就職活動をする前に、インターンを通して自分の興味のある企業への理解を深めることはとても大事です。しかし、インターンをしたからといって該当企業への就職が有利になるわけではありません。今回は、就職活動で失敗する人と成功する人の特徴や、成功するための就職活動の進め方などをご紹介いたします。

 

 

 

 

就活で失敗してしまう人に見られる特徴

 

就職活動に対する価値観や進め方は千差万別。しかし、不思議と成功する人と失敗する人のなかには、共通点がいくつか存在し、自分自身だけではその共通点に気づくことが難しいです。ここでは失敗する人の共通点を3つご紹介いたします。

 

【1:自分に自信がない】

就職活動に失敗する人の一番共通する点として、「自分に自信がない」ということが挙げられます。就職活動には適度の緊張感が大切ですが、過度な緊張は自分の実力を発揮できなくしてしまいます。答えやすい質問にも曖昧で答えてしまうことも多々あります。また、即戦力が期待される中途採用とは別で、新卒の場合は即戦力よりも人柄やポテンシャルが重視されます。明るい性格やハキハキとした喋り方、相手の目を見て話すなど、当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、意外にもそれができずに小さい声で曖昧な質問を答えるという方が非常に多いです。

 

【2:周りが就活をするから】

就職活動のことなんて考えもせず、友達がインターンに行くからついでに行ってみた。なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。そもそも就職活動の重要性が分かっていなくて、真剣に取り組むことができないかと思います。しかし、就職活動というのは、人生における一大イベントです。その理由は、自分の今後の人生を豊かにしていくために必要不可欠だからです。真剣に取り組んだ人が成功しやすいのは確かです。「なんとなく」で、就職活動をしている方は一度真剣に考える時間を作ってみましょう。

 

【3:大企業にしか志望しない】

ブランドや知名度だけを気にして、本質的な志望動機や自分がやってみたい仕事などを考えたことはありますか?中小企業=ブラック企業が多いという考え方をする方も少なからずいます。たしかに、大企業であれば待遇などもよい良いものになることは、確かなことかもしれませんが、中小企業でも自分がやりたいと思える仕事や福利厚生がしっかりしている企業は沢山存在します。周りが大企業に志望するから…と気になってしまうかもしれません。大手企業を志望するにしてもしっかりとした志望動機がなければ面接官に見抜かれてしまいます。

 

 

就活が成功する人に共通する特徴

 

では逆に、成功する人の共通点はどのような点なのでしょうか。ここでは、3つ紹介します。

 

【自己理解が深い】

「就職活動をする前に自己分析・業界研究をしよう。」なんて言葉は、就活生であればどこへ行っても聞く言葉です。選考ではいかに自分の魅力を伝えるかが内定のカギとなります。相手に何かを伝えるときは自分がまず理解をしていなければなりません。そのためには自己分析が必須であり、自分の長所や価値観がどの企業とマッチするかを知る必要があります。マッチする企業が見つかれば自然と志望動機も深い内容で書くことが出来ます。

 

【行動力】

成功する人の一部では「不採用は当たり前。」と考える方もいます。これは諦めの意ではなく、前向きに考えているということです。一度や二度の不採用で落ち込んだりせず、行動し続けることが重要です。「最終面接まで頑張ったのに不採用だった」などは非常にショックなことです。しかし、そういう状況は自分だけではなく、ほとんどの就活生が経験し、就職活動に臨んでいることを忘れてはいけません。面接にて「志望何社目ですか?」と聞かれることもありますが、正直に答えることで「めげずに頑張れる人だ」とマイナスを好印象に変えることさえできます。とにかく行動してみましょう。

 

【第一印象】

「人を見た目で判断しない」なんてよく言われていますが、人間誰しも、第一印象の払拭は難しいものです。面接官も私たちと同じ人間。第一印象で面接の結果が決まると言っても過言ではありません。服装や身だしなみには注意する必要があります。面接の必勝法は非常にシンプルで、面接官に「この人と一緒に働いてみたい」と思わせることです。「虚勢を張る」というわけではありませんが、「自分をいかに明るく見せるか」がとても重要です。失敗する人の特徴にも挙げましたが、自信の有無は第一印象にも影響します。

 

 

成功する就活を進めていくためには?

 

成功する就職活動を進めていくためには、目標設定が重要です。目標がなければ行動力のある人でもどう進めたら良いかわかりません。「なぜ自分は就活をするのか」というところから考えてみましょう。「周りが始めたから」と流されるだけでは、仮に就職できたとしてもやりがいを感じることなく転職を繰り返していくなんてこともあり得ます。将来の夢が「お金持ち」でも構いません。目標を作ったら自己分析を行いましょう。自己分析を行う理由は、企業選びを指標になるだけでなく、就活における志望動機、自己PR作りにも役立ちます。第一志望に一番力をいれることは重要な事ですが、必ずしも第一志望企業に採用を貰えるとは限りません。エントリーする企業は30~50社ほど決めておくと良いでしょう。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。失敗する人の特徴というのは一言でまとめると「準備不足」ということです。このくらいでいいやと割り切るのは自分自身ですが、競争率が高ければ高いほど、少しの対策では到底及びません。当記事が参考になりましたら、なんとなくで始める前に、一度就職活動についてじっくりと考えてみてください。また、ひとりで悩んでいる人が周りにいた場合、一緒に話し合って就職活動の重要性ややり方などの共有をしてみましょう。