新卒採用の面接選考では数々の質疑応答が繰り広げられますが、そのなかでも就活生の頭を悩ませる要素が長所・短所の答え方です。長所に関しては自分のアピールに他ならないため、内容の掘り下げに苦慮することは早々ないでしょうが、問題となるのが短所の存在。「もしも素直に短所を話したら評価が下がるのでは……?」と捉えて、面接そのものに憶病になる人もいらっしゃいますね。

本稿ではそんな就活生向けに、長所と短所の答え方について解説をしていきます。

 

 

 

就活で長所・短所が聞かれる理由とは?

 

面接で新卒の長所短所を確かめる理由は「自己分析をきちんと行えているか確かめたいため」「学生が活躍する姿をイメージするため」と、大きく2つに分けることができます。

いくら求人の応募条件に合致した人物が現れたとしても、書類に記載してある特性が本当に仕事で活かされるのかは分かりません。

ましてや、新卒と面接官は選考を通じて初めて接触をもつ者同士なので、相手のことを知らないわけです。

そんな関係でいくら意欲や実績を聞いたところで、「本当にウチに適した人材なのか?」という疑念を払拭することは難しいでしょう。

そこで相手の良い面・悪い面を聞き、提出された書類に載っている情報に嘘偽りがないか、“社会人としての基礎能力”が備わっているかを確かめるわけです。

 

自己分析の精度を確認したい

 

まず、長所短所は自己分析を入念に行えていないと浮き彫りにできません。自分のことを分かったつもりになっていても、他人からは全く逆の印象を持たれていた、なんてこともあります。自分を十分に理解していないと就活で効率的なアピールをこなすことは難しくなるでしょう。

自己分析は就活準備のなかでも1、2を争う重要性を秘めており、企業としても必須工程である自己分析もできていない学生を新卒として迎えるのは避けたいと考えています。

自分のことも理解していない人材に仕事を任せること自体がリスクになる場合もありますしね。

そのため、長所短所そのものが自己分析を行えていることの確認にも繋がるのです。

また、自己分析によって自分の強み弱みを客観的に見ることができる能力は、仕事の場面でも有用なスキル。ビジネスシーンでも「相手からどう思われているのか」「扱う商材やサービスの魅力や改善点はどこか」をロジカルに捉えることが実現できます。

 

相手が活躍できる人材かイメージしたい

 

長所短所は「雇用後で生じるメリットデメリット」と言い換えることができます。強みである長所を聞けば、自社の業務や企業の雰囲気にマッチしているかどうかの想像を膨らませることが容易になるでしょうし、逆に弱点になる短所を聞けば克服への対応策を講じることも可能になるはずです。

特に短所が業務に支障をきたすものであれば、放置しておくことで企業の利益に影響を及ぼす場合もあります。

といっても正直な話、弱点は誰にだってあるもの。就活生の質を確かめる面接官にだって少なからずのウィークポイントを持っているはずですし、何の実務経験もない学生ならば尚のこと。

しかしここで重要になるのは、自分の短所を含めた問題を解決する姿勢や能力を備えているかどうかです。

組織に属する以上、短所を隠していると迷惑を被ることになるのは自分だけに収まりません。社会人として問題に向かい合い、解決に導くための対策を打てる人物ならば、新卒だろうと活躍できるかもしれない。そう睨んで面接官は学生の長所短所を伺うのです。

 

面接で聞かれたときの答え方

 

ここからは、面接で「あなたの長所短所は何ですか?」と尋ねられたときのベストな答え方をポイントに分けて紹介していきましょう。

 

結論は先に話し、根拠となるエピソードを続ける

 

志望する企業の求める人物像と関連づける

 

回答は多くても2つに絞る

 

短所はネガティブな言い方に寄りすぎない

 

長所短所の効果的な回答はこの4つの基本を守ることで実現できます。

まず①についてですが、長所短所に限らず自己PRやプレゼンでは結論から述べていくように。後で裏付けとなる根拠や理由を話していき、学生時代に起きたエピソードを交えていくとより説得力が増すでしょう。

形としては「私の長所(短所)は〇〇です。なぜそう考えるかというと~」ですね。

このとき、長所は自身の性格ではなく勉学や課外活動で得た実績でも問題ありません。

順序というと過去の経験で長所がどう活かされたかを話し、続けてどんな弱みに気づかされたかを場面ごとに紹介していきましょう。

 

②はどういうことかというと、企業の募集要項に記載している人物像や説明会やOBOG訪問でどんな社員が活躍しているかを聞き出し、そのタイプに近しい長所を挙げることを指します。

企業としても自社の理念や方針に深い理解と共感を持つ人物に来てほしいと考えて採用活動をしていますし、「現在で結果を出している社員と似通ったタイプなら同様の成果を上げてくれるのではないか」と、相手にイメージさせることが狙えるでしょう。

言うまでもありませんが、印象を良くしたいと考えて“盛ったり”嘘をつくのはやめてくださいね。

 

次に③ですが、長所を語ることは自己PRをすることと変わりないため、欲張っていくつも列挙する学生も多く見受けられます。ただ、3つ4つと長所を挙げてしまうと説明の収拾がつきにくくなるだけでなく、相手に不信感を抱かせる恐れがあるので、原則して長所は1つ多くても2つに留めるように。

 

そして④について。短所というネガティブな質問はなるべく前向きに思われるように工夫する必要があります。たとえば「せっかち」は「スピーディーに行動する」、「心配性」は「計画性を大事にしている」などと言い換えることが可能です。ここで「よく嘘をつく」「暴力を振るう」など人間的にアウトなものを選択しないように注意しましょう。

また、ただ短所を語るのではなくて、今後に備えてどう改善の努力をしているのかも含ませれば、「自分の弱点と向き合える人物」として評価されるはずですよ。

まとめ

 

いかがでしたか? 企業から魅力的に思われるためにどんな長所を選択するべきか、マイナスの評価に落とさない短所の話し方は何なのかで困惑する人も多いですが、前述の解説通りに構成すれば相手のニーズに沿った人物として映るはずです。

ただこれは自己分析の徹底化が前提となるので、情報の取捨選択は時間をかけて慎重に行っていきましょう。