大学3年の3月から、選考が始まる大学4年の6月にかけてピークを迎えるOB/OG訪問ですが、新卒の就活生はどの様に進めたらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか? OB/OG訪問は就活生にとって、実際に現場で働く人のリアルな声を聞く事が出来る貴重な機会となります。今回はOB/OG訪問実現の為に! 連絡先の入手方法や手順を解説して行きましょう!

Smart就活に無料登録する

 

 

OB/OG訪問は意外と難しい!?

 

OB/OG訪問とは、希望する企業の先輩社員を訪問して直接仕事内容や職場環境を聞く事が出来る手段となります。情報化社会の現代では、簡単に多くの情報が入手出来る一方で、情報の信ぴょう性を判断する事が難しい物も溢れているのが現状です。そんな中で、実際に働いている人から話を聞ける事は一番確かな情報と言えるのではないでしょうか。そのため、業界分析や企業研究で、より理解を深める為には是非とも実現したい所ですよね。

Smart就活に無料登録する

 

企業理解を深める、生の声を聴けるという点ではインターンも選択肢の1つとしてあります。、近年では、OB/OG訪問の経験者と比較すると、インターン経験者の割合が高くなってきています。ただし、インターンは参加人数も多いため、仕入れることが出来る情報には限りがあります。OB/OG訪問の方が、1対1で話ができる機会が多いので、しっかりと情報を仕入れることが出来ます。そうなると、皆、「OB/OG訪問をしたい!」となるでしょう。

 

しかし、OB/OG訪問は自分で連絡先を入手、連絡し訪問の機会を手に入れなければならないため、実現できる難易度は非常に高いです。その難易度が高いミッションを実現するための、OB/OG訪問の進め方をご紹介して行きましょう。

 

OB/OGの虎の巻

 

まず、なんと言っても、連絡先を入手する必要があります。OB/OG訪問を行っている就活生は、大学のキャリアセンターで連絡先を入手する事が最も多く、その他、研究室やゼミの先輩・部活やサークルの先輩・友人知人など独自のルートから入手するパターンもあります。。また会社説明会などのイベントで名刺を貰い連絡するという強者もいます。
では次に連絡先を入手した後のアポイントの取り方を、2つ例文でご紹介して行きましょう。

 

■電話の場合

お忙しいところ失礼いたします。私、(大学名・学部)△△△△と申します。(会社名)の○○○○さんでいらっしゃいますか? (連絡先の入手方法)にて○○さんのお名前を拝見し、本日はOB訪問のお願いをしたくお電話しました。只今お時間大丈夫でしょうか?
ありがとうございます。
現在、就職活動を行っており(OB訪問の理由)で○○様がお勤めの(会社名)に大変興味を持ちました。
ぜひ現場でご活躍されている○○さんのお話を伺いたいと考えています。お忙しいところ大変恐縮ではございますが、OB訪問のためのお時間をとっていただけないでしょうか?

Smart就活に無料登録する

 

■メールの場合

■件名:OB訪問のお願い
■本文:会社名・部署名・〇〇様

 

突然のご連絡失礼致します。

 

大学名・学部・△△△△と申します。
このたびは、OB訪問をお願いしたくご連絡致しました。

 

(連絡先の入手方法)にて〇〇様をご紹介頂きました。
現在、就職活動を行っており(OB訪問の理由)で○○様がお勤めの(会社名)に大変興味を持ちました。
お忙しいところ大変恐縮ではございますが、ご都合のよい日時にお話をお聞かせ願えませんでしょうか。お手数をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

大学名・学部・△△△△
電話番号:0000
メールアドレス:〇〇

 

メールよりも電話の方がアポイントを取りやすいという話もありますが、電話はかける時間に配慮する必要や言葉遣いなどを身に付けて挑む必要があります。一方メールは相手が都合の良い時に返信出来る事がメリットですが、メール自体読まれない可能性もあるというデメリットもあります。どちらを選ぶかは自分で判断しましょう。
また、OB/OG訪問のOKが出た場合は「日程や場所の調整→訪問→お礼メールを送る」という手順になります。訪問する為の質問リストの作成や、マナーも確認して失礼のない様に臨みましょう。

 

OB/OG訪問を断られたら?

 

OB/OG訪問の実現は、社会人側の協力があって初めて成り立つ物です。せっかくOB/OGを見つけ出すことが出来たのに、仕事が忙しいなどの理由で断られてしまうケースも多いと言います。なぜなら企業側で時間を設けてくれる場合は良いですが、普段の仕事をこなしながら自分の時間を割いて対応するケースが多いからです。上記でお話した、インターンに比べOB/OG訪問率が低い原因の1つにはこの様な背景もあると言えるでしょう。ですから、OB/OG訪問は断られたからと言って落ち込む必要はありません。むしろ断られて当たり前! OKが貰えたらラッキー位の気持ちでアポイントを取りましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか? OB/OG訪問を実現させる為には、まず連絡先の入手から始める事になります。せっかく入手出来たとしても、スムーズにアポイントが取れる訳ではありません。またアポイントを取れたとしても、質問リストなどの事前準備も必要になりますのである程度の時間が必要となります。取り掛かるのが早い就活生は大学3年の秋頃から始めている人もいるといいますので、時間には余裕を持って進めて行きましょう!

 

 

■「OB・OG」に関連した記事一覧