従来の就活では3月に会社説明会を開き、6月から本格的な選考が解禁されるのが定番でした。しかし、昨年10月より経団連から就活ルールの撤廃が発表され、今後は新卒一括採用に比べ、通年採用が一般化する事が示唆されています。新卒デビューを目指して日々奮闘する就活生の皆さんの中には、通年採用についてよく知らない方もいらっしゃることでしょう。今回は、通年採用の解説やメリットデメリットを解説致します。

 

 

 

国内でも広がる通年採用とは?

 

少し長い話になりますが、通年採用が国内で広がってきた背景について説明をしていきましょう。冒頭でもお伝えしたように、今までは新卒一括採用が基本であり、3月1日時点で説明会などの就活イベントを各企業が実施し、6月1日以降に大手の選考を受けるのが普通でした。就活ルールを制定した経団連に加盟している企業の多くが大手という事で、加盟している以上はルール通りのスケジュールで採用活動をしなければならないわけです。そして就活生の多くは給与や福利厚生が充実している大手企業への憧れが強いため、中小企業よりもエントリーが集中しやすいのもお馴染みの光景です。

 

経団連に加盟していない外資系企業やベンチャー企業は就活ルールに従う必要がないので、就活生が最終学年に進級していない段階でも学生向けの職業体験型のインターンを開催し、有能な人材はインターンの最中で積極的にキャッチアップしていく事が出来ます。

こうした外資系やベンチャーは大手に比べて柔軟な働き方を期待出来るだけでなく、実力至上主義故に個人個人の業務裁量が異なるため、成長を期待する上昇志向の高い就活生には大変人気。

新卒として外資系(あるいはベンチャー)に飛び込んだ人が、語学力やITスキルにマネジメント能力などを培って大手に役職付きとして転職…という話も珍しくありません。

 

大手の人気に隠れてしまう中小

 

新卒一括採用が各企業で定着している現状では、大学2年3年生のうちに、早期的な就活を開始。学業と併せて外資系やベンチャーのインターンに参加して内定を獲得。そして就活生となる最終学年に上がったら、大手の内定を掴むために対策を積んでいくのが主な流れとなるでしょう。ですが、大手などに比べて人気の低い中小規模になると“大手選考からこぼれた学生待ち”というスタンスを取らざるを得ないため、毎年人材確保に苦戦しています。国内企業の約90%は中小なのですが、如何せん給与の安さや残業の多さ、そしてブラック企業の噂が絶えないため、いくら募集を掛けても人が寄って来ないという憂き目も目立ちます。なので、6月までに精力的な採用活動に取り組み内定を与えたとしても、大手選考後は続々と内定辞退が起きてしまい、継続的に動かなければならない苦しみを中小は味わっているのです。売り手市場が活発化している現在、内定辞退そのものは珍しくなく大手でもよく起きることですが、潤沢な資産や社員を持っているわけではない中小規模だと、採用活動を継続するコストで甚大な影響を及ぼしかねませんし、計画していた人材数を確保出来なければ最悪倒産という道を辿る場合も…。

 

学生の学力・専門性の育成

 

こういった新卒一括採用の仕組みに悩んでいるのは中小だけではありません。就活生が在籍している大学でも「就活生が早期化する就活に焦って取り組む事で学生の本分である勉強が疎かとなり、学力低下が危ぶまれる」と話しているのです。実際、大手でも就活生を学年成績で判断するのではなく、その人物が企業で円満な人間関係を築いていけるか、与えられた業務や自身の成長に対して前向きであるかを見ることが多いです。そのため十分な教育が施されない状態で、社会に出てから企業が新卒に“ビジネスマナー”や“仕事”を時間を掛けて一から学ばせているのが現状です。

 

ここで問題として浮上するのが“労働者としての技能・専門性”であり、いつまでも“新卒ブランド”に囚われていては、相手が職務を全う出来る能力が備わっているかが判断しづらいという点に繋がっていきます。

自分の成長のためにボランティアや留学で知見を広げた就活生も、春からの就活に出遅れる形になるため、就活生は“行きたいところになかなか行けない”、企業は“課外活動で経験を得た学生と出会いにくい”というすれ違いも起きがちです。

 

こうした背景を解消すべく、新卒一括採用に代わり各企業で進められているのが通年採用。この採用方式ならば“〇月から〇月まで”という縛りを気にする必要がありませんし、“必要な時期に必要な人材数確保”が常となるため、学生も焦らず就活に向かい合う事が可能になるはずです。

この採用方式は海外ではお馴染みであり(むしろ新卒を気にしているのは日本くらい)、この通年採用が大手を始めとする日本企業で浸透していけば、今後は“能力重視で専門人材を中心とした採用”に切り替わる事でしょう。

 

通年採用で生まれるメリットデメリット

 

さて、ここからは通年採用を取り入れる事で企業及び学生に発生するメリットデメリットについて語っていきましょう。まず通年採用で得られるメリットですが大まかに分けると以下のようになります。

 

【メリット①:状況に応じた採用が可能になる

 

“通年”を冠としているだけあり、6月だろうと8月だろうと12月だろうと、企業は置かれている状況に応じて柔軟に採用活動が出来るようになります。新卒一括採用では、欠員補充や新たな事業の立ち上げに伴って人員を欲しがっても、思うように実現出来ないという欠点が含まれていました。

しかし、通年採用ならば欲しい時に欲しい人材を募集出来るので、経験豊富な中途だけでなく能力の高い新卒なら時期に関係無く応募し内定を獲得出来るのです。

 

【メリット②:新卒一括で出会いにくい人材と会える

 

ダイバーシティを推進する企業が増えてきている事もあり、就活では多様な人材を積極的に雇用しようとする動きが目立ってきています。秋卒業見込みの留学経験者や、外国人留学生に、さらには既卒など、新卒一括採用だと応募や選考が特定の時期に限定されてしまいますが、通年だと普段出会う機会がなかなか無い人材と巡り合えるのが特徴的です。

年々、海外に留学する学生は増加傾向にあるので、通年採用はそういう意味でも理にかなっているといえるでしょう。

 

【メリット③::企業と学生のミスマッチを減らせる

 

今までの就活では6月の選考開始に合わせて企業も就活生も一気に慌ただしくなってしまい、自己分析を始めとする対策や適正の確認が不十分になるというケースも見受けられましたが、時期に関係無く選考を受けられるとなると、書類や面接を通して適性を見極める企業とたった数ヶ月の期間内で準備に励む就活生に心の余裕が生まれます。そのため、相互ミスマッチが新卒一括採用よりも少なくなるとも言われていますね。

 

【メリット④:内定辞退に対応しやすくなる

 

内定辞退が発生すると、採用計画に基づいて新たに追加募集を掛けなければなりません。しかし、通年採用で採用活動をしているのならば、欠員が出たら時期に関係無く随時追加していくのみなので、新卒一括採用よりも幅広い学生にアプローチができるため柔軟に対応する事が可能になります。

 

【メリット⑤:卒業年次に関係なくアプローチ出来る

 

各就活イベントや短期・長期インターン参加は早くても3年生の段階で行う事になり、1年2年生の場合は就活に関する情報収集は出来ても、本格的な参加が出来ませんでした。

しかし、通年採用ですと卒業年次に関わらず誰でもインターンに取り組む事が出来ますし、かなり早い内から企業が学生にアプローチを掛ける事も可能になるのです。

 

ここまでが通年採用で期待されているメリットになりますが、新たな採用方式に切り替わる事で当然デメリットも発生します。以下の方で解説していきましょう。

 

【デメリット①:一括採用よりもコストがかさむ”

 

一括採用とは違って年間を通して採用活動をしていくので、小規模な説明会や選考準備、入社時期のバラバラな新卒・既卒の研修で掛かる費用は一括採用よりも掛かってしまいます。その点、一括採用では数回の説明会で大勢の就活生を相手にする事ができ、費用が分散する事も無いため、中小企業にはなかなか厳しいデメリットになるでしょう。

 

【デメリット②:採用担当者の負担が増す

通年採用では特定の時期に合わせた業務に集中すればいいというわけではなく、年間を通して採用計画の準備や採用振り返りを行わなければなりません。そのため採用担当者のスケジュール管理が難しくなってしまうのです。

 

【デメリット③:滑り止めとして利用される

 

今はまだ一括採用が主流ですので、大手から落ちてしまった人の滑り止めとして、通年採用を取り入れる企業が利用される事も考えられます。

その場合、志望度の高くない就活生が集中するので、企業と就活生の間でミスマッチが起こる可能性も大いに考えられるでしょう。

まとめ

今は、新卒一括採用が主流なため実、現はまだ先の話になるでしょうが、通年採用が当たり前となった場合は企業学生共にゆとりのある就活が出来るようになるはずです。たとえ1年生2年生でも、憧れのある企業でインターンに参加し、学生の内から仕事をこなしていける知識と経験を養う事だって可能になります。しかし、就活ルールを廃止した経団連が話しているように、焦った行動で学業自体に支障をきたしてしまうのはNG。通年採用により就活が長期化され、各自の時間にゆとりが持てるようにするのは、早い段階から内定を手に入れるためではなく、学生の本分である勉強に注力して学力や専門性をより向上させるためです。

なので、周囲が2年3年で就活に意識を向け始めたからといって、「単位も心配だし仕事への興味はまだ薄いけど、皆がやってるから自分もやらないと」と先走った行動に陥らないようにしましょうね。