就活では履歴書やES、面接の際に「長所・短所」を聞かれる事は定番となっています。しかし、自分の事なのに「分からない」「見つけられない」と意外と悩んでしまう項目でもありますよね。そこで今回は、初心者でも簡単に長所・短所を見つけられる方法をご紹介して行きます! そもそも就活で「長所・短所」が必要になる理由とはなんなのでしょうか!? 解説して行きましょう!

 

 

 

長所・短所はマストアイテム!

まずは就活で長所・短所が必要になるのは、なぜなのか、みなさんはご存じでしょうか? 履歴書やES、面接など就活の多くの場面で使うことになるため、選考を乗り越えるためのマストアイテムになります。では、企業側はなぜ長所と短所を知る必要があるのでしょうか? その理由は大きく分けて2つの項目に分かれます。

【自己分析出来ているか】

就活で必ず行う作業が自己分析です。自己分析では自分がどの様な人間なのか、なぜその企業に入りたいのか、入社したらどの様に貢献出来るのかなどを企業研究と合わせて考える事になります。その為に必要になる項目の1つが「長所・短所」なのです。 客観的に自分を見る事が出来ているのか、また自分の事を人に伝える事が出来るのかも同時に見ているのです。

【自社に合っているのか】

企業が一番知りたい部分が自社に合っているのかという部分です。新卒の入社3年以内の離職率が30%を超える程、入社後のミスマッチは企業側にとって大きな問題となっています。就活にも入社後の育成にも企業側は時間とコストをかけている為、出来る事ならば長く働いてもらいたいのが企業の本音です。ですから、就活の段階で自社に合っているのかを見極める事はとても重要な事になるのです。また長く働いてくれれば誰でもいい訳はありません。自社の求めている水準に合う人材なのかも見ています。

それに加えて、自分の将来のためにも長所・短所は重要な役割を持っています。企業側だけでなく就活生も自分に合った企業選びをする為に「長所・短所」を知る必要があるのです。仕事にはどうしてもその人の性格などから、向き・不向きという物があります。入社後に「この仕事は向いてないから辞めたい」と感じる前に、自分にマッチする仕事を見つける為にも「長所・短所」は把握して企業選びに役立てましょう。

とは言っても中々見つけられなくて頭を抱えてしまう人は多いはずです。では次に就活初心者でも簡単に「長所・短所」を見つけられる方法をご紹介して行きましょう!

 

初心者でも簡単! 長所・短所の見つけ方

【客観的な意見を聞く】

長所・短所を考える為には自分を客観的に見る必要があります。であれば手っ取り早く、
友人や先輩・親やバイト先の人など第三者の意見を聞いてみましょう。その際はなるべく率直な意見を言ってくれる人に聞くのがベストです。回答は様々あると思いますのでその中から自分でも納得出来る物を選ぶか、または第三者の回答から共通点を探すのも良いでしょう。

【人から褒められた事や指摘された事を思いだす】

過去に人から褒められた事や指摘された事を思い出して、書き出します。長所・短所はセットでエピソードトークも必要になりますので、どの様な取り組みをして褒められたのか、また指摘された事をどう解決して行ったのかも合わせて書き出しておくと良いでしょう。

【性格診断を使う】

インターネットではいくつかの質問に答えるだけで「長所・短所」を分析してくれる性格診断があります。ズバリ言い当てられるとは言い切れませんが、意外と思い当たるふしがあったりしますので試しに利用してみるといいでしょう。

 

《長所がない》長所と短所は表裏一体!?

就活生の中には短所にばかり目がいってしまって長所が全く見当たらない、という人が多いと言います。上記の方法で長所を見つけることができなかった場合は、短所から長所を見つけることが出来ますので最後に「短所を長所に言い換えた例」を5つご紹介して行きましょう。

【頭が固い】

頭が固く柔軟性がない人は、臨機応変な対応が苦手な傾向にあります。その反面マニュアルに沿って、しっかりとルールを守って行動出来る人とも言えるでしょう。社会人としてもまたどの様な仕事においても基本を守る事は重要な事ですので長所として活かす事が出来ます。また頭が固い人は頑固とも言えますが、頑固な人は1度決めたら最後までやり抜く力があるとも言い換えられるでしょう。

【せっかち】

常に動き回っている印象があるせっかちさんですが、対応が早くテキパキと行動出来る人が多い傾向にあります。効率的な働き方が求められている現代において、必要なスキルと言えるでしょう。

【優柔不断】

物事を決められない印象のある優柔不断ですが、良い面も悪い面も考えた上で慎重に判断出来る人と言えます。あらゆる可能性を考える為、周りの意見に耳を傾けられる性格とも言えるでしょう。また周りへの配慮をし過ぎるがゆえに決断出来ない事もある為、優しい配慮が出来る所も長所と言えます。

【飽き性】

何をやっても続かない飽き性な人は、好奇心旺盛で新しい事にチャレンジ出来る能力があります。人間は知らない事に怖さを感じてしまいなかなか一歩を踏み出す事が出来ない傾向にありますが、その一歩を踏み出せるのが飽き性な人の長所と言えるでしょう。社会人になれば知らないことだらけになります。そんな中でどんどん前に進んで行ける性格と言えるでしょう。

【ネガティブ】

ネガティブとは、他人と比べて自分が劣っていると感じた時に出る感情です。つまり、他人のいい所・優れている所を見つける事が出来るという事なのです。また自分の課題と向き合っている為、解決する事も出来ます。ただただ落ち込むだけでは良くありませんが、自分の課題と向き合い解決していく能力は社会人になってからも重要な能力になるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回は「長所・短所」の見つけ方をご紹介しましたが、就活で活用する為には自分をアピール出来る物にしなければなりません。受ける企業によって企業が求める人物像が変わる様に、自分のアピールしたいポイントも変わってくると思います。ぜひ志望する企業と相性のいい「長所・短所」を選んで就活を乗り越えましょう!

 

※「長所・短所の答え方」に関する記事はこちらから!