結婚式や出産した時など、おめでたいことがあるとお祝いを贈ることがありますよね。みなさんも知っていると思いますが、日本ではお金やモノをもらった際にはお返しをする習慣があります。結婚式や出産というシーンでお祝いを贈って、お返しをするというやり取りはイメージが付きやすいものですが、新卒のみなさんが就職してお祝いをもらった時にお返しをするべきか悩んでしまうものですよね。今回は、就職祝いをもらった時の対応とマナーについて取り上げ、みなさんの就職を祝ってくれる人への感謝の気持ちを確実に届けることができるようにお伝えしていきます。

 

 

 

 

嬉しい就職祝い!お返しはした方がいいの?

 

就職が決まった時、社会人の仲間入りをする門出を祝って家族や親戚、友人、学校の恩師などからお祝いが贈られることがあります。お祝いをもらえると「就活を頑張ってきた良かった!」、「社会人になっても頑張ろう!」と前向きな明るい気持ちになるものです。しかし、就職祝いでもお返しは必要になるのか、など、どのように対応したらよいのか悩んでしまいそうですよね。一般的に、就職祝いへのお返しは絶対にしなければならないというわけではありません。お返しをしなかったからといって失礼になることもありません。手紙や電話、もしくは直接会って挨拶する形で感謝の気持ちを伝えることで十分です。しかし、中にはお祝いをもらったら感謝の気持ちを込めてお返しをしたいと思う人もいることでしょう。もちろん、お返しをしても問題になりません。社会人になるまでお世話になった気持ちと、そして社会人としての自覚をもっていることを伝えたいという気持ちから、お返しをすることは素晴らしいことです。きっと相手もうれしい気持ちになることでしょう。「お返しをした方がいい?」と悩んでしまうかもしれませんが、感謝の気持ちをいかに相手に伝えることができるかがポイントになります。

 

就職祝いのお返しに関するマナーを紹介

 

もし、就職祝いに対してお返しをしようとする時にどのようなことに気をつければよいのでしょうか。就職祝いのお返しに関するマナーについて紹介します。

・お返しをする時期はいつがいい?

お祝いをもらったら、すぐにお返しをしなければいけない、と考えている人が多いかと思いますが、あまり急ぎすぎる必要はありません。お返しとともに、名刺を渡すのも喜ばれるかと思いますし、初任給や初めてのボーナスが支給された時に、社会人としての近況報告も兼ねて行うとよいでしょう。就職祝いには今後の新生活を応援する意味合いも含まれているものですので、相手も喜びますよ。ただし、お祝いを受け取ったことへのお礼は、電話や手紙で2~3日以内に相手へ伝わるようにしましょう。

・お返しの相場は決まっている?

お返しについての相場が明確に決められているわけではありません。もらったお祝いと同等のお返しをしなければいけないのかと心配しなくても大丈夫です。決められた相場はありませんが、一般的には受け取ったお祝いの3分の1~半分程度が目安となっています。あまりに高価なお返しをしてしまうと、かえって相手に心配をかけることになってしまいますので、この目安を参考にしてくださいね。

・贈り方はどうすればいい?

家族や友人等の親しい間柄の人にお返しを贈る際には、とくに贈り方にこだわらなくてもいいでしょう。しかし、正式なお返しの贈り方もあるので覚えておくとよいでしょう。基本的にお返しをする時には熨斗(のし)をつけるのがマナーになります。蝶結びになっている紅白の水引がついたものを選びます。熨斗の表書きの上部には「内祝」や「御礼」、「御挨拶」と記します。下部には自分の名前をフルネームで記しましょう。

以上のことを意識してお返しを贈ることができれば、バッチリです!

 

どんなお返しをしたらよいのだろう?

 

お返しのマナーは分かったけれど、そもそも何を贈ればよいのか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。お返しの内容についても特に決まったものがあるわけではありませんが、ここでは贈る相手ごとにどのような物をお返しすればよいか、その一例を紹介していきます。

・両親へ

普段の生活の中で感じる両親が欲しそうな物を選べるでしょう。食べ物やハンカチなどの日常生活で必要になるものから、小物や花束などのちょっとしものなど幅広く選択することができます。旅行や食事に招待することも形としては残りませんが、一生の思い出になる良いお返しになることでしょう。

・身内の方へ

祖父母にお返しを贈る場合は、両親へのお返しと同じ系統のお返しが考えられます。孫から贈られるお返しはどのような内容であっても嬉しいはずですよ。好きな食べ物から、マグカップなどの雑貨に至るまで選択肢は幅広いです。日帰りの温泉に連れていくのも素敵ですね。また、親戚にお返しする場合は親しさに応じて変わるかと思いますが、箱菓子などの食べ物が無難といえます。

・友人や学校の恩師へ

身内以外の人へのお返しは、消耗品が無難です。箱菓子などの食べ物やタオル、洗剤などの詰め合わせが挙げられます。日常で使用することができる物を意識して選ぶとよいでしょう。特に友人の場合にはアクセサリーやスマホケースなどもおしゃれなお返しとなって喜ばれるかもしれませんね。

上記はあくまでも、簡単なイメージの例です。具体的なお返しの内容は感謝の気持ちを込めたものであれば、どのような物でもよいでしょう。

 

まとめ

 

今回は、就職祝いへのお返しはした方がいいのか、また、お返しをする時のマナーやお返しの内容について紹介してきました。就職祝いへのお返しは基本的に必要ないとされていますが、手紙や電話でのお礼の気持ちを伝えると同時にお返しを用意することで感謝の気持ちも伝わりやすくなります。また、お返しを贈る時は、時期や相場、贈り方などに関して意識したいことがありますが、難しく考えることはありません。お返しの内容は、お祝いをくださった人への感謝の気持ちを伝えることを意識して選択すれば、きっと喜んでもらえます。ぜひ、就職祝いへのお返しでは真心を込めて「ありがとう」を伝えてくださいね。