就活を進めていくと様々なことに不安を感じて悩んでしまうものですよね。その中の1つとして「ゼミへの所属」が挙げられるかと思います。「ゼミに所属していないと選考で不利になってしまうのでは?」と不安になるかもしれません。たしかに、履歴書やES、面接でもゼミについて回答する場面が出てきますので、不安に感じるのも仕方ありません。しかし、ゼミに所属していないことは選考に影響するのでしょうか。本記事では、ゼミが就活に与える影響についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

就活でゼミ所属は重視されない!

 

学生時代にゼミに所属していると、面接での話のネタにすることもできますし、何より「充実した学生生活を過ごしてきたんだな」という印象をもつことができます。ゼミに所属していると就活では有利になると感じることでしょう。では、所属していない場合は不利になってしまうのでしょうか。結論から言うと、ゼミに所属していないからといって不利になることはありません。企業は、就活生がゼミに所属していたかどうかという点を重視するわけではないからです。たしかに、履歴書やESにゼミについて記入する欄が設けられていることがあります。また、面接でもゼミに関する質問をされることがあります。しかし、それは就活生が「学生時代に〝何を″〝どう″頑張ってきたのか」ということを知るために確認するためのものです。ゼミでの活動内容に関心があって聞かれるわけではないので安心してください。学生時代に注力してきたことのとっかかりとして、ゼミが話題に出されることが多いです。アルバイト、ボランティア、資格取得など注力してきたことがあれば自信を持ってその点を話しましょう。一番ダメなのは、何にも注力してこなかったというケースです。採用した時に自社でどのような活躍してくれるのだろうかというイメージをもつためにも、活動への取り組む姿勢が重視されるのです。このように、ゼミへの所属が重視されることはありませんので、不安に感じて悩まないようにしてくださいね。

 

面接でゼミの話題が出た時の対処法

 

ゼミに所属していることが重視されるわけではないことは、その通りですが面接でゼミの話題が出てくることはあり得ることです。その時にはどう対処したらよいのでしょうか。「所属していませんでした」と一言だけ答えてしまうと少し淡白ですよね。そこで、ゼミに所属しなかった理由も合わせて答えるようにしましょう。ゼミに所属すると何かと時間が奪われてしまうものですので、学生時代にやりたいこと、挑戦したいことがある人にとってはゼミへの所属は痛手になってしまうかもしれません。ですので、所属しなかった理由として「学生時代に挑戦したいことがあって、そちらに時間を充てるため」というのはアリです。ボランティア活動に力を入れたかった、部活で目標としていることがあったなど、目的があってゼミに所属しなかったことを伝えることができれば面接官にも好印象をもってもらうことができるでしょう。この後にもお話しますが目的をもって、どう取り組んだかということも伝える必要がありますので、「ただなんとなく」という理由はNGです。また、目的があることが大切になりますので、「入りたいゼミがなかったから」というマイナスに捉えられてしまう理由も避けるようにしましょう。

 

ゼミに代わる経験は積んでおこう!

 

「学生時代に力を入れたことは何か?」、面接では定番の質問ですよね。この質問への対策のためにも学生時代には多くの経験を積んでおいた方がいいのは言うまでもありません。ゼミに所属しなかった分、他の学生よりも自分の時間をもつことはできますし、学生時代の経験値を上げて就活でも活かすことができるように何かしらの経験を積んでおいた方がよいでしょう。また、前述したようにゼミに所属しなかった理由を答える時、「他に時間を使いたいことがあったから」と目的を伝えるためにもゼミに代わる経験が必要になります。ゼミに代わる経験は基本的にどのようなものでも問題ありません。部活・サークル、アルバイト、ボランティア活動、就活準備という日常的な経験から留学経験ももちろんOKです。経験を通して何を学び、成長することができたかということが重要になります。たとえば、「アルバイトを通して働くことの楽しさと大変さを知ることができ、また仕事をこなす中で責任感をもてるようになった」というように学びと成長を話に盛り込むことができればよいでしょう。ゼミに所属はしなかったけれど、目的を果たすことができ成長することができたという経験を面接官に伝えることができるようにしてくださいね。

まとめ

 

ゼミに所属しないと就活は不利になってしまうのではないかと感じる就活生は意外と多いものです。就活準備を進めていると、ゼミに関するテーマを取り扱った対策も目にすることもありますし、少し不安になってしまいますよね。ですが、企業はゼミに所属していたかどうかは重要視していません。たしかに、ゼミに所属しているか確認されることもありますが、それはあくまでもゼミでどのように活動してきたのかを知るためなのです。どのように取り組んで、成長してきたのかに注目しています。ですので、ゼミに所属していないという人は、ぜひ、ゼミに代わる経験を積んでおくことをおすすめします。ゼミには所属しなかったけれど、その代わりに他の経験を積んできたことを伝えることができるからです。他の経験でも取り組み方や学んだこと、成長したことを面接官に伝えることは十分に可能です。ですので、ゼミに所属していないことを不安に感じることはありません。ぜひ、ゼミに代わる経験を通してたくさん学び成長して、就活に活かせるようにしましょう。