安。内定が取れない事への不安。就活で1回も不安を感じない人はおそらくいないでしょう。そもそもなぜ不安を感じるのでしょうか? 「友達はやりたい事が決まっているのに私は何がしたいのかも分からない」「周りはどんどん内定を獲得しているのに私にはまだ1つも内定が無い」など周りと比べて、自分が劣っていると感じた時に感じます。周りと比べてしまい、焦りを感じる事は自然な事で致し方ありません。むしろ、何も感じない方が危険と言えるのではないでしょうか。しかし、不安も行き過ぎてしまえば眠れなくなってしまったり、体調を崩してしまったりと良くない方向に行ってしまう事も考えられます。ですから不安はそのままにせず、原因を探り1つ1つを確実に解決して行く必要はあるでしょう。

あなたの最適な相談相手は誰ですか?

就活において、悩んだ時は1人で抱え込まずに誰かに相談する事をお勧めします。では就活中の相談相手として誰が考えられるのか、ご紹介して行きましょう。

【就活の相談相手①:親】

まずは一番身近にいる両親です。期待や私情が入ってしまう事もあると思うので、具体的な話は出来ないかもしれません。しかし最終的には、尊重し応援してくれる精神的な支えになるでしょう。また就活費用など、金銭面的に支えて貰ったという声も多く聞きます。

【就活の相談相手②:友達】

自分の強みを探す際など、自分では気づかない視点で意見をくれます。普段の自分を知ってくれているからこその意見です。また、ただただ話を聞いて貰うだけでも気持ちが楽になる事ってありませんか? 同じ就活生としてお互いに支えあい、またリフレッシュしたい時も友達が一番ですよね。

【就活の相談相手③:先輩】

先輩就活生としての経験を教えて貰えます。また社会人になってからのリアルな話が聞けるのも就活生にとっては嬉しい点ではないでしょうか。

【就活の相談相手④:ゼミの先生】

良くも悪くも、大学生活を一番近くで見てくれている1人ではないでしょうか。また生徒の為を想い、はっきりとした意見を貰えるのが嬉しい点です。

【就活の相談相手⑤:就活エージェント】

就活エージェントとは「企業」と「求職者」双方の希望が合った時に紹介を受けられるマッチングサービスです。但し、エージェントによって扱っている企業に違いがありますので、どの様な仕事に着いたらいいのかわからないという就活生にお勧めです。就活のプロがカウンセリングを行い、希望する企業が決まれば日程の調節などもしてくれます。更に履歴書の添削や面接対策など、就活のサポートを無料で受けられ、客観的に見たアドバイスを貰えるのが嬉しい点です。万が一内定が貰えなくても、不採用の理由を企業に確認しフィードバックしてくれるので次の対策を一緒に行えるのも大変魅力です。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回ご紹介した他にも、就活での悩みはまだまだ尽きません。1人で抱え込んでいては、心が持たなくなるでしょう。しかし、相談相手を一歩間違うと更に悩む事もあり得ます。相談相手として考えられる人との距離感や相談内容などから、自分にとって最適な相談相手とは誰かを考えてから相談する事が大切です。1人で頑張ろうとせず、時には周りを頼って就活を乗り越えて行きましょう。