「何か質問はありませんか?」面接で必ずと言ってよいほどされる逆質問。就活生の中には「別に質問なんて特にないけど・・・」と困っている人もいることでしょう。そもそも、なぜ面接で逆質問の機会が与えられるのでしょうか。多くの就活生に時間をかけなければならない面接で、わざわざ逆質問の時間が設けられるということは、何か理由があるに違いありません。その理由とは一体何なのでしょうか?今回は、逆質問される理由をおさえながら、どんな逆質問をしたら面接官に「ウケる」のかお伝えしていきます。

 

 

 

 

面接で逆質問される3つの理由

 

面接ではなぜ逆質問されることがあるのでしょうか。ここでは逆質問される3つの理由を説明します。

【逆質問される理由①:志望度チェック】

面接で逆質問される大きな理由は、「自社への志望度がどのくらいあるか知りたい」からです。面接官から「何か質問はありますか?」と聞かれて、積極的に質問をすれば自社への興味関心があると感じられて志望度の高さをうかがうことができます。反対に「特にありません」と答えてしまえば興味関心がないと捉えることができるため、志望度が低いと判断できてしまいます。志望動機だけでなく逆質問を通して就活生の志望度を測っているわけです。

【逆質問される理由②:コミュ力チェック】

社会人になって仕事をしていくと、これまで以上に多くの人とコミュニケーションをとる機会が増えます。社員同士はもちろんのこと、取引先やお客様など日常的にコミュニケーションをとることになりますのでコミュ力が大切です。就活生が相手に伝わるように質問をすることができるか、面接官が答えたことに対してリアクションをとることができるかという点からコミュ力を確認しようとしているのです。

【逆質問される理由③:企業理解のチェック】

逆質問では、何を質問してもよいわけではありません。企業に関することを質問することが好ましいため、当然ですが事前に面接を受ける企業の理解を深めておく必要があります。企業の事業内容と関係ないことや、調べれば簡単に分かることを質問してしまうと、「企業理解が足りない」という判断に、一方で調べた内容をもとにして質問を用意することができれば、企業理解をしているという評価につながるわけです。

 

面接官が思わず唸る逆質問5選

 

それでは、具体的にどのような逆質問をすれば面接官の心を掴むことができるのでしょうか。面接官が思わず唸る5つの逆質問をご紹介しましょう。

逆質問①

「御社に入社して早期に貢献するために必要となるスキルや資格などはありますか?」

入社してからのことを質問内容に盛り込めば「入社意欲」を伝えることができます。また、「会社に貢献していきたい」ということを伝えられますので、向上心や前向きな気持ちを持っていることもアピールできます。

逆質問②

「御社ではどのよう方が活躍されていますか?」

この質問を通して入社後に、どのような能力が問われるか理解することができる他、入社してから自分がどうなっていけばよいかという将来のビジョンを定めるヒントを得られるかもしれませんので有効な質問といえます。

逆質問③

「仕事以外で社員同士のコミュニケ―ションをとる頻度はどれくらいありますか?」

会社の雰囲気を知ることができる質問ですし、入社後の職場の人間関係を意識できていることを伝えられます。飲み会や社内レクなど、仕事以外でもコミュニケーションをとる機会が多ければ、人間関係を大切にしている会社と判断することができます。

逆質問④

「これまで仕事をしてきた中で一番苦労したことは何ですか?」

仕事上でどんなことに苦労を感じるのか質問することで、マイナスな部分でも受け入れようとする姿勢を示すことができます。さらにその苦労を「どう乗り越えたのか」を聞くことで成長意欲を高めるために聞いたという質問の意図も伝わります。

逆質問⑤

「入社前と後で会社や仕事に対するイメージに変化はありましたか?」

入社前と後のイメージの変化、つまりギャップを聞くということは「この会社に入社するイメージ」を持っていることを伝えることができます。入社イメージを持っていることを伝えられれば会社や仕事に対する前向きな姿勢のアピールにつながります。

 

こんな逆質問は絶対NG!

 

逆質問は、その内容によって高評価をゲットするためのチャンスとなります。そのため、絶対にNGを出すことだけは避けたいところです。では、面接官から嫌われる逆質問とはどんな内容なのでしょうか。逆質問のNG例をお伝えします。

【NG例①:調べれば分かる内容】

冒頭でも触れましたが、会社のHPなどを使って事前に調べれば分かることを逆質問でしてしまうと準備不足と思われてしまいます。「特にありません」と質問をしないこともNGですが、とりあえず聞いておこうとして基本的な質問をすることは避けるようにしましょう。

【NG例②:面接中に確認済みの内容】

面接中に出てきた内容で、既に確認がとれていることについて、再度質問をするのは避けましょう。話を聞いていない、または話を理解できていないと思われてしまいかねませんのでNGです。もちろん、確認したことから新たに出てきた疑問を質問するのは全く問題ありません。

【NG例③:面接官が答えにくい内容】

今後の経営内容や将来性の有無など、面接官の立場上答えにくいものや質問内容が漠然としていて答えにくいものなどについては印象を悪くしてしまう可能性がありますので避けるようにしましょう。

 

まとめ

本記事では、面接の定番ともいえる逆質問についてお伝えしました。面接の際、どんな質問についても共通することですが、質問には意図があります。的確な回答をするためには、まずはその意図を理解しておかなければなりません。もちろん、逆質問にも面接官の狙いがありますので「特にありません」と簡単に終わらせてしまうのではなく、今回ご紹介したような質問を参考に何かしら聞く準備をして必ず質問するようにしましょう。また、どんな質問内容でもよいわけではなく、上記に挙げたようにNGとなる質問もありますので、思いつかないからといってとりあえず思い浮かんだものを質問することは避けるようにしてください。なお、逆質問は面接の終盤でされることが多いですので、最後まで気を抜かないようにしましょうね。